2004年08月31日(火)一覧

第0031滴 ~最近、よくあった質問(2004年8月編)

“伝家の宝刀”を“天下の宝刀”と未だに思っている人と、車の“フォグ
ランプ”を“保護ランプ”と勘違いしている人のどちらが多いのかを考え
ていたら、あっという間に30分が経ってしまった@きっと、答えなんか
出やしない杉山です。

“文明の利器”も、ほとんどの人が“文明の力”と思っていたみたいです。
それでも何事もなく、そう、生きていける世の中なんです。

高校時代、物理の最高点が14点だった私でも、“ベクトル”なんて難し
言葉を使っていますし、フェルマーの定数定理とユークリッド幾何学に関
する書籍まで持っています。

トム・ピーターズの本よりも、爆睡できます。

さぁ、そんなコテコテの文科系ネタはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。
─────────────────────────────────

■8月1日(日)から【砂漠に水】の発信を始め、今日で丸一ヶ月が経ち
ました。すべて私のチカラです。

その間、励ましのメールや「お前は何者なんだ?」というような温かい
お言葉もたくさんいただきました。すべての方に感謝です。

そこで、これから月末号は、その一ヶ月の間に読者の方からいただいた
“よくあった質問”を簡潔にまとめてご披露させていただきます。

原則、投稿者名は掲載いたしませんが、どうしても載せて欲しいという
方は、「名前を載せてくれ」と一筆お書き添え願います。

とりあえず、ズッと続けるつもりですので、ちょっとした疑問やご相談
がありましたら、こちらまで …→ sugiyama@platine-ange.com

【最近の、よくあった質問(2004年8月編)】

——————————————————————–
Q1:社長専属コンサルタントって、何をするのですか?

A1:只今制作中のホームページで、後日、しっかりとご説明いたします。
http://www.sugiyama-hiromichi.com(まだ観れません、9月アップ)

——————————————————————–
Q2:ホームページが“もうすぐ完全リニューアル”って、ズッと書いてあ
りますが、いつできるのでしょうか?

A2:だから、9月中です。私の誕生日は、9月18日(土)赤口。

——————————————————————–
Q3:生まれ変わったら、杉山さんはどのような職種を選びますか?

A3:失敗しても、あやまって済む仕事。
http://images-jp.amazon.com/images/P/B00005EJKJ.09.LZZZZZZZ.jpg

——————————————————————–
Q4:メルマガの最初に書かれている文(巻頭文)は本当のことですか?

A4:南天のど飴は好きだし、ライバルが三谷幸喜ってのも事実。
だから、基本的には本当のことばかりです。誇張表現は可。

——————————————————————–
Q5:1000社以上の企業と関わったなんてすごいですね。

A5:10の位を四捨五入したけど、それでもスゴイ数だと自分でも感心し
ています。そんな環境で働くことができたことに感謝です。

——————————————————————–
Q6:メルマガの書き溜めはしないのですか?

A6:しないと言うより、正確にはできないんです。
ラブレターと同じで、夜に書いた文章は、翌朝、こっ恥ずかしくって
読めたものではないし、その日の朝に書かないと鮮度が落ちたハマチ
みたいに感じて興ざめするんです。

——————————————————————–
Q7:上得意のお客さんに粗相しちゃって夜も眠れないんですよぉ~。

A7:あやまれば済むハナシ。
法治国家の日本では、仕事のミスだけでは決して殺されません。

——————————————————————–
Q8:自分でメルマガを発行したいのですが、どうすれば良いでしょうか?

A8:頑張りましょう。

——————————————————————–
Q9:こんな私でも、何か杉山さんのお役に立つことはありませんか?

A9:どんなアナタかは存じませんが、見守ってやってください。

——————————————————————–
Q10:【砂漠に水】を発行する目的は何ですか?

A10:続けることです。

——————————————————————–

てな感じで、楽しく思いっ切り真剣にお応えしています。

キャッチフレーズは、“アナタの心のオアシス”です。
取ってつけたようなキャッチフレーズで、申し訳ありません。

今のところ、若干体力が残っておりますので、ご質問やご相談は
何でも受け付けています。でも、疲れてきたら、即行で終わります。

┏┓
■┛ 今日の満足度:  砂漠が渇水←… ★★☆ …→ 砂漠が満水
———————————————————————-
☆☆☆…無気力 ★☆☆…中の下 ★★☆…中の上 ★★★…絶好調

———————————————————————-
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

創刊してピッタシ1ヶ月目で読者が1000名を超えました。

1000名の方、一人一人の顔を思い浮かべながら
今、涙を浮かべてキーをたたいています。

ちなみに30人くらいしか顔が浮かびません。
仕方がないので、マライア・キャリー、ブラピ、吉永小百合、等々…の顔を
著作権フリーでお借りしています。

すべての読者の方に、ザ・感謝 by ダイソー風

では、また明日、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%返事はしません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0030滴 ~答えを出すには考えるしかない

微熱でアタマがボーッとして、喫茶店の自動ドアに映っている自分の姿に
挨拶をしてしまった@南天のど飴をむさぼるようになめている杉山です。

南天のど飴は、私の万能薬で、自然治癒力と免疫力の向上に最適最高です。
だから、リビングと私の机の引き出しと車の中に、常備してあります。

オーストラリアへ旅行に行った時、旅行カバンに入れ忘れてパニックにな
ったもんでした。カンタス航空の乗務員のみなさま、お元気でしょうか?

さぁ、そんな常盤薬品の宣伝話はバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。
─────────────────────────────────

■こんな仕事柄、お話する相手は、ほとんど社長か幹部です。

そこで、素直な感想。

「なんで?」「どうして?」「誰が?」「いっちゃった?」という
言葉が、会話の中でしきりに飛び交っています。

ひどい場合には、文節ごとに疑問符「?」言葉が、
はね返って来るときも、しばしば。

■「それ聞いて、どーするの?」って腹の中で押し殺しています。

だって、一生懸命考えて質問に応えたところで、
ほとんどの場合、聞いてはいないし、
耳がこっちに向いていたとしても、真意は伝わっていない。

会話の中で、自分にとって都合の良い部分だけを抜き出し、
それを拡大解釈して、自分のケースに当てはめながら、
納得して、そして満足するんです。

シャチョー:「ああ、いるいるそんな奴。ガハハッ~」

スギヤマ :(お前のことや)

って、場合が非常に多いです。だから世の中、上手く行くのです。

■ちょっと前、と言うか、かなり前に

お客さんの飲食店で働く、アルバイトの女の子(20歳代前半)から
相談を持ちかけられたことがありました。

※ 私は、従業員とかアルバイトと一瞬にして仲良くなる、
というワザを持っています。特に主婦クラスには、滅法強い。

■「A君とB君から打ち明けられて悩んでるんですぅ~☆」と。

ここで私が思ったことは、

(1)AかBかで悩むということは、要するにどっちでも良いということ。
Aか良ければA、Bが好きならBと、自ずと答えは出ているはず。

そうでなければ、
(2)私って結構モテルでしょ。どう、杉山さんも一枚加わってみない?

というお誘いしかない。でも、それは考えにくい。

■よく“悩む”という言葉を使いますが、
答えを出したいのなら“考える”しか方法はない。

“悩む”ことは時間の流れを緩やかに、
そして怠惰なとても心地良いイットキを与えてくれます。麻薬です。

一方、“考える”ことは、脳ミソに汗を掻き、必ず答えを導きます。

■私から見れば、アルバイトの女の子の悩みは、
サラリーマンがラーメン屋で、塩か味噌か醤油かを人差し指を使って
メニューと挌闘している後姿と何ら変わりはない。

要は、そんなもんどっちでもいいんだよ、ってことです。

■本当に分かってる素晴らしい社長は、
疑問を抱いたら、まずは自分一人で徹底的に考え、
自分なりの答えを持ってから、他人に意見を求めます。

何でもかんでも闇雲に「なんで?」「どうして?」とは、
決して聞きません。

まずは、“考える”ことです。 think think think!

┏┓
■┛ 今日の満足度:  砂漠が渇水←… ★☆☆ …→ 砂漠が満水
———————————————————————-
☆☆☆…無気力 ★☆☆…中の下 ★★☆…中の上 ★★★…絶好調

———————————————————————-
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

結局、アルバイトの女の子には、

Aがキムタクで、Bが佐藤B作だったら、どう?
って聞いたら、迷わずAを選んだ。

だったら、Aが永六輔で、Bが佐藤B作だったら、どう?
って聞いたら、怒って厨房へ消えた。

…本当のコトなんです。

では、また明日、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%返事はしません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0029滴 ~周波数が合わない!?

シャレでもいいから今日は空メールを送ろうと思った。でもそんな怖いこ
とは絶対出来ない@ダニまたはノミなみの心臓を持つ杉山です。

大学時代に、「心臓に毛が生えるって言うけど、本当に生えるの?」って
私に聞いてきた奴がいたが、そいつも今では立派な2児の父親。
どんな教育をしているのか、1万円払ってでも見てみたいものです。

朝晩の寒暖差+扇風機で、またもやちょっと微熱気味になってしまった。
ロッキーのテーマ曲と自然治癒力と赤いTシャツで乗り切ってやる。

さぁ、そんな本当はカラダ弱いの!?って言うハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。
─────────────────────────────────

■さぁ、復習です。

以前に“日本語が通じない!?”というテーマで、
近代ビジネス・シーンに新たな一石を投じる名コラムを残しましたが、
どのような意味だったでしょうか?

と質問を投げ掛けられて目が泳ぐと、見事に先生から当てられます。

■要は、そのプロジェクトを遂行するための、
最低限必要とされている適性に思いっ切り欠けてる、ってことでした。

あくまでもビジネス上での常識、それが通じない。
だから、日本語が通じないと【砂漠に水(22滴)】で言い切りました。

■ところが、今度は、周波数が合わない。

これは、日本語は通じるのだが、時々、ピントがズレたりすることを
“周波数が合わない!?”って言うんです。

■これは、フツーに仕事をして行く上で、本当によくあることです。

まず、日本語が通じるかどうかで、
そのプロジェクトのメンバーを選定したり、チームを作ったりします。

そこまでは、良かったのですが、コトを進めて行くうちに少しづつ、
仲間の性格や行動パターンが変化していくことに気がつきます。

その変化が良いベクトルを作り出せば申し分ないのですが、
ほとんどの場合、

大井川を渡っちゃうんですよ。

■ご存知の通り、日本で使用されている電源周波数は2種類あり、
静岡県の大井川~糸魚川ラインを境にして東と西で、
50Hzと60Hzに分かれています。

だから、大井川を渡ると、使える電球も使えなくなってしまいます。

■今の先進的な家電並みに、両方対応だぜ!っていうビジネスマンなら
結構ですが、そんな奴は滅多にいません。

「大切な時なのに、なんでここで、大井川渡るんだよ~!」ってことが、
しばしば。

■今日明日の、命に別状はないにしても、
間違った使い方のまま、ほおっておけば、
蛍光灯や水銀灯器具のように、確実に寿命は短くなります。

■大井川を渡っても引き戻せば良いだけのことですから、
焦ることはないのですが、大切なのは、

あなたが、「こいつ、大井川を渡りそうだ」って気づくことです。

プロジェクトを進める上で一番大切なコトは、
コンテンツよりも、それに従事するメンバーの特性なんです。

■できる社長は、社員宅をさりげな~く、家庭訪問しているくらいです。
嫌味にならない程度にサラッとやり切る能力が、社長の器。

まずは、大井川チェックからです。

┏┓
■┛ 今日の満足度:  砂漠が渇水←… ★★☆ …→ 砂漠が満水
———————————————————————-
☆☆☆…無気力 ★☆☆…中の下 ★★☆…中の上 ★★★…絶好調

———————————————————————-
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

“心臓に毛”と同じように、
“本当に、大井川を渡るの?”なんて聞かないでね。疲れるから。

50Hzと60Hzのみなさまに愛されますよう、
私の心は、55Hzです。

では、また明日、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%返事はしません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0028滴 ~止め癖は習慣化する

坂口憲二と伊藤英明の区別がとても困難な@加藤あいと阿藤快の見分けは、
とってもスムーズにできる杉山です。

先日、私の写真を小出しで見せたら、思ったよりもいい男ですねぇ~とか、
横顔がステキっていうメールが殺到しました。合計2通。

300通になるまで出し続けると思います。そんな粋な男です。

さぁ、そんなサイトの完全リニューアルはもうすぐできるからもうちょっ
と待っててだってその時に写真はちゃんと貼るからって言うハナシはバシ
ッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。
─────────────────────────────────

■そろそろ、ちょっとは世間に合わせて、
アテネ・オリンピックのネタに触れたいと思います。

残念でした、井上康生選手。 …柔道好きの私にとっては、すごく残念
おめでとう、野口みずき選手。…マラソン好きの私にとっては、感激!

こんなところで、一般的なアテネのネタは終わります。

■私の実家は、高橋尚子さんの実家と歩いて30秒の距離です。

高橋尚子さんがシドニー・オリンピックに出場した時には、
町内で1世帯につき、500円ずつ寄付しました。

と、言うことで強引に女子マラソンに関するハナシです。

■一昨日の日経新聞に、ラドクリフ選手の記事が掲載されていました。

女子マラソンの世界記録保持者です。
そんな男子並みの世界記録を持つ彼女が、アテネでは途中棄権。

■そのことについて新聞では、

“マラソン発祥の地、アテネの神は、「マラソンを甘くみてはいけない」
とばかりに猛暑を演出、厳しく諭したように思える”

て書いてあった記事には、「ふ~ん」と思っただけでしたが、その後に

“日本マラソン界は途中棄権を戒める。出た以上は最後まで戦うべし
といった美学も理由の一つだが、「棄権は癖になる」ためだ。”

と書いてあった記事には、「なるほどねぇ~」と額を叩いて感心しました。

■(膝を叩きながら)そこなんです。

1回止めると、止まると、癖になってしまうんですよね。
アタマでは分かっていても、カラダが楽な方へ(×2)と導かれてしまう。
そして、それが悪しき習慣となってしまうんです。

何でもいいから続けてみる、ってことの大切さは、
“止め癖”との戦いみたいなものです。

■禁煙でも、禁酒でも、ダイエットでも、

笑いながら「失敗しちゃった~」と言ってる奴が多いですが、
“止め癖”の悪しきスパイラルにはまるだけです。

どうせダメだと思ってシブシブやるくらいなら、
最初っからやらない方が、まだマシですよ。

■だから、私がメルマガを書いて、そしてそれを出し続けるってことは、
ネタや内容の良し悪しよりも、“止め癖”との戦いや“やり続ける”こと
の大切さを最重要テーマとして考えているからです。

だから、あえて完全日刊を選んで挑戦し続けているのです。

以前は、これと違ったことを書いたような気がしないでもないですが、
今日からは、これが完全日刊の動機とさせていただきます。

■ハナシは戻って、だから、何でもいいからやり続けることが大切。

すべてに於いてなんて、できっこないから、たった一つでいいんです。

周りが一目置くような社長は、何でもいいから一つだけ、
とにかくコツコツとやり続けているという社長が多いです。
それが、日記やハガキを書くことであろうと社員とのランチであろうと。

そう、【砂漠に水】が、空メールで届くようなことがあったら、

“ああ、きっと今日は、杉山さん疲れているんだ。
でも、挑戦し続けている証に、空っぽでもメールを送っているんだ”

と、素直に受け取っていただけたら、幸いです。

きっと、明日は空メール。かもよ!?

┏┓
■┛ 今日の満足度:  砂漠が渇水←… ★★☆ …→ 砂漠が満水
———————————————————————-
☆☆☆…無気力 ★☆☆…中の下 ★★☆…中の上 ★★★…絶好調

———————————————————————-
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

今日は、誤字脱字がない!という自信があります。

毎回、細かくチェックしていただける方がいらっしゃいますので、
その方に敬意を表し、今日は3回も自分でチェックしました。

密かな愉しみを奪って申し訳ないと思ってます。
広島に向って合掌、礼拝。

では、また明日、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%返事はしません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0027滴 ~オタクの商品は何?

モブ・ノリオの芥川賞受賞で、中学時代からの“小説家になる”という夢
の導火線に火が点いてしまった@ライバルは三谷幸喜ただ一人の杉山です。

「飛んでイスタンブール」が流行っていた頃、本格的ミステリー小説を書
き始めましたが、途中で誰が犯人なんだか自分でも分からなくなり、その
時に改めて私は、純文学向きなんだと気づいてから文壇の秘密兵器となりました。

そして今では、こんなに立派な、社長の隣のコンサルタントです。
だからモットーは、“文字でニオイをかもし出す!”

さぁ、そんな足の裏からニオイそうなハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。
─────────────────────────────────

■「社長の会社の商品って何ですか?」ってよく訊ねます。

先日もちょっと大き目の家電量販店の社長に、そう訊ねましたら

今更、何聞くんだって顔をしながら、
「テレビに洗濯機に電子レンジ、最近はパソコンもよく売れる
でも、この夏は何と言ってもエアコンかな」って、
胸を張って応えてくれました。

(ちょっと失礼して)“バカか!? コイツ”と、思いましたね。

■それは、パナソニックにサンヨーに東芝とソニーと
おまけに三菱の商品なんですよね。

この家電量販店の商品ではない。
少なくとも、「made in そこの家電量販店」とは商品に書かれていない。

創業○○年来、自社商品を知らずに会社ゴッコをしてきたことになる。
やれば、出せば、手を上げれば上手く行く、いい時代だった。

■言うまでもなく、既成既存の商品を売る場合には、

・サービス内容や
・迅速さや
・価格や
・従業員の丁寧さや
・オリジナルの解説書、等々…

そこのお店や会社にしかないモノが、商品です。

■もっと言ってしまえば、カウンターや受付にキレイなお姉さんが居れば、
固定客は増えます。そんなもんです。

■以前、私が勤めていた会計事務所の女性社員に、

「どうせお客さんの所に行くなら、スカートをもっと短くしろ。
間違ってもズボンなんかはいて行くな」と言ったら、
怒涛のように非難されました。本当に怖かった。

私は言われた記憶がない、という前同僚の女性社員の方、
記憶がないのではなく、私はアナタには言っていないのでしょう。

他にはない、素晴らしい会計事務所のビジネスモデルだと
自負していたのに残念でした。

■目線がズレてる。

モノを売るのではなく、時間や空間を売るって考えれば、
結構ヒントは出てくるハズです。

何でもかんでも、情報ビジネスとか、紙にノウハウを刷り込んで売る、
とやり方には、100%の賛成はし兼ねますが、
たしかに時間や空間を売る、と言う意味では大いに参考にはなります。

■目の前にある物理的なモノを売るのではなく、
どうしたらそのモノに周囲が興味を抱いてくれるかと言う
生理的な過程をシッカリ考えれば、
自社の商品は明確になると確信しています。

今日は、嵐のようなご批判が発生するのを防ぐために、
出来る限りのキレイな着地(9.85くらい)でまとめてみました。

┏┓
■┛ 今日の満足度:  砂漠が渇水←… ★★☆ …→ 砂漠が満水
———————————————————————-
☆☆☆…無気力 ★☆☆…中の下 ★★☆…中の上 ★★★…絶好調

———————————————————————-
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

只今、午前9時45分。なんとか間に合いました。

ところで、何で毎日10時の配信なのでしょうかね?

では、明日も無事にお会いできるかどうかは分かりませんが、

では、また明日、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%返事はしません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0026滴 ~儲けの仕組み

ちょっと前までは、ビールはキリン、車はトヨタ、家電はナショナル、の
思いっ切り保守的だった@どっちつかずのリバーシブルが大の苦手な杉山
でした。

でも、人間変わろうと思えば、変われるもんです。
今では、ビールはアサヒ、車は日産、家電はソニー、刺身はコハダ。

ここまで変わり過ぎるのにも若干、問題はありますが、このような些細な
ことに一切、ポリシーを持たない自分がステキです。

ちなみに、やっぱりリバーシブルは苦手です。

さぁ、そんな裏表なハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。
─────────────────────────────────

■では、問題。

“1年間で1億円を貯めるには、どうしたらいい?”

28年前、まだ私がキリンビールも知らない小学6年生だったとき、
担任の先生が出した問題です。

■クラス中から嵐の如く意見が出ました。

・銀行を襲う
・宝くじを1年間、買い続ける
・紙でお札を作って、1億円って書く
・芸能人になって、子役で1年間稼ぐ

等々…。

■私が知っている、
どの会社の会議よりも、活発な意見が飛び交っていました。

ある意味、汚れを知らない純粋さと、無責任さのパワーを感じます。

「できるかできないか」とか、「発した言葉に責任を持たなきゃ」とか
アタマの中でシミュレーションをしていたら何にも意見なんか出ません。

そもそも、会議で結果なんか出やしないんです。
ブレーンストーミングで、アタマの中をリフレッシュすることだけが、
会議をすることのメリットです。それ以外は、時間の無駄。

■で、答えは、

“日本国民一人づつから、1円をもらってくる”

日本の人口は、1億人を超えている。
一人から100円以上はもらいにくいけど、
1円だったら誰でもくれるくれるはずだよ。

と言うのが、担任の先生の答えと解説でした。

■なるほどねぇ~、とにかく感心。

一人から多く、1回で大量の成果を手に入れようとするとコケるが、
視界から消えるような少額や少量の集積で、とにかく数を稼げば、
目標数値に達することができる、と小学生ながらに感心したものです。

6年3組OBで、いまだにこのことを覚えているのは、私だけでしょう。
担任の先生も、きっと忘れていることだと思います。

■収益の太い柱は2~3本。あとは、細くても数でリスク分散をする。

業界によっても異なるでしょうが、基本的にはこのように考えています。

要は、1社集中型の収益体制だとその会社に首根っこを抑えられるし、
相手がコケたら自分もコケるという連帯保証型は、熟睡できません。

銀行との取引でも同様です。
1行のみのお付き合いなんて、いいようにされてオシマイですし、
自行がメインだと分かっている銀行は、大上段に構えています。

■盲腸と同じ、とにかく散らすんですよ。
盲腸も大事なカラダの一部、切ってしまえば、もう元には戻らない。
とにかく痛みは、散らすんです。切るだけだったら、最後にやれる。

□NOTES

“旅費交通費はどうするの?”

日本全国を回るには莫大な旅費と交通費がかかるのですが、
その点については答えが出ていません。
当時、授業後、担任の先生にコソッと聞きましたが、閉口してました。

愛されにくい小学生のタイプだったのかも知れません。
先生の顔も声もありがたい言葉もハッキリと覚えているのですが、
名前だけが出てこないんです。

┏┓
■┛ 今日の満足度:  砂漠が渇水←… ★★☆ …→ 砂漠が満水
———————————————————————-
☆☆☆…無気力 ★☆☆…中の下 ★★☆…中の上 ★★★…絶好調

———————————————————————-
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

昨日は、経営コンサルタントの三宅勇さんと初顔合わせをしました。

同じ岐阜県に住み、同い年、お互い柔道が好き。
これもメルマガが結んでくれたご縁です。

いい出会いをたくさん積み重ねて行きたいですね。ウソぴょん。

では、また明日、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%返事はしません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0025滴 ~思いっ切り気障な人生

アッと言う間に取締役になった島耕作を羨ましいと思うサラリーマンに、
「あれは漫画だろ」と背中に回ってソッと慰める@『監査役野崎修平』の
方が、人間的にズッと良い奴だと思う杉山です。

子どもの頃の漫画では『キャプテン』とか『トイレット博士』が好きで
した。テレビ番組では小泉博の『クイズ・グランプリ』がお気に入り。

静かに目を閉じると「文学歴史の10」って聞こえてきます。

さぁ、そんなチャンネルを回す時代のハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。
─────────────────────────────────

■私の人生は私のモノで、アナタには関係ない。

と言うのが、私の確固たるスタンスです。

ちょっと強引なように感じられますが、これくらいに思っていないと
やってられないことが結構、多いですからね。でも、当然。

■私の人生劇場を鮮やかに映し出す大画面スクリーンのド真ん中には、
絶えず私がいる。

でも、これは当たり前のことで、自分のスクリーンのド真ん中に、
他人が居座っているようじゃあ、人生終わったも同然。

■どんなにエライ社長だろうが、官僚だろうが、得意先だろうが、
自分にとっては、通行人AかBと同じレベル。CでもDOーでもいい。

要は、自分以外は全部エキストラだと思って間違いない、ってことです。

■多くの人に支えられて、会社も人も大きく育って行きます。

でも、これは、あくまでも自分をとっても大切にしている人、即ち
自分自身をスクリーンのド真ん中に置いて、
自らを上手くコーディネートしている人だからこそ、
多くの人から支えてもらえるのです。会社も同じです。

だから、世間は正しい。
エキストラがいない映画(人生)は、成り立ちません。
ですから、自分の人生に関わる一人一人の出演者は、
自分の目で確かめてから出演交渉するんです。

エキストラの善し悪しで、いい人生かそうでなくなってしまうかが、
決まってしまう場合もあります。要は、自分の眼力次第ですよ。

■これからは、私が好きな人、私に合った人だけと、
一緒に仕事をし、人生を思う存分楽しみたいと、もくろんでます。

自分のフィールドで、自分のルールで、プレイヤーも自分、
おまけに審判も自分自身。

“謙虚と弱気は、まったく違う”
成功している多くの社長から学んだことの一つです。

┏┓
■┛ 今日の満足度:  砂漠が渇水←… ★★☆ …→ 砂漠が満水
———————————————————————-
☆☆☆…無気力 ★☆☆…中の下 ★★☆…中の上 ★★★…絶好調

———————————————————————-
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

あえて好きでもない人、
もっと言ってしまえばキライな人を自分のスクリーンに登場させるときも、
ある。

登場して2秒で、デリートしますけどね。

では、また明日、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%返事はしません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0024滴 ~夢の続き

サミュエル・ウルマンの「青春」もいいけど、般若心経もなかなか奥が深
いと他人事のように思い始めた@般若心経は、ほとんど知らない杉山です。

昨日は、ドシャ降りでまったく外出をしませんでした。ズボンの裾が雨に
濡れて、リトマス試験紙みたいになるのが、たまらなくキライなんです。

となると、パソコンに向って原稿書きをするか本を読むしかありません。
あまりに少ない選択肢も寂しいですが、数多くの中から選ぶ煩雑さに比べ
れば楽なものです。

『内容証明の書式全集』を完読しました。結構これも奥が深いですねぇ。

さぁ、そんなとってつけたようなハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。
─────────────────────────────────

■夏休みも終わりに近づき、子どもの宿題を手伝いながら、
ふと中学生のころの自分を思い出しました。

■夏休みの宿題には、必ず出ていた読書感想文。

本編は一切読まず、“はじめに”と“あとがき”だけを読んで
原稿用紙をサラッとまとめて提出すること毎年。

で、毎年クラスの代表に選ばれて表彰されていました。
主人公の名前も、悲しい話か楽しい話かも知らないんですがね。

よく考えてみれば、本編を読んで書いていた方が、随分楽だったんだ
ということに今、気がつきました。

■そんな私は中学3年の卒業文集で、第96回の芥川賞を受賞する
と宣言しています。

その当時から、そーいう人間だったんです。

■1年に2回選考があるので、指で計算して、
大学3~4年生には、きっと文筆家になっているだろうと。

そんな卒業文集のことなんか誰も覚えてやしませんが、
毎年、芥川賞の発表を新聞で読むと、胸が心筋梗塞のように痛みます。

ちなみに第96回の芥川賞は“該当作なし”でした。
やっぱり私が座るべき椅子が用意してあった。勝手にそう納得しています。

■しかし、やっぱり夢は捨て切れず、25歳のときに仕事を辞めて、
作家浪人をしたことがあります。

まぁ、当然これも長くは続かず、1年でサラリーマンに戻りました。

でも、楽しかった。まったく収入はなく、貯金の食い潰し状態でしたが、
楽しかった。私の人生の中でも、ベスト5に入る楽しさでした。

どう比喩表現して良いのか分からないほど、ワクワクした1年間でした。
強引に表現しようとすれば、この目の前の線路を辿って歩いて行けば、
いつかは大都会の東京に着けるはずだ、っていうワクワク感です。
でも、浜松で引き返しましたけど。

■その浪人時代に、私も売れっ子作家の気分を味わいたい! と思い、
まずはカタチから入ることを美徳とする私は、
5万円もするモンブランのマイスターシュティックを買っちゃいました。

小僧みたいに若い私が、高額な万年筆をなんの戸惑いもなく買ったので、
「なにか書かれている方ですか?」とお店の人に聞かれて、
「はい」と即行で応えた私。

壁には、井上ひさし氏のサイン色紙が貼ってあったのを
今でも鮮明に覚えています。

■大好きな村上春樹は、どんな気持ちで書いたのだろう?
と思い、『風の歌を聴け』を5万円の万年筆で行間、段落もそのままに
写経のように400字詰原稿用紙に書き写しました。

ピッタシ250枚。『風の歌を聴け』は、群像新人賞を取った作品。
群像新人賞の応募規定は原稿用紙250枚まで、だったので、
なるほどねぇ~、と感心したものでした。

多分、これは村上春樹と私と審査員しか知らない事実だ、
と優越感に浸りながら、インクの匂いを楽しんだ記憶があります。

■子どもの夏休みの宿題を手伝いながら、
自分のほんのちょっと前の夢を回想しました。これも、また楽しい。

今でもときどき、机の引き出しを開けては、大切な万年筆を確認し、
「いつかは、きっと」と思いを馳せることがあります。

いつからでも、夢の続きは再開できますからね。

懐かしさのあまり
┏┓                   ↓
■┛ 今日の満足度:  砂漠が渇水←… ★★★ …→ 砂漠が満水
———————————————————————-
☆☆☆…無気力 ★☆☆…中の下 ★★☆…中の上 ★★★…絶好調

———————————————————————-
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

サミュエル・ウルマンの「青春」や本編の【夢の続き】は、
夢子さんのメルマガを読みながら、懐古にふけったため書きました。

たった1本のメルマガでも、その人に与える影響は、
はかり知れないこともあります。

【砂漠に水】が、そんなアナタの逸品でいられるように
ソッと書き続けていきます。

では、また明日、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%返事はしません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0023滴 ~戦うステージが違う

朝晩、めっきり涼しくなり本当に過ごしやすくなりました。そこまで秋が
来ているのでしょうか、なんて時候の句を書くようになっちゃあオシマイ
だと一人息巻く@まだまだ熱いネタを探し求める杉山です。

昨日、メルマガのタイトルについて触れましたが、私の周りの人に聞いて
も、とりあえずタイトルだけで判断して購読する人が1番多いようです。

大ヒットの『世界の中心で、愛を叫ぶ』の原題は『恋するソクラテス』、
村上龍の『限りなく透明に近いブルー』の原題は『クリトリスにバターを』
だったそうです。

かなり印象が違いますね。特に『せかチュー』が『こいソク』だったら、
今みたいに絶対売れてないでしょうね。『クリバタ』は、それはそれで、
ヒットしていたような気もしますが。

さぁ、そんなアダルティーなハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。
─────────────────────────────────

■高校野球も初めて北海道に大旗が渡る、という結果で終わりました。

それはそれで、非常におめでたいことなのですが、
毎年、高校野球を観るたびに“戦うステージが違うだろ”って
缶ビールを飲みながら、そう呟きます。

■ひょっとしたら真剣に甲子園へ出たいと願っているのは、
監督だけじゃないだろうか、とも感じてしまう。

いいように洗脳されちゃって、と勝手に思っています。

■どっちにしろ私は高校野球があまり好きではない。無理がある。

練習風景をテレビで観ていても、息苦しささえ感じる。
人間やってまだ16~17年の高校生の身体で耐えられる練習ではない。

今回のように地元北海道の純粋な野球少年が、
優勝を目指して頑張ってるのなら、心から応援をさせていただく。

■目標が定まっていない。

“甲子園に出たい”という錦の御旗を全国一律で掲げてはいるが、
それを達成してメリットがあるのは、ハクがつく監督だけ。

野球小僧は、本当はプロになりたいんじゃないの?
甲子園に出場するレベルまで歯を食いしばって頑張るんだったら、
普通はプロを目指すか、そうでなくても意識はするでしょう。

こんな私でも、そこまでやれば絶対プロを意識します。
し、でなきゃそんな理不尽な練習に耐えるヒマはない。

■だったら、戦うステージが違い過ぎる。

今年の大会でもスター選手はいましたが、
本当は裏でもっといるはずです。

本来ならプロで活躍できるような優秀な選手が、
虎の穴方式の理不尽な練習で肘とか肩を壊し、
その世界では夢を棒に振ったというハナシは腐るほどあります。

だから、もったいないんです。

ハチマキしてハタ振って子どもの応援している親は、
もっと自分の子どもの現実を見つめ、将来を考えなきゃ。

■たしかに甲子園は、プロへの登竜門の一つかも知れません。

ですが、手段の中の一つにしか過ぎないことも事実。

アメリカには甲子園と同じような大会はない。
だから素質のある少年の目標は、メジャーだけにしぼられる。
だからプロになっても長持ちして、強い。

要は、勝負するステージとツボが違う、ってことです。

■たまたま運の悪かった巨人のスカウトのこともアタマをよぎりました。

逆に考えれば、高校生でも十分稼ぐウツワになれるんです。

だったら、つまらない踏ん張りで将来を棒に振るのではなく、
いつ、どこで、だれに、最高のパフォーマンスを提供すれば良いかを
ピンポイントで考えたモンの勝ちです。

人生を20年で終幕する人は、甲子園を目標に頑張れば結構ですが、
人生を80年楽しみたい人は、その先に標準を合わせるべきです。

自分の将来のために、今はそこそこ力を抜いておく、ってことが、
上手く調整できればベストです。
一気呵成にやらなきゃいけないときは、人生の中でそうそうない。

┏┓
■┛ 今日の満足度:  砂漠が渇水←… ★★☆ …→ 砂漠が満水
———————————————————————-
☆☆☆…無気力 ★☆☆…中の下 ★★☆…中の上 ★★★…絶好調

———————————————————————-
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

ラジオ体操でも真剣にやれば、
息は切れるし足はガクガクになります。

テキトーにやるから、いいんです。
“適当”とか“いい加減”って、
本当はスゴクいい言葉じゃないですか。

頑張らなくても、肩の力を抜いてやれば、なんとかなる。

では、また明日、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%返事はしません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0022滴 ~日本語が通じない!?

「北風と太陽」の話って、乾燥肌と汗っかきのどっちがキライ?って聞い
ているように思えてしまう@口の周りだけが乾燥する杉山です。

実は、【砂漠に水】というタイトルを決める前に、いくつかのタイトル候
補がありました。

乾燥肌のアナタだけにソッとお知らせいたします。汗っかきの方は、さ
っさと本文に飛んで行ってください。

●ゼクシィ心理学
●営業マンは断り続けなさい
●がんばれ課長!明日は出向だ
●日経でローリングストーン

人格と品性と視力を疑われて、おまけに読者数まで激減してしまう気がす
るので、これ以上はやめておきます。あくまでも…→ビジネス系。

さぁ、そんな心まで乾燥するハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。
─────────────────────────────────

■たしかに高校時代に、グラマー、コンポ、リーダーの成績が良くて、
今、マット・ビアンコのCDを聴きながらメルマガを書いていても、
私は日本人です。

そう、セイコーの時計と同じ、思いっ切り「MADE IN JAPAN」です。

■だから普通に日本語を話しますが、これが通じない。

昨日の【砂漠に水(21滴)】で、

“メルマガって何?”
“まぐまぐ!なんて知らない”

って言う人に対して、日本語が通じないんだ、と書きました。

■要は、そのプロジェクトを遂行するための、
最低限必要とされている適性に思いっ切り欠けてる奴だ、ってことです。

霊長類ヒト科としてや国籍の問題ではなく、
あくまでもオン・ビジネスでのジョーシキ、それが通じないんです。

■ところが、霊長類ヒト科としても疑いたくなる怖い実話。

「文明の利器」という言葉がある。
…発明や時代の進歩により、
社会に大いなる便益をもたらす物に例えられる言葉である。

—————————–

忘れもしない高校時代の春…、う~ん夏、秋だったかな…、
私の友達がしきりに会話の中で
「文明の“か”」というのを連発していた。

初めは何のことかサッパリ分からなかったが、
話の流れでどうやらそれは「文明の利器」のことだと判明した。

では、何故「文明の“か”」なのか、
私なりにじっくり検証してみた結果、驚愕の結論が出た。

●「文明の利器」→「文明の力」→「文明の“か”」

要するに“利器”を“力”と勘違いし、
更に“リキ”と読まずに“か”とひらがな読みしていたのである。
ラ変変格活用かポケモンなみの進化形である。

「文明の力」までは許せるが、ここまで来ると閉口するしかない。
当然、注意をする気力もないし、それどころか、
こんな奴がオレの友達にいていいのかとさえ思ってしまった。

注意をされているうちがハナだと、
つくづく感じさせてくれた青春の1コマであった。

■多分、ケラケラと笑っている方も多いかと思いますが、
これと同じようなビジネス上の恥ずかしい勘違いをしている人は、
結構多いですよ。

ビジネスで「文明の“か”」と同じようなミスを犯して、
日本語が通じない奴だと思われるケースがあっても、
私と同じように世間は見過ごして、ほおって置くもんです。

気づいていないのは、そう、自分だけ。

┏┓
■┛ 今日の満足度:  砂漠が渇水←… ★★☆ …→ 砂漠が満水
———————————————————————-
☆☆☆…無気力 ★☆☆…中の下 ★★☆…中の上 ★★★…絶好調

———————————————————————-
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

マット・ビアンコから、国府弘子に変わった午前9時。

中味の曲をノー・チェックでバンバン買う私は、
ジャケットの写真だけで判断して国府弘子のCDを買ったら、

全部、ピアノのインスツルメンタルじゃねぇか!

では、また明日、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信をすると私まで届きますが100%返事はしません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加