第0034滴 ~言葉も文字も温度を上げる

このメルマガの1行1行のすべて理解しようとする熱心な読者のみなさま、
そんな時間があるんだったらチャットする?@活性型ビタミン配合目薬と
通販のブルー・ベリーで視力を維持し続けている杉山です。

新サイトはまだ完成していませんが、とりあえずメール設定だけは終了
しました。

キャッチフレーズは、“アナタの心のオアシス”です。
再度、取ってつけたようなキャッチフレーズで誠に申し訳ありません。

さぁ、だったらURLは、http://www.sugiyama-hiromichi.com ?ってな
ハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。



■クライアント。

= 暗いアリ。(※ アリは英語で、ant)

外資系ならともかく、英単語の意味もよく分かっていない日本企業で
よく耳にします、クライアント。

■正確には“依頼人”とか、せいぜい“顧客”って意味だから、
“お客さま”とは、ちょいとニュアンスが異なりますぜ。

クライアント → 暗いアリ → 真っ黒け → 井上陽水『傘がない』

■すっごくテンションが下がる言葉です。

言葉には、言魂があるから、とか言いながら、
無機質な言葉を結構、平然と使っているものです。

耳から入った言葉って、
無意識のうちにアタマの中で、文字に変換しているんです。

だから、クライアントって言葉は、
イメージ的にも黒くて暗い、と自分のアタマの中で確認してしまいます。

■電話で話すときのトーンは、
普段のそれよりも、かなり声高になります。

受話器の向こうに相手がいる、人の気配があるということが
確認できているから、自然と声高になるんです。

■それに比べて、メールは暗いモノが多い。

メールなのに、きっとこの人が書く文字は汚いだろうな、って
思いたくなるほど、暗いというか無礼なモノが多い。

パソコンの向こうに、電源を入れた相手の姿が見えない、
人の気配を感じていないように思えてしまいます。

電話とは違って、相手の温度を感じなくても、
自分の都合で好きな時間に投げ込んで済ませられるという
メリット&デメリットでしょうね。

■私がメールを送るときは、相手を楽しませることしか考えていません。
まぁ、それはそれで、それなりの問題はあるとは思いますが、
とりあえず不愉快な気分にはさせたくない、
という最上級の心配りのつもりなんです。

■だから、温度を5℃上げてやる。

言葉を発するときも、メールを書くときも
相手の体温を5℃上げてやる、という気持ちで取り組みます。

これは、絶対・成功するコツです! (コンサル料30万円クラス)
少なくとも、タイトル先行型でセミナーの案内だけのメルマガよりは、
ズッとタメになる。

向かい合った相手の体温を5℃上げるということは、
自分のテンションを最低でも10℃以上アップさせないと、無理です。
だから、自分の口から指から、そして身体から発するエネルギーは
人のそれより熱くなくてはならない。

■私は、自分に日焼けサロン並みのスポット・ライトを当て、
足下からはドライアイスで凍傷するくらいスモークを焚いて、
赤いTシャツに短パン姿で登場します。(当然、意識の中で)

東海大地震並みに、エネルギー溜めまくっています。

■“お客さま”か“お客さん”。

“クライアント”でも“メンバー”でも“顧客”でも、ない。
そんな冷たい言葉を使って成功した社長を、今までに見たことはない。



────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

今日、ご紹介した【営業力は、すべてに通ず!】のゾロさんに
会ってみたいなぁ~と思ってます。

メールの印象が、スゴク良かったんですよね。
たった1回の文通ですが。

そんなもんです。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません