第0075滴 ~ギッと目を閉じて1本切る

元フォーリーブスのおりも政夫と、元ずうとるびの新井康弘をテレビで観
て、長く生き残るためには、メンバーの中の立ち位置は、向って右端だと
心から強く思った@座布団配りは、山田隆夫よりも松崎真派の杉山です。

最近は、あまりテレビを観ませんが、朝の“ズームイン!!”の占いだけ
は、欠かしません。

ちなみに、今日の乙女座のラッキーポイントは、ピンクと北西とリーダー
でした。北西を向いたピンク色のリーダーなんて、そうそういるもんじゃ
ありません。

さぁ、そんな“ズームイン!!”の占いには蛇使い座はないんだよって
ハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。



■つまらないことや、ちょっとした嫌なことがあると、
大きく息を吸い込み、ソッと静かに吐き出します。

当然、緊張をほぐすときにも、そうします。

■人前でスピーチをするときに、どうしても上がってしまう。
だから、自分が伝えたいことの30%も、話せない、

先日、そんな社長と、お会いしました。

■極めて、まともです。

普通は、5人を超える場では、上がるもんです。
私は、そういう人と、お付き合いをしたいです。

■でも、実際に、そのような場に置かれたときには、1本切ればいい。

アタマの中の線を、たった1本だけ切れば、
いつもの自分と変われるハズです。

■人前で、話すことができる人には、
2つのタイプが、存在します。

イメージの中で、その場で線を“プッツン”と切る人と、
初めから“ブツン”と切れている人。

■大勢の人の顔を“かぼちゃ”や“じゃがいも”に、変えれる訳がない。

そのときだけ、ギッと目を閉じて、
“プッツン”と音を立てて、そう、切るんです。

■目を開くと、一人一人の顔が、ハッキリと見えるようになります。

だから、決して、野菜なんかには見えないし、見えるようだったら
最寄の眼科へ行くべきです。

■厄介なのは、初めから切れてる奴です。

“度胸がある”とか“リーダーに適している”とか、
自信を持って勘違いをしているので、厄介です。

初めから、線が切れていて、生まれながらに漏電しているため、
そう、日本語が通じません。ただ、観賞用としては、最高です。

■人前でのスピーチに限らず、苦手なことや
ちょっとした辛いことは、生きて行く上で、たくさんあります。

そんなときには、1本切って下さい。

■コンプレックスだけが、魅力的な人間へと、育んでくれます。

少なくとも私は、そう信じています。



────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

“引っ掛けたいんです、エスイーオー対策で、
ユーザーを引っ掛けたいんです”って、

四万十川のウナギ漁じゃないんだから、
引っ掛ける引っ掛ける、って散散と言われると
虫酸が走ります。

私は腐っても、キャッチ・セールスを手伝う気は、ない。

と、いろいろと書きたのですが、そうすると、
本編とまったく一緒になり、
編集後記でなくなってしまう気がする、午前9時。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする