第0112滴 ~自分だけのコーラスライン

こんな私はメルマガだけじゃなく、サイトのトップにも3コマ写真を貼っ
たり、好評かどうかも分かんない“楽観日記”の写真も撮らなきゃいけな
いので、どう考えても、自分で自分のクビを絞めているだけとしか思えな
くなった@3コマ写真も1度アップしたら、削除するタイミングがなかな
か難しいんだと、西に向って途方に暮れる杉山です。

同情するならネタをくれ。

さぁ、そんなもらったネタで上手くいったタメシはないってハナシはバシ
ッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。



■社長にしろ社員にしろ、仕事が自分の夢を具現化しても、
会社は、その対象にはなりません。

要は、仕事と会社はまったく違う、ってことです。

■演技と、そのステージです。

会社は、自分が仕事をしていく上でのステージという
位置でしかありません。

自分のワザを磨くための、
たった一つの踊り場に過ぎないんです。

■だから、会社とは、社員が依存するものではなく、
利用するためだけのものなんです。

善いか悪いかは別にして、そう思った方が、
楽ですし正解です。

■会社がステージならば、上司はツールです。

会社も社員を利用して、売上を伸ばして成長する。社員は、
その上司を利用して、自分の仕事を磨く。

良い意味での協調関係が、保たれます。

■社畜(しゃちく)。

会社の言いなりになって、奴隷のように扱われるサラリーマンを
そう呼びます。

豚とか牛を家畜と言うように、去勢されたサラリーマンの寂しい
総称です。

■会社としても、社畜を維持管理したくはないハズです。

仕事として割り切る、そんな社員を利用し、
売上と利益を確保していく方が、賢明です。

■だって、それが営利法人なんだもん。

楽しいだけの集まりなら、学生のサークル活動の方がズッと上です。
社内で王様ゲームをやったところで、
大坪寧々(※1)に仕切られて、そう、終わりです。

■社員が会社に集まる理由は、単なる帰巣本能です。

飽くまでも生理的な現象なので、決して、
帰属意識なんかではありません。

■社員バッヂに誇りを持って、胸を張る社員は、
上場企業の中でも、ほんの僅かです。

小さな会社では、まず無理です。

■大きなことが、良いことではありません。

良いことが、良いことなんです。その良いこととは、
強くて、長く続くことなんです。

幕が下りているステージでは、そう、
誰も踊りません。

□NOTES

(※1)…大坪寧々(オツボネ)



────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

食べた量が多いのか、
食べ過ぎたバチが当たったのか…

ウ・チ・のママ、ヒデミ~♪

毎週エアロビに行ってるけど、
全~然、変わったようには見えません。

でも、続けてるって言うじゃなぁ~い。

あなたのエアロビ、
ランチ食べて帰ってくるので、ムダですから!

残念!

今日はあなたの誕生日、
さそり座の女 …斬り!!

…って、小4の娘が、
面と向って歌っていました。

とても、バースディ・ソングとは思えません。

明らかに血走った目の…→
さそり座の女の後ろをソッと通り抜けた私は、
2階の部屋で一人、大爆笑でした。

来月のおこづかい、
500円 上乗せしてやるぜ。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする