第0150滴 ~存在の肯定と行為の否定

一旦登録したメルマガを解除しようものなら、その読者はそれから1週間
以内に必ず5キロ太る、そんなソフトを開発すれば、メルマガ・オーナー
に売れると確信した@だったら、誰も登録しなくなるとも思った杉山です。

良いか悪いかは別にして、小4の娘が“今年のタイム・リミットだ”って
叫ぶのでちょっと考えた。それを言うなら“カウント・ダウン”だ。

大きなカテゴリは同じでも、サブカテゴリが少し違うだけで、エライ違い。

さぁ、そんなそろそろカテゴリをビジネスから暮らしと健康に変えようか
ってハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。



■自分の言葉で考えれば、ネタには枯渇しないし、
自分でも飽きないって、そう昨日お話しました。

で、どうやるの?って、問い合わせも来ました。

■物事、すべてを否定から入ればいいんです。

私は、ほとんど初めは“?”で、考えます。
小学4年生の頃から、そんな奴ですこの私。

■だって、肯定すれば、それで話は終わります。

カマキリって、本当に緑かぁ~?って思えば、
そこからネタなんか、いくらでも生まれます。

■要は、否定するってことは、自分の中だけで、
とっても軽い疑問を持つ、ってことなんです。

でも、これを少しでも口から出したりすると、
世間と社会と友人に変わり者って言われます。

■世の中は、どうでも良いことの繰り返しです。

肯定ですべてのモノをとらえれば、疲れます。
入り口を否定からスタートすれば、滑稽です。

■目の前の赤いボールペン1本でも、そうやって愉しめば、
自分が生きるってことに、決して飽きたりしやしません。

タブーは、その存在の否定です。どんなことがあっても、
目の前のモノは、三次元に存在するので、否定しません。

■多くの勘違いと間違いは、存在の否定をするってことです。

価値観に相違はあっても、存在に善いも悪いもありません。
だって、どんなにキライなカマキリでも、この世に居ます。

■一人称で、自分勝手に考える。

ってことは、相手の立場を理解する、ってことなんです。
二人称や三人称の奴がいないと、一人称なんて自慰行為。

■だから、私はすべての存在を肯定しています。

善いか悪いかは別にして、いろんな奴がたくさんいる、だから
世の中は楽しいものです。そう、自分以外は、エキストラです。

■エキストラがいなけりゃ、映画も出来ない。

だから、すべての存在を認め、すべての
行為には、ちょっと軽い疑問で愉しめば、
勝手に自分の言葉なんてできるものです。



────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

いつも勘違いされるので、どうかとは思ったのですが、
いつも否定して考えています。

肯定が善。否定が悪。
ってことは、決してありません。

肯定すると、すべてが終わってしまうんです。
物語は、否定しないと続きません。

“火サス”の霞夕子でも、証言が覆ると
法廷がざわめきます。そんなものです。

要は、否定する対象の問題、ってことです。

ほんのちょっと、そう軽く、
あれッ!?って思うんです。

それが、ポイントなんですぜぃ。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません