第0155滴 ~鉄は「テツ」として伝える

新春のデパートの中で、ふと目にした HIROMICHI NAKANO のブランド名に、
異様なまでにライバル心を抱いてしまった@以前までは、ヒロ・ヤマガタ
が眼下の敵だった杉山です。

良いか悪いかは別にして、Googleで “HIROMICHI”って検索すると、私よ
り上に出るのは、この人だけ。

いくら“杉様”で、杉良太郎より上には出ても“杉様”じゃあねぇ…。

さぁ、そんな“弘道”で検索するともっとライバルは多いぜってハナシ
はバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。



■ですから、自分の売り方が一番のポイントなんです。

どのように自分を見せるか、どう理解していただくか、
ってことが肝心なんです。

■日本全国に自分の名前を広めて知っていただく。

それがメルマガを発行する目的だとお話しました。
でも、その伝え方を間違えたり理解がされにくい、
そんなものではかえって逆効果のまま終わります。

■とにかく硬いものは柔らかく、ってね。

鉄を“鉄”のまま伝えると硬い。だから、
鉄を“テツ”って伝えるように考えました。

■だから、何でもいいからツカミが肝心。

とにかくビジネス系って、かなり硬いものが多いので、
誰もが興味を抱くような、独自の世界を作ってやろう、
そう考えました。それが、巻頭文です。

■バシッでも、サラ~ッとでも、何でもいいんです。

要は、細切れに自分の過去と思考を露出して、
読者に愉しんでもらえばいい、ってことです。

まるでジグソー・パズルのようにね。

■ここでも、大いなる誤算がありました。

巻頭文なんて、必ず読者に飽きが来る、そう思っていたので、
巻頭文は第50滴くらいまでで終わろう、そんなつもりでした。

■ところが、なんてこったい、そこしか読んでいやしない。

そんなような人もチラホラいるようでした。また、
数人に確かめたら、止めてはダメってことでした。

■そして、辛かった。

本文のネタは、腐るほどあるんです。でも、巻頭文のネタなんて
コメディ作家じゃあるまいし、そんなんまったくありゃしません。

■ハイ・ファイ・セットを聴きながら、卒業写真を開くんです。

寂しいときや辛いときがあると、卒業写真でネタ探し。そう、
ネタなんて、未来には絶対にありません。存在するとすれば、
自分が生きてきた過去にしかありません。

■巻頭文で、赤い線を斬るんです。

“ゴルゴ13”も“赤影”も、平成生まれには通じません。
良いか悪いかは別にして、巻頭文で、赤い線を斬るんです。

■当然、自分のアタマの中で斬るだけです。

自分の本来の専門部分やターゲットを崩さないためにも
アタマの中で線引きをするんです。それが巻頭文だがね。

■要は、自分のキャラを発信しながら、その周波数に合った人と
手を繋ぐことができるのは、巻頭文があるから、ってことです。

だからと言って、巻頭文のネタが分からなくても
絶対、解除しないでね。解除すると5キロ太るぞ。



────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

ズッ~と空欄のままだった“My Favorite Shop”を埋めました。

このコーナーは、仲の良いメルマガの発行者を
自分の勝手な見方で紹介しているショップです。

だからと言って、書いた私は一切責任なんかは取りません。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません