第0161滴 ~キーワードは、たったの3分!

今年の年賀状は、まったく何も考えなかったので、本当につまらないもの
に終わってしまった@来年は、自分の中の“滑稽”と“爆笑”のすべてを
カタチに変える、今からそんなつもりの結構ヒマな杉山です。

良いか悪いかは別にして、あと残り 357日しかないのでかなり焦ります。

ちなみに、毎年この時期にそんな同じことをズッ~と言っているんです。

さぁ、そんなそろそろ今年の年賀状でも書きますかいってハナシはバシッ
とやめて、今日もサラ~ッとお読みください。



■空欄を埋めるだけの穴埋め問題と、手書きの論文試験との違いは、
採点方法だけです。

要は、楽に採点ができるかどうか、ってことなんです。

■こんな私でも、毎日、論文は書けません。

ですから、毎日穴を埋めているだけなんです。お決まりの
フレーズに、毎日言葉を替えるだけなんです。

■一年中、ウルトラCなんてあり得ない。

物事は、0から考えては絶対ダメです。身の回りにあるものを
勝手に、+たり-たり×たり÷たりすれば、いいだけなんです。

■自分の人生を、たったの3分で語るんです。

ウソでもなんでもいいから、自分の人生を
3分間で語れるようにまとめておくんです。

■バカにするけど3分は、結構、長い。

自己紹介でも使えます。名刺交換のときにも使えます。
何の興味もない初対面の人の話は、3分間が限界です。

■3分間で相手のことがほとんど分かる、そんなものです。

内容なんて興味がないから、どうでもいいんです。要は、
目線と主語と速度で、相手の何十年の人生を判断します。

■善いか悪いかは別にして、これが私のモノサシなんです。

・目線…私の目よりも、上か下か右か左のどこを見るか。
・主語…その人の人生に、何人の登場人物が出てくるか。
・速度…口調と文節の数と接続詞が、私に心地良いのか。

■高校のときからこんな奴です、この私。

セミの声で、さらに蒸し暑く感じた夏休みに観た、
“キューピー3分間クッキング”で会得しました。

■夏休みにヒゲを生やそうかどうか悩んでいた私に、驚愕でした。

たったの3分間で、料理のレシピを教えることができるんです。
しかも、毎日。だから、番組の流れを夏休み中ズッと観ました。

■自分のパターンとフレームさえを作ってしまえば、
あとは季節に合った時候の句を替えればいいだけ。

それが、夏休みの宿題や朝練と引換えに会得した、
自分だけのフィールドを作る、ノウハウなんです。

■なんでもいいから、自分のパターンを作ってしまう。

空欄になにかを埋めれば答えが出る、そんな自分の
ベルトコンベアーを作ってしまえば、結構、楽です。

■自分で自分を、楽に採点するんです。

多くの人は、難しい論文ばかりを書いています。
だから、結果が遅れ、次の一手も遅れてしまう。
そんなものです。キーワードは、たったの3分!



────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

土曜日のさわやかな午前10時です。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
キャスターのサイケデリック杉山です。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません