第0231滴 ~遠い恋人とおなかいっぱいの猫

よく“本物の砂漠も好きなのですか?”って両目を潤ませて聞かれますが、
運動会の砂埃で翌日に熱を出す@デリケートを絵に描いたような杉山です。

ちなみに、気管支がちょっと弱くて言うこと聞かんし。申し訳ありません。

さぁ、そんな雨上がりの濡れたグラウンドがとっても好きだってハナシは
バシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。



■メルマガを発行していると、

日本中に知り合いが増えて、
グッと距離が短く感じます。

■それを“遠い恋人”と呼んでいます。

そして、まだ会ったこともない人と、
30センチの距離感で会話ができます。

■こんないいことを言う私の大好きな一人に、

あべまゆみさんがいます。大嫌いなんです。

■だって、見た目も大したことはない。

とにかく言葉で刺激と感激を
たくさん与えてくれるんです。

■おなかいっぱいの猫。

随分前にこんな私がそんなコピーを送ったらしい。
昨日、あべさんからそんなメールをもらいました。

■これっぽっちも覚えちゃいません。

知らん振りをするそんな比喩として、
猫に例えて表現した、…みたいです。

■世の中に悪い人は一人もいない。

本気でそう思っています。でも、
合わない人って腐るほどいます。

■周波数は、言葉の表現で決まります。

比喩表現だけで、相手との距離感を
長くも短くもできるそんなものです。

■グラス半分の気の抜けた寂しいビール。

それを比喩表現で写真よりも絵よりも、
もっとリアルに伝える訓練をしています。

■分かる人には分かる。分からない人には

何十年かけたところで分かりゃしません。
だから、自分の言葉で表現で選別します。

■ストレートは珈琲だけで十分なんです。社長と社員、

夫婦、近隣住民、すべての意志の疎通は比喩と言う
薄いオブラートで包んだ方が絶対いいに決まってる。



────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

開高健がサントリーのCMで書いた
「何も足さない。何も引かない。」
このコピーが、私にとって最高です。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません