第0242滴 ~誹謗中傷はノミの触角

で、「本当に私は幸せものです」って言う人に限って、そんなことはない。
本当に幸せな人は、自分が幸せかどうかなんて思ったこともありゃしない。
@幸せを口にする人は、“幸せの一つ隣にいる人です”って語る杉山です。

良いか悪いかは別にして“幸せ”って安くも軽くも薄くも感じる言葉です。

そう、アタマで文字に変換するのではなく、カラダが温く感じるものです。

さぁ、そんな今日は巻頭文だけでもう精一杯ってハナシはバシッとやめて、
今日もサラ~ッとお読みください。



■孤独の“孤”の字を背負っていると心細いものです。

同じメルマガ発行者から相談のメールが来たんです。
もうメルマガの発行を止めようか悩んでいるってね。

■ドラマなら殴ってる。

「おぃ..なに言ってんだよぉ..」バシッ!
そして映画なら、ここで音楽が流れます。

■原因は、ミミズの脳ミソにも劣るノミの触角です。

最近、クレームのようなメールが多いそうなので、
その中で厳選した4~5通を送ってもらいました。

■クレームと誹謗中傷は、宝とゴミの差ほど違います。

クレームって、その問題を指摘し、または提起して
改善を促す、そんなアタマのいい人しか出来ません。

■ところが一方、それに比べて、誹謗中傷はと言えば、

感情の赴くままに、好き勝手に書き並べるだけです。
幼稚で稚拙で、その中に誤字があったら、爆笑です。

■そう、モノを申すには、最低限のマナーが必要なんです。

それは、フルネームの署名です。モノを言われる方って、
逃げることが出来ません。だから同じ土俵に立つんです。

■案の定、厳選された4~5通は、無記名です。

だから、ノミの触角なんです。自分の名前も
書けない奴の相手をするほど、ヒマじゃない。

■そう思うように、無料でアドバイスをしました。

心が晴れたのか、無料なのが嬉しかったのかは
分かりませんが、続ける気になってくれました。

■親から授かった最高の財産が名前だと思っています。

批判だけに関わらずグッとくる嬉しいメールでも
そこに名前がないと喜びも半減するものなんです。



────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

いろんな仕事にいろんなクレームが発生します。

でも、そのほとんどが誹謗中傷か、
それに準じるようなものなんです。

基本的には相手にしなければいいのですが、
ちょっとヒマだったら徹底的に潰すんです。

こっぱ微塵にぶっ潰す。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする