2006年08月31日(木)一覧

焦る想いと熱い首

首の筋を違えちゃった。この時期に致命的です。ってことで、温シップを貼りました。冗談じゃなくて思いっ切り痛いのよ。まったく首が回りませんの。次女がおまじないで絵を描いてくれました。でも、私の首が回らないのをいいことに遊んでいたので軽くチョークスリーパーをかけました。まだ痛ぇ。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0761滴 ~キリ番に意味はない

阿蘇市営とプログラムを教えてくれと三重県のお客さんから頼まれた私は、
熊本県阿蘇市のサイトを観ていた@Amazonのアソシエイトだった杉山です。

ちなみに、このお客さんはまったく悪気がなく真剣に打ち間違えています。

ですから、以前も「食べたら甥死んだけど兵器化」とメールをくれました。

さぁ、そんな三重県の方言で「い」を抜くだけで文字の変換が間違うんだ
ってハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。
────────────────────────────

■私の知り合いで今日まで楽しむ人が2人います。

その2人は共にタバコを止める人です。しかし、
きっと10月になったら吸い始めると思います。

■そう、8月31日を選んだ時点で先が知れています。

本当にそれを成し遂げたい人ならば日を選びません。
要は、キリがいい日を選ぶ人は絶対に成し得ません。

■キリ番は単なる数字で意味はありません。

世の中の人って数字に験を担ぎ過ぎです。
それ自体にはまったく根拠はありません。

■だから、キリのいい日にちを設定して、

なにかを断つとか言って続かない人は、
その人の意志が弱いって訳ではなくて、

■最初ッからヤル気がなかっただけなんです。そう、

なにも苦しい想いなどすることはなかったんです。
また、マジメな人が勝手に思い込んでいることは、

■思い立ったらすぐに本番だと信じていることです。

例えば、タバコを止めようと思ったマジメな人は、
今からが本番だと思ってすぐに止めようとします。

■だから、続かないんです。絶対に続きません。

今から時間をかけて準備に入ればいいんです。
思い立ったときって準備に入るときなんです。

■要は、キリ番の日を設定して本番に入る必要なんてない、ってことです。

とにかくゆっくりと時間をかけて準備に入れば絶えず気が向くはずです。
そう、無理に作った信念など弱い横風が吹けば簡単に崩れ去るものです。

┏┓
■┛ 今日の満足度: 砂漠が渇水 ←… ★★☆ …→ 砂漠が満水
────────────────────────────
☆☆☆…無気力 ★☆☆…中の下 ★★☆…中の上 ★★★…絶好調

────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

なにかを断つとかなにかを始めるために日を設定することは、
分厚さが2cmもある無意味な経営計画書を作るのと同じです。

嗚呼、結局できなかった。。と、
自分に自信を失わせるだけです。

しかし、こんな私がもっともっと嫌いなやり方は、
なにかを成し遂げるためになにかを断つことです。

それって自分の大切なものを犠牲にすることです。
本当にバカバカしいと心の底から確信しています。

だから、大昔のアンデスの生贄じゃないんだから。

でも、キリのいい日を設定したりキリ番にこだわる人は、
大昔のアンデスの生贄とまったく変わらないと思います。

私は今でも長い準備期間中だと思ってお話をしています。
要は、本番だと思ったら疲れて年中無休では続きません。

では、また明日、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事はありません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GO EAST!

あと一日で新聞を仕上げなきゃいかんので、外で深呼吸です。ブルーの空にホワイトの雲。目線の向こうには、JRの線路が西と東を結んでいます。あ、自分でも嗚咽するくらいの美しい表現でした。明日もきっといい一日だな。冷たい缶コーヒーを飲みながらそう呟くと、東に向かう電車が通った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0760滴 ~文句を言わないことが、お客の条件

日中の暑さが嘘のように思えるほど夕暮れ時の西風は白い肌に冷たかった。
冷めた珈琲を飲んだ@くしゃみをしたら眼鏡が珈琲の中に落ちた杉山です。

ちなみに、ミルクがたっぷりのココアにしなかったのが不幸中の幸いです。

ですから、オリビアを聴きながらステビアを飲むとかネタを考え中でした。

さぁ、そんなボリビアをどこに使おうかとジッと考えたらくしゃみが出た
ってハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。
────────────────────────────

■独自配信のメルマガを発行している神奈川県の友人から、

この忙しい月末に「もう止めたい」と電話がありました。
昔、その友人にはご馳走になったので相談に乗りました。

■できればメールにして欲しかったと心の中で叫びながら、

目の前の時計を見たら貧乏ゆすりが止まりませんでした。
私は「もう29日かぁ」と言っても相手は気づきません。

■「最近、メルマガを出すとクレームが多くって」と彼が言いました。

「ほう。クレームがくるだけ立派じゃん」と足元をゆらしながら私。
「いや、こっちが滅入るようなメールばっかなんだ」と神奈川県人。

■「あぁ、誹謗中傷ね。クレームじゃねぇな」とさらにゆれている私。

「いや、誹謗中傷じゃなくてちゃんとした理屈だよ」と彼が言うと、
「あぁ、じゃあ文句だね」と震度3並みに私の体はゆれていました。

■「どう違うんだ?ところでなにガタガタ言ってるんだ?」

「クレームってのは相手の立場に立って進言することで、
誹謗中傷ってのは相手を落ち込ませようとすることだ」

■左手のケータイを右手に持ち替えると、

ゆれている右足を左手で押さえ込んだ。
そして、大きく一つ深呼吸をした私は、

■「人は自分が思ったことと違うと思ったら文句を言うんだ」さらに続けて、

「だから、本質がズレてんじゃなくて読解力の問題なんだよね」と言った。
「どっかいりょく?読んで理解の解の力と書く読解力か?」と彼が訊いた。

■8月って31日まであることに今、気づいた私は落ち着きながら、

「そうだ」と言うと「みんな読み切る力がないんだよ」と続けた。
「クレームと言われるほとんどは読解力の問題なんだ」と言った。

■そう、文章だけじゃなく商品の写真や価格にも読解力は必要です。

要は、そこから売り手がなにを伝えたいのか分かるかどうかです。
でも、それを読み切れない人が多いのでみんな文句を言うんです。

■だから、お金を払う人がお客さんではなく、

文句を言わない人がお客さんです。だって、
売り手のメッセージが分かる人だからです。

┏┓
■┛ 今日の満足度: 砂漠が渇水 ←… ★★☆ …→ 砂漠が満水
────────────────────────────
☆☆☆…無気力 ★☆☆…中の下 ★★☆…中の上 ★★★…絶好調

────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

まぁ、世の中のクレームと言われるほとんどって、
買い手が思っていたことと違ったから発生します。

要は、好き勝手に文句を言っているに過ぎません。

たしかに売り手の伝え方の問題もあるでしょうが、
ほとんどは買い手の好き勝手な思い込みなんです。

平気で「私の思っていたものと違う」と言います。
申し訳ないが、あなたのアタマの中など分からん。

だから、20歳を超えた成人が自分の意思で購入したら、
むやみやたらと返品などするなと良識ある私は思います。

要は、売り手側のメッセージを読み切れない人なんです。
結局、そんな人は最初からお客さんではなかったんです。

目の前の売り手や商品を見て中身を読み切れない人って、
お客になる資格はありません。お客はこっちが決めます。

では、また明日、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事はありません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過激にラジオ体操!

杉山一家のラジオ体操です。ラジオを聴きながらチョークスリーパーを主任にかけています。そう、立派なラジオ体操です。撮影は課長です。いやぁ本当に会社ごっこはバカバカしいけど楽しいね!ま、そこらの会社でもこんなところばっかだけど。主任にはもっと働かんと昇進できんぞと伝えた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0759滴 ~目標の3掛けで十分に満足する幸せ

昨日、早朝の6時半に家族全員をキッチンに集めて全体朝礼をしたときに、
全員に辞令を交付した@部長と課長と主任が一気に誕生した杉山一家です。

ちなみに、部長の生活費と課長と主任の小遣いは年俸制にするつもりです。

ですから、固定部分の他に日頃の態度を見ながら歩合制にするつもりです。

さぁ、そんなだったら有給休暇は年間にどれだけあるの?って質問された
ってハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。
────────────────────────────

■以前、小売店向け専門誌の取材を東京で受けました。

そのときに私の仕事の詳細について訊ねられました。
担当の女性は「アドバイスをすることですね?」と、

■当たり前のように三菱の濃い鉛筆で文字を書きながら訊ねたんです。

だから「まだなにも言ってないじゃん」と書くのを止めさせました。
すると「はい?では違うんですかぁ?」と目を丸くして返しました。

■こんな私は事の成り行き上、そうは言ったものの、

どうしょうしゃんと思いながら珈琲を飲みました。
いつもより時間をかけてゆっくりと味わいました。

■「お客さんには月収目標を100万にしろと言うよ」と私が言いました。

「はい。100万円の根拠はなにかあるんですか?」と女性が訊ねると、
「100万を目指すと30万までは達成するんだよ」と続けて言ったら、

■「では、残りの70万円を必達させるのが仕事ですね?」と彼女。

「いや、違うのよ」私はエスプレッソのカップを持ち上げながら、
「なんでこんなに小っちぇんだよ」と思わず口が滑ってしまった。

■「は?」と彼女は私を見つめて「なにが違うんですか?」と訊きました。

「いや、岐阜の喫茶店ってもっと器が大きいんだよねぇ」と私が言うと、
「違います。残りの70万円のことです」と目を吊り上げて言いました。

■あ、と私は思いつつ「30万で満足させるのが仕事だよ」と言いました。

彼女は不思議そうな顔をして「どう言う意味ですかぁ?」と訊ねました。
私は小さい器をソッと置いて「それで食って行けるだろ」と答えました。

■そう、どんな奴でも普通にやりさえすれば目標の3掛けは達成できます。

要は、最初から30万が目標だと10万しか達成できないってことです。
また、多くのコンサルタントはさらに収入を増やそうとあおるはずです。

■残りの70万を埋めるためにお客さんは顧問料を支払います。

しかし、その70万のためにお客さんは何百万と支払います。
だから、どう考えてもそこらのキャッチセールスと同じです。

■そして「30万で食って行けない生活自体を改善したいんだよ」と私。

すると「えっと…、それでみなさん満足されるんですかぁ?」と彼女。
最後に「満足できない奴は100万でも同じだよ」と席を立ちました。

┏┓
■┛ 今日の満足度: 砂漠が渇水 ←… ★★★ …→ 砂漠が満水
────────────────────────────
☆☆☆…無気力 ★☆☆…中の下 ★★☆…中の上 ★★★…絶好調

────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

なんでもいいけど語尾を「かぁ?」と上げるなと説教しました。
その度に肩甲骨から腰にかけて背筋がゾゾ~ッとしてきました。

100万を目標にすると30万は比較的簡単にできます。
しかし、30万を目標にするとなかなか達成できません。

自分の脳ミソは目標は達成できないものだと知っているからです。
そして、それは正解で目標はまず達成されるものではありません。

それぞれの目標が達成できるなら、
今の世の中って独裁者ばっかです。

今の自分はちょっと前の自分が思い描いた3掛けの状態です。
そして、それで十分に満足していればそれでいいと思います。

また、それで満足しなくて10掛けを目指したところで、
その10掛けは自分が思い描いた3掛けの状態なんです。

要は、延々と欲を追い続けて貧しい人生に成り果てます。

では、また明日、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事はありません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんでやねん!

なんでこんなヤツが人気あんねん?ってことで、昨日の大阪の写真を整理していたら、無意味に腹が立って来ました。んなもん眼鏡かけて太鼓を叩いとるだけの人形やん。ほんでこっちは生身の人間や。とVサインの女性に私は叫びたかった。でも、今のところ東京よりも大阪の方がいい感じ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0758滴 ~今の長所は、もう伸びない

大阪に向かうJRの中でいつも乗車後のアナウンスを噛み締めて聞く私は、
一文だけ読み忘れていることに気づいた@若い車掌に問い質した杉山です。

ちなみに、優先席付近では携帯電話の電源を切れ!と言う美しい一文です。

ですから、問い質すって「といただす」で「といしつす」とは読みません。

さぁ、そんな「えッ、騒がしいので聞こえなかっただけじゃありませんか」
ってハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。
────────────────────────────

■「じゃあ、換金するには具体的にどうすればいいんですか?」

5日前に自分の長所がお金に換わる訳ではないとお話したら、
このような内容のメールが全国13県の方々から届きました。

■ってことで、全国13県の方々だけにソッとお話をしますが、

やっぱり自分の長所と思う点をA3の用紙にザッと書きます。
ここで用紙が真っ黒にならない人は気づいていない証拠です。

■その後に自分の短所と勝手に思っている点もザッと書きます。

当然、こっちも真っ黒になるくらいに書き込めると思います。
すると長所と短所が微妙に交わっている部分が必ずあります。

■例えば、50メートルまでは異様に足が速いのが長所だとします。

それを越えると息が切れて走れないって言うのが短所だとします。
だから、今まで一生懸命に走っていた距離って50メートルです。

■それ以上はきっと走っていません。そう、

走っても勝てないと思っているからです。
でも、80メートルまでは必ず走れます。

■だから、その30メートルの部分が必ず換金できるはずです。

100や200メートルと言う倍以上の距離は走れなくても、
あと30メートルだけ距離を伸ばすことはだれでもできます。

■要は、走れないと言う短所を持つ人がいくら走ろうと思っても、

絶対に換金はできやしません。でも、世間は努力を美化します。
でも、その努力は美談にはなったところでお金にはなりません。

■そして、今の長所はもう伸びないんです。だって、

50メートルを一生懸命に走ってその結果だから、
それ以上の努力をしたところで記録は伸びません。

■だから、加速があるうちにちょっとだけ距離を伸ばします。

0からスタートする年齢ではありません。今までの長所を
思いっ切り使いながらその加速で進めば必ず換金できます。

■だって、今までにほとんど手をつけていないエリアだからです。

だから、まったくの短所だと絶対に換金のしようがありません。
換金するには長所と短所が交わった部分を磨けばまずOKです。

┏┓
■┛ 今日の満足度: 砂漠が渇水 ←… ★★☆ …→ 砂漠が満水
────────────────────────────
☆☆☆…無気力 ★☆☆…中の下 ★★☆…中の上 ★★★…絶好調

────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

藍川中学の1年のときに選手リレーで学校記録を作りました。
だから、きっとそのときの私が人生で一番速かったときです。

しかし、40歳を過ぎた中年になった今でも、
まだ記録が伸びると思っている人は多いです。

だから、長所を伸ばせばなんとかなると思っているからです。
しかし、今の長所はなにをやったところで絶対に伸びません。

かと言って、短所を伸ばそうと努力をしても時間の無駄です。
換金することができるのは加速できる部分だけだと思います。

だから、0から50メートルを走ろうとする人と、
すでに50メートルを走れる人の違いは加速です。

今から100年前は頭にマゲを結っていました。
だから、それを考えるとすごい文明の発達です。

しかし、これからの100年は更にすごいです。
今までの100年に加速がついているからです。

車もインターネットもある時代からスタートをするからです。

でも、それをまったくやらない人が世の中には多いです。
あと30メートルだけならきっと加速で走れるはずです。

今の長所は自分の限界を知らしめるためだけのものです。

では、また明日、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事はありません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お茶会探訪@大阪

大阪は堺市です。だから、第3回のお茶会探訪に一滴増したさかい。暑かったさかい。お話も熱かったさかい。焼肉屋さかい。引越しのサカイ。肉桂餅の老舗と言うか元祖の八百源です。ほら、こんなに老舗です。だって、この看板は60年間も使っています。レポートは来月早々仕上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0757滴 ~転びながら勤める侘しい人生

住民放送の直後に“2006/9/2まで不在にしております”と福岡の読者から、
自動返信メールが届いたので返事を送り返した@只今、文通中の杉山です。

ちなみに、こっちが心を込めて書いたところであっちは全部同じ文面です。

ですから、9月2日までにどれだけのメールがたまるか本当に楽しみです。

さぁ、そんなまったく知らない相手なのに愚痴や不満を書きまくっている
ってハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。
────────────────────────────

■私のプロフィールを読んで電話で質問をして来た人がいます。

その男性は28歳で大企業に勤めている新しいお客さんです。
で、質問は私が最初の会社を辞めた本当の理由についてです。

■だから、本当の理由もなにもすべてあの通りです。しかし、

その男性は「真剣にうどんが嫌いで辞めたんですか?」と、
ちょっと引くぐらい鬼気迫る感じで私に電話で訊ねました。

■「そうだ!主体性が感じられないから嫌いだ」と私は言うと、

「うどんは嫌いだけれど転勤はもっと嫌いだ」と続けました。
「やっぱりそうだったんですか!」とその男性は喜びました。

■なんだ、転勤の辞令が出ただけのことか。と私は思いました。

案の定、愛知県から宮城県への転勤を言い渡されたそうです。
だから、私のふざけたプロフィールを読み入っていたんです。

■「杉山さんは転勤をどう思いますか?」と彼。

「ま、まともな人間の生活ではないね」と私。
「そうですよね。やっぱ辞めようかな」と彼。

■「うん。絶対に辞めた方が正解だよ」と私が言いました。

「えッ、サラリーマンが一番じゃないんですか?」と彼。
「サラリーマンは人間だけど転勤は人間扱いじゃないぞ」

■「どこで嫁さんを見つけてどこで子どもを産むんだよ?」

「それに転校させるのは可哀想だし」と私が続けました。
「それに僕は長男だからいつかはここで同居だし」と彼。

■「単身赴任なんて産業廃棄物とまったく同じ扱いだ」と私は言うと、

「人間らしい生活をするためにサラリーマンなんだ」と続けました。
「粗大ゴミじゃなくて産業廃棄物か」翌日、彼は辞表を出しました。

┏┓
■┛ 今日の満足度: 砂漠が渇水 ←… ★★☆ …→ 砂漠が満水
────────────────────────────
☆☆☆…無気力 ★☆☆…中の下 ★★☆…中の上 ★★★…絶好調

────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

こんな私も香川県で一生働けるんだったら、
転勤を拒んで辞めなかったかも知れません。

要は、2年単位で住民票を移さなきゃいけない仕事など、
ほとんど社員を人間扱いしていないってことと同じです。

ヒトじゃなく単なるモノとかコマ扱いです。
いくら高い給料をもらっても絶対に嫌です。

愛知県に住むその男性は今、地元の小さな会社で働いています。
自宅から通って愛知県で嫁さんを探して子どもを作る予定です。

それが極めて普通の人間的な生活です。だから、
それができない会社なんて辞めればいいんです。

今回の転勤はいいけれど次回の転勤はまず辛いはずです。
だって、年齢は2つ上がって嫁さんと子どもがいるので、

その年齢では再就職が難しいし転校もしなきゃだめです。
そう、大きな会社の歯車になると押し潰されるだけです。

では、また明日、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事はありません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加