突然、大泉洋の如く

だから、家畜じゃないんだから。近くの来来亭に一滴増した。一日限定30食という美しい日本語の分かりやすいキャッチコピーに誘われて豪華に葱ラーメンだ。もうとっくに美味いとか不味いとかの問題ではなく体力と根性だけの問題さ。まるで大泉洋の頭のような葱を家畜の如く食った僕だった。