第1588滴 ~税抜き価格コンサルタントの正しい使い方

なにかに引き寄せられるように私のサイトのアクセス解析を覗いてみたら、
驚くべき検索キーワードがたくさんあった@「俺か?」と思った杉山です。

ちなみに、例えば「杉山弘道 裏切り」や「杉山弘道 ひとでなし」です。

ですから、苗字だけなら私じゃないかも知れませんがフルネームだとねぇ。

さぁ、そんな「本当に申し訳ありませんでした。心から反省しております」
ってハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。



■コンサルタントに毎月25万円(税抜き)を払っている

神戸市で中位の会社を営む社長からご相談を受けました。
社長曰く「なに1つ当てにならんからクビにするよ」と。

■私は「まずは、税込みにしてもらったらどうですか?」と言うと、

案の定「そーいう問題じゃない」と、社長はちょっと怒りました。
こんな積み重ねが「杉山弘道 ひとでなし」になるのでしょうか。

■ヤバイヤバイ。私は、名誉挽回のために一生懸命に考えました。

そして、3分後には、それらしいことを言って切り抜けました。
多くの人は、コンサルタントに成功するための手法を訊ねます。

■それが徹底的に間違っているのです。奴らの知識のモトは、

東京なら八重洲ブックセンターで岐阜なら三洋堂書店です。
自らが編み出した成功法則なんてだれ1人持っていません。

■今までにそれを一度もやったことがないけど、

やればきっと成功する法則をご存知なのです。
つまり、グーグル・マップのような連中です。

■成功までの道のりを上からしか見ていません。

実際に道の上に降り立ったら足元は凸凹です。
地図では距離は測れても状況はつかめません。

■あなたは「じゃあ、やっぱ当てになんないじゃん」とお思いでしょうが、

あなたの質問がNGなのです。みんな成功するための手法を訊ねますが、
コンサルタントは「こっちはOK」という方向性しか分からないんです。

■神戸の社長もそう。どいつもこいつも具体的なやり方を訊くでしょ。

そんなもん分かりませんて。日本地図を上から眺めているんだから。
ただ、なにがいいのか&どっちの方向がいいのかだけは分かります。



────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

成功するための具体的なやり方を知っていたら、
99%のコンサルタントは自分でやっています。

やり方を知らないから地図の見方だけ教えているのです。

あっちは危ない、こっちはまだ早い。
だったら、どっちへ行けばいいねん!

う~ん、やっぱ報酬は税込み価格にしてもらいましょう。

「なんだぁ、使いものにならないのか」とお嘆きの社長、
「バカ!」。やり方よりも方向性の方がズッと大切です。

私もよく「こんだけやん」と親指と人差し指で札幌と福岡までを指します。
パソコンの画面上では20cm以上の日本は存在しません。15cmまでです。

これが頭の固い社長には分かりません。これだけなのよ。
東京と岐阜の間なんてたった3cmです。これだけだもん。

わざわざステージを東京に持って行く必要はありません。
たった3cmだから、岐阜でも全国制覇はできるはずです。

でも、距離は測れても道が凸凹はどうかは分かりません。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする