第1608滴 ~トリガーポイントを探せ!

昨晩は毎年の恒例行事として山下達郎の『クリスマス・イブ』をBGMに、
ディケンズの『クリスマス・カロル』を読み耽った@浄土真宗の杉山です。

ちなみに、目の前のモニターには『素晴らしき哉、人生!』のDVDです。

ですから、8ピースのパーティバーレルとアオキーズ・ピザの宅配もです。

さぁ、そんなお仏壇にチキンをお供えしながら「ゴメンなさい」と謝った
ってハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。



■今日は、肩と腰が激しく痛いので、

いつものセータイに行って来ます。
そこで、これをご存知でしょうか?

■トリガーポイント。これは、痛いけれど

押されると気持ちのよい場所のことです。
肩が凝ったときにみんな経験しますよね。

■ほとんどの人には、このトリガーポイントいう場所が存在していますが、

自分で「ここ!」と思った場所を押してみたときに「あれ?」となって、
思っていた場所から随分離れた場所を押したときに気持ちよくなります。

■そうなんです。このトリガーポイントは、

だるいと感じた場所とはちょっと離れた
位置にポツンと存在することがあります。

■例えば、腰が痛い人のトリガーポイントが、

お尻や太ももにあったという症例のように。
このような痛みの現象を関連痛と呼びます。

■なんだか柔道整復師になった気分です。

要は、体の痛みやだるさだけに限らず、
上記の現象はすべてに共通するのです。

■「こいつがダメだ」とか「これが諸悪の根源だ」と思ったときに、

それらを排除しても本当の痛みの原因が他にある場合が多いです。
今まさに、マウス片手の社長には思い当たることが多いでしょう。

■仕事ができない奴だと思っていた経理課のAさんのクビを切ったけど、

ちっともよくなりません。それどころかさらに業績が悪くなりました。
だって、トリガーポイントは経理部長である社長の奥様だったのです。



────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

昨晩遅くに「クリスマス伊豆はいかがですか?」とメールが届きました。
イブを伊豆と打ち間違えたのか、嫌がらせなのかズッと悩んでいました。

ひょっとしたら、静岡の伊豆になにかあるのかも?
今、伊豆が日本で一番熱い場所なのかも知れない?

と空想をもてあそんでいたら頭が痛くなりました。

この場合のトリガーポイントは、届いたメールではなく、
私の生まれ持ったノイローゼっぽい思考回路にあります。

たった今、鬱でお悩みの方、少しは私を見習って下さい。
ここまで割り切ったら怖いものはとろろしかありません。

トラウマや嫌な過去など日常生活でなんとでもなります。
あなたの痛みや辛さは思っていた場所には存在しません。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする