第1786滴 ~2つの営業:中古のカローラに乗らないために

今から8年前に創業すると打った企画がバンバン当たって異様に大儲けして、
来年の1月にBMWの車検が切れるので次はベンツにしようかと悩みながら、

でも、貯金も大事だと小銭を貯めつつ毎週水曜日には決まってコメダ珈琲の
シロノワールを甘ったるいココアと一緒に食べる社長の会社に行ったときに、

ふと感じたことがあります。

大体、そこらの会社は社交的で明るい社員を営業マンにしていますが、
営業には2種類あります。

一見(いちげん)さんをかき集める営業と、
かき集めた顧客に対しフォローする営業です。

この2つはまったく違います。

しかし、そこらにある吹けば飛ぶような多くの会社では、
新規開拓とその囲った顧客のフォローは同じ社員がやっています。

大きな会社では、そんな非効率なことはさせません。

ま、効率云々を別にしても、それらを行う人間の特性は、
クリスタルキングとライオンキングくらい違うものです。

また、これら営業マンを使い分けているとしても、
その特性の割り振り方を誤っている会社は結構、多いです。

一見さんを開拓するのは社交的で明るい社員を、
顧客のフォローにはコツコツ型の地味な社員を当てています。

それ、まったく違っています。

真逆です。

ボソッとしかしゃべらない地味でコツコツ型の陰気な奴が新規開拓タイプで、
「シャチョー!今日も元気ぃ~ッ!」という明るい奴はフォロータイプです。

でも、これがなかなか理解してもらえません。

まぁ、理解してもらわなくても私は痛くも痒くもないので別に構いませんが。

今から8年前に創業すると打った企画がバンバン当たって異様に大儲けして、
来年の1月にBMWの車検が切れるので次はベンツにしようかと悩みながら、

でも、貯金も大事だと小銭を貯めつつ毎週水曜日には決まってコメダ珈琲の
シロノワールを甘ったるいココアと一緒に食べる社長の会社に行ったときに、

上記のようなお話をしてやったのに社長は1cmも聞く耳を持ちませんでした。

私は心の中で、次の車検が終わる頃には中古のカローラに乗れれば御の字だ。
と思いました。

社員の特性もあるし、その職種の特性もあります。

それをバシッとマッチできる優秀な社長は、笑っちゃうほど少ないです。



────────────────────────────
一┃筆┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

ちょっと体がだるく、寒気がしたので「とうとうA型か。。」と凹んで、
体温計を脇にはさんだら36.2℃でした。

ちなみに、私は生まれて此の方ズッとB型です。

おそらく、大量の冷たい豆乳を一気に飲んだのが原因だと思われます。

とは言うものの、あまりに寒気がするので、
パソコンの壁紙をハワイかどっかの南の島の画像に変えました。

それを5分間ほど凝視して、また体温計を脇にはさみましたが、
36.2℃のままでした。

そして僕は途方に暮れる。

陽が照っている今のうちに、過剰なほど光合成を堪能してきます。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする