2009年11月30日(月)一覧

第1823滴 ~所詮、二者択一の延長線上

明日から12月。来年の計画を立てている人も多いと思いますが、

っていうか、私は今年の夏から立ててます。

きっと小難しい計画を立てているのではないでしょうか。
見た目にカッコいい計画と言いますか。

今、私が確実に言えることは、

今年できなかったことは、来年も絶対にできない。

これだけ大不況と騒がれている昨今、またそれを実感している最中でも、
まったく実現できなかったということは、来年も確実にできやしません。

来年は、さらにもっと8L級にビッグ不況となります。

では、どうすればいいのでしょうか?

今までの人生の中で、1から自分で考えてやったことなど
たったの1つもありませんよね?

降り掛かってきた問題を解いたか、それから逃げたかだけですよね?

そうです。1から自分で考えてやったのは、
歴史上、エジソンとドクター中松だけです。

一般ピーポーは、二者択一しかあり得ません。

それを解くかそれから逃げるか。それをやるかやらないか。

朝、目覚めたら歯を磨くか磨かないか。パンを食べるか食べないか。
電車に乗るか乗らないか。上司に挨拶をするかそいつから逃げるか。

二者択一からすべての事は始まっています。

だから、計画なんて難しいものでもカッコいいものなんかでもありません。

目の前にあるパソコンのキーボードを叩くか叩かないか。
斜め左にある電話の受話器を取って掛けるか掛けないか。

たったそれだけのことじゃん。でも、それができません。

連立方程式のような解けるか解けないか分からないような
小難しい計画を毎年のように立てているから毎年できないだけです。

他人に見せるものではないんだから。

────────────────────────────
一┃筆┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

もっと激しく書きまくりたかったのですが、
鼻の表面にデキモノが発生し、痛くて集中力が散漫です。

ニキビケアのプロアクティブでも買ったろかしゃんと思うくらい痛いです。

なんでも上手く行く人は、歯磨きからスタートしていると思うんですよね。

まったく躊躇なく歯を磨くことができる人は、
どんなケースでも決断と実行が早いということじゃないでしょうか。

すべては二者択一なので。

そんなことを思いながらも鼻の頭が気になって仕方ありません。

では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事はありません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1822滴 ~あッ!それに手を出してはNGです

今までに嫌っていうほど多くの「社長」と呼ばれる人種と会ってきましたが、
それを分類すると成功した(または、しつつある)社長とそうでない社長の
2つに分かれます。

そこで、その分岐点は一体どこにあるのでしょうか。

現在、午前6時45分。あまりに西の空が美しいので、
ちょっと散歩に出掛けて来ます。しばしお待ち下さい。

walk,stroll,trudge and toddle not strut!

只今、帰ってまいりました~! 柳ヶ瀬界隈を約1時間ほど
磁石の壊れた羅針盤のように徘徊しました。

この寂れたゴーストタウンを救う人間は私しかいないと思ったものの、
打つ手がまったく浮かばないので評判が悪い細江市長にお任せします。

最初のテーマに戻って、↑の社長と↓の社長の分岐点のお話です。

では、どうしたら成功するのでしょうか?

その答えは超簡単で、失敗しないやり方をやれば必ず成功します。

成功している社長は、自分が思い描いた計画通りに事が運んだから
今の成功がある訳ではありません。

経営計画通りに、事業計画通りにできた人などほとんどいません。

ただ、手を出してはいけないことに手を出さなかっただけです。

これをやれば年商10億円を超える!という方程式はありません。

しかし、それに手を出さなければ今の事業は絶対に潰れない!という
不文律は間違いなく存在します。

成功するやり方をやらなかったから失敗したのではなく、
手を出してはいけないことに手を出しちゃっただけです。

世の社長の中に、わざわざ失敗するやり方に則ってやるバカなどいません。

成功したい!お金が欲しい!社員にいい思いをさせたい!と頑張った結果、
この現状なのです。

あッ!それに手を出してはNGです。

────────────────────────────
一┃筆┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

本文のタイトルを【鎮魂歌 ~とっくに末期の柳ヶ瀬商店街】にしようと
思いましたが、それだとあまりに的を射過ぎて怖いのでやめました。

別に社長に限らず、どんな人間でもそう。
わざわざ失敗するやり方を自ら進んでやる人間などいません。

決して手を出してはいけないことに手を出してしまったから、
コケたのです。

そして、こーいう連中は、やたらとポジティブ発想の人間に多いです。
なんでもかんでも「やればできる!」と変に思い込んでいる連中です。

「そんなもんやってもできんやろ!」からスタートすれば、
わざわざコケることに手を出すこともないでしょう。

ただ、むちゃくちゃ優雅な生活もできませんが。

私の目の前(人生)には「さわるな!危険」ばかりです。

ですので、優雅な生活はできませんが絶対にコケません。

では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事はありません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1821滴 ~T君に足りない親指の圧力

ちょっと前に近所の三洋堂書店でT君(46歳)に偶然、会いました。

T君は、3年前に起業したものの事業が上手く軌道に乗らず、
半年間で廃業し、今では吹けば飛ぶような会社のサラリーマンです。

そのときT君は、アクアライフ(熱帯魚専門誌)を読んでいる私に
「俺って何をやってもダメなんだけど…」と寂しげに漏らしました。

「そうだよ。君は何をやってもダメ人間だよ」と言ってやりました。

私は、利害関係のない人間に対しては思いっ切り高飛車な態度を取ります。

T君は、日本福祉大学という微妙なレベルの大学を卒業しましたが、
1ヶ月に20冊以上の小説やビジネス書を読むほど博識な人間です。

頭も運も悪くなく、能力やセンスがないわけでもない。

でも、仕事に関してはまったく思うようにいかない。

では、どうしてこんなにダメ人間なのでしょうか。

答えは超簡単で、圧力がないからです。

1本のホースの中に水が流れているじゃないですか。

その水が、本から得た知識であり運であり能力やセンスです。
ところが、そのまんま流しているだけではそのまんまのただの水です。

みなさんは、庭木に水をやるときにどうしますか?

ホースの先をギュッと親指で潰すじゃないですか。

T君にはそれが絶対的に足りません。

大好物のアクアライフを立ち読み中で忙しかったので、
T君の話はそれくらいにして終わりました。

運も能力もセンスも多くの本から得た豊富な知識も、
そのまま流しているだけでは垂れ流しで終わりです。

────────────────────────────
一┃筆┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

それと、言っても理解できないと思ったから言いませんでしたが、
「間」が悪い。

間が悪い奴は、何をやってもダメ。

だから「俺って何をやってもダメだな」と自らそう感じたときは、
頭や運が悪いというよりも間が悪いんじゃないかと疑ってみて下さい。

相手との間。これを言っていいかどうかという空気を読む間。

立ち位置も間の1つです。

そんなことも思いましたが、アクアライフを読むのに忙しかったので、
言いませんでした。T君は、お客さんでも何でもない人間Aだったし。

それでは、さっきから乾燥して喉の奥がイガイガしていますので、
期限切れのイソジンで胃液を吐くまで丁寧にうがいをしてきます。

では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事はありません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1820滴 ~だれにでもできる計画を立てること

もうすぐ12月。会社も個人も時期的に来年の計画を立てる頃です。

そこで今日は、どうすれば立てた計画が確実に達成できるかを
1円ももらわずにお話します。

では、今年(10ヶ月間)を振り返ってみてください。

あんなこと、こんなことあったでしょ。でも、
どれひとつとしてできたタメシがありません。

それ、どうしてできなかったのでしょうか?

答えは、超簡単です。

最初からできないことを計画に書いたからです。

今年できなかったことを「リベンジ」とか言って、
来年の目標に置き換えても絶対に無理ですよ。

この10ヶ月間にできなかったことって何年物の計画でしょうか。
何年前からそれを達成するんだ!と言い続けてきたのでしょうか。

ロシア皇帝が愛した年代物のワインじゃないんだから。
何年も寝かせればいいってものではありません。

では、自分の身の回りで成功している人たちをよく見てください。

特別なことをやっていますでしょうか。その人じゃなければ、
その会社じゃなければできないようなことをやっていますでしょうか。

やっていませんよね。それどころか、
「あんな程度のこと」と素人でも思うような簡単なことだと思います。

そうなんです。そこが非常にインポータントな部分です。

だれにでもできることしかできっこありません。

それに気づいた人。そして、それを計画に書いた人が
成功しているだけなのです。

世の中は、偏差値45レベルのことをやり続ければ、
BMWくらいは乗れる生活をちゃんと確保できます。

なのに、みんな偏差値65以上のカッコいい計画、見た目に美しい目標を
フランクリンの分厚い手帳にイメージ画像と共に貼り付けて喜んでいます。

中学生でも簡単にできることを手帳に書いている人しか成功しません。

────────────────────────────
一┃筆┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

よく目標設定とか立てた計画を発表し合うセミナーがあるじゃないですか。

あれって愚の骨頂ですよね。

いい大人があんなバカげたことをいつまでも喜んでやっているから、
カッコいい計画や見た目に美しい目標しか掲げないようになるのです。

朝っぱらから表現がとっても下品で申し訳ありませんが、
私にはケツの穴を見せ合っているようにしか思えません。

自分の恥部を笑顔で見せ合っているんですよ。
そっち系のマニアの集団としか私には思えません。

他人に見せるまでもない、だれにでも簡単にできることをやった人だけが
普通に成功しているだけだと思いますけどね。

偏差値45レベルのことをやり続けていれば、普通の生活は確保できます。

では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事はありません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1819滴 ~世の中、コケる奴が悪い

解雇などで職を失い、雇用保険の支給が切れた状態で年末を迎える人が
約23万人に上るらしいです。

仕事も給付もない状態で年を越さなければなりません。

朝っぱらから寒い話題ですね。雨が降っていて物理的にも肌寒いです。

前から思っているのですが、コケる奴が悪い。

「だれも救ってはくれない」と嘆き悲しみ、そのような社会を恨むのは
まったく筋違いで、コケる奴が悪い。

正直、成功する奴は、生まれながらにそーいう要素を持っています。
そんな星の下に生まれたというか、そのような因子を持っています。

だから、どんなに一生懸命にやっても1cmも進めない奴はいっぱい居て、
まったく努力の「ど」の字もやっていなくても成功する奴は成功します。

人生を左右するのは、努力・忍耐・根性なんかではなくて、

間違いなく「運」だけです。

いいか悪いかではなく、これしか考えられないもん。

ただ、積極的に成功する奴、成功できる奴は限られていますが、
すべての人々に平等に与えられた権利というか能力もあります。

それは、コケないということ。

いくら努力しても成功できない奴は腐るほどいます。
そのような因子のカケラも具わっていないからです。

ただ、普通にやってさえいれば絶対にコケることもありません。

「成功できない=コケる」と同じくらいふさぎ込む人がいますが、
「成功できる=コケない」と腹の底から思うことができますでしょうか?

だったら「成功できない≠コケる」と思えるはずです。

藍川中学の1年生でも理解できる超簡単な方程式です。

────────────────────────────
一┃筆┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

ま、いろいろ書きましたが、とにかく杉山さんが言いたいことは、

世の中、コケる奴が悪い。

成功しない奴、できない奴がどうのこうのではなく、
100%コケる奴が悪い。

それ以下でもそれ以上でもない。

と、私は思うがいかがなものか。

たしかに、口に出せないそれぞれの事情があるとは思いますが、
資本主義国家に住民票がある限り、それは仕方のないことです。

世の中、コケる奴が悪い。

では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事はありません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1818滴 ~社内ドラフト会議のススメ

あなたが平社員であっても構いません。

社内ドラフト会議をやってみましょう。

まぁ、従業員数が10人以下の会社ではちょっと困難ですが、
100人程度の中小企業であれば十分に楽しむことが出来ます。

マネジメントゲームなどの経営シミュレーションものよりも、
はるかにタメになる仮想疑似体験型戦略思考法だと思います。

5人くらいで競い合います。

ドラフト1位から順番に8位までを指名します。

入札が競合したら、くじ引きかジャンケンで交渉権を決定します。

1つの会社を経営すると仮定した場合や、
1つの部署を任されたと仮定した場合などで会議をすると面白いです。

仮にそれが会社だとしたら、社長であるあなたは、営業マンにはだれを、
経理にはだれを、企画にはだれを、という感じで8人の精鋭を指名します。

そのときに「どうしてコイツを選んだのか?」という理由を
みんなとディスカッションするとさらに興味深いものとなります。

従業員数が10人以下の零細企業であれば、仕入れ業者やお客さんの
会社の社員もドラフト対象にするときっと盛り上がることでしょう。

逆に「絶対にコイツだけはNG!」という裏メニュー表を作っても
それなりに面白いかも知れません。

社長であるみなさんが、どのような思考回路でその人物を選んだのか、
だれをこの部署に適材だと思ったのか、などと実践的な見方ができます。

仮想(バーチャル)組織で人事が上手く整えば、
現実の世界に落とし込むことも可能かも知れません。

まぁ、私は超多忙なのでこんな会議などやったことありませんが。

────────────────────────────
一┃筆┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

でも、頭の中で「コイツ、うちに欲しいな」と思ったことはあるはずです。

それを数人揃えてゲーム感覚で楽しめば、より現実的なものになるのでは。

また、1位から8位まで4番打者ばっか集める奴もいるでしょうし、
役割分担をちゃんと考えて指名する人もいるでしょうし。

何より競合したときに「お前もか!!」という感じがたまりません。

まぁ、一度もやったことがないのでそれ以上のことは言えませんが。

そーいえば、今年の新年会をまだやってなかったので、
来月あたりに身内を集めて岐阜でやりたいと思います。

では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事はありません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1817滴 ~過去の栄光の6掛け

このところズッと焼肉屋には行っていません。しかし、
決して嫌いでもないし、食べたくない訳でもありません。

それどころか、若い頃はロースだけでも2リットルくらい食べていました。

2リットルが何人前なのかは分かりませんが。

今日は、そんなお話です。

ある初老(推定62歳)の社長が「杉山さん、食欲ある?」と、
紛れもなく杉山さんである私に訊ねました。

「はいぃ。。あることはありますけど、あまり食べれません」と私。

すると「そうなのよ、そこなんですよ」と推定62歳。

加齢枠いや、彼曰く「食べたいと思う気持ちの60%しか入らない。
若い頃は、150%まで大丈夫だったのに」と。

欲はあるけれど、それを満足させるための器(容量)は確実に縮小する。

しかし、若い頃に150%まで胃袋に収めた(成功)体験のある社長は、
60%あれば満足できるのに100%を超えるまで必死にもがき続ける。

「杉山さん、今、若い頃と同じだけ焼肉を食べたらどうなります?」

「確実にお腹を壊します」

「ですよね。だから、多くの会社が傾いているんですよ」と推定62歳。

1人前も受け付けない器になっているのに、過去の栄光を取り戻そうと
欲を出して、見栄を張って3人前以上も注文するから全部を吐くんです。

45~50歳までが、最もその幻影のような欲望にかられるらしいです。

体は60%で十分に満足するのに、とういうか、
それくらいしか受け付けることができないのに、

卑しい心だけが果てしなく膨張し続けています。

過去の栄光の6掛けで十分だと思える人間かどうかです。

────────────────────────────
一┃筆┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

言い換えれば、過去の60%で満足できるなら、
安いもんです。経費も掛からずとってもお値打ちです。

あと、推定62歳が言うには、

還暦を過ぎると欲の絶対量自体も減少するらしいです。

しかし、当の本人は「若い頃と還暦を過ぎた今の欲の量はまったく同じだ。
俺は、いつまで経っても強欲な人間だな」と錯覚しているそうです。

これを世間では「あ、ちょっとボケてらっしゃる」と呼んでいます。

それでは、本日のまとめに入ります。

人間の体は、そこそこで十分に満足するもの。卑しい心に合わせていたら、
胃壁に貼りついたホルモンのように消化不良を起こして吐いて終わります。

では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事はありません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1816滴 ~絶滅の条件

昨晩、DVD録画をしておいた『点と線』を最後まで観たら、
午前1時を余裕で回ってしまって今、眠くてフラフラです。

そのドラマを観ながらサラリーマン時代の自分を思い返しました。

ちなみに、『点と線』にそのような回想を促すシーンなど1つもありません。

どうして12年間も無難に勤めていた会計事務所を辞めたのだろうか?

まぁ、飽きたというのが率直なところですが、
では一体、どうして私は飽きたのだろうか?と。

思うに、その環境にどっぷり浸かってしまったんでしょうね。

ここまでやれば取りあえず御の字。
これから先へは行ってはいけない。
これ以上言うと確実に社長は怒る。

サラリーマンとしては、置かれた環境に完璧に適応しているじゃないですか。

だから、続かなかったのでしょう。

ズッと何十年と右肩上がりの時代が続けば、
定年までそこに居られたのかも知れません。

しかし、そんなことは絶対にあり得ません。

それまでは、世の中も会社も私も順調な時代でした。しかし、
それが急激に変化し出した。昨日までの環境が急変し始めた。

すると、もう対応というか適応できません。

それはなぜか?

ここまでやれば取りあえず御の字。
これから先へは行ってはいけない。
これ以上言うと確実に社長は怒る。

このように、サラリーマンとしてそれまでの環境に適応し過ぎたからです。

まったく適応しないと10年も持ちませんが、
完璧に適応し過ぎると12年で辞めるハメになります。

その会社の体質や企業風土にどっぷり浸かる(適応する)と、
分度器で言う1℃程度の方針転換にさえもついていけません。

だから、そこそこの適応能力だけで十分ですし、
それ以上適応することは、かえって自分の首を絞めることになります。

ボーっと『点と線』を観ながら、そんなことを思っていました。

自然界の動物でもきっとそうなのではないでしょうか。

その環境に適応し過ぎたものほど絶滅しやすいのでは。

────────────────────────────
一┃筆┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

右肩上がりの時代は、どこのどいつでも上手くいきます。
それがちょっと下がり出すと途端にバタバタし始めます。

そのとき一番苦しむのが、昨日までの環境に適応し過ぎた連中です。

まぁ、今になって気づいたところで1円にもなりませんが。

申し訳ありません。

モーレツに眠いのでジュリア・フォーダムを聴きながら爆睡します。

では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事はありません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1815滴 ~池ではクジラは泳がない

池には、池に合ったサイズの魚しか泳ぎません。

いくら素晴らしい能力を持っていたところで、
それを発揮すべき舞台が整っていないとゴミと同じです。

「私は最高のパフォーマンスを提供することができる!」と豪語して、
上場企業が喜ぶノウハウをそこらの飲食店に売ろうとしても無理です。

そんなものは必要としていないどころか、かえって邪魔になるだけです。

これが分からない人が結構、多い。

できることと望まれていることとはまったく違います。

青色発光ダイオードの基礎知識を必要としているのは、
ごく一部の大企業だけです。それ以外の会社からすればゴミにもなりません。

私にはだれもが涙する曲を作る能力がある。

でも、小学校の校歌に涙は要らないじゃん。

それがやりたかったら、もっと他に違うステージを探しなさいよ。

そんなバカなことがあるの?とお笑いでしょうが、
この手のことは日常レベルで頻繁に起きています。

そこが池か沼か川か海か判断できないような人間のことを
場違いな奴とか空気が読めない奴と世間では呼んでいます。

そして、そんな連中はそこら中に腐るほど存在しています。

今以上の仕事を、パフォーマンスを相手は望んでいるのでしょうか。

ひょっとしたら、もう少しレベルを下げて欲しいのかも知れません。

自分の能力は、池向きなのか沼向きなのか川向きなのか海向きなのか?

そんなことを自問自答するといいのでは。

必要以上のサービスを受ける相手は、必要以下のサービスを受けるより
結構、辛いものがあるかも知れない。

────────────────────────────
一┃筆┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

もっと言えば、それがパーフェクト以上にできる人間など嫌ってほどいる。
しかし、その枠(サイズ)にピッタリの仕事ができる人間はごく僅かです。

「こっちはそこまで望んでいないのに…」

そんな痛々しい声が、あなたの耳には入らないのでしょうか。

であるならば、週に1回くらいは耳の掃除をして下さい。

まぁ、職人と呼ばれる人たちにその手の人間は多いのですが、
でもその場合は、悪意のないパフォーマンスだからまだ許せます。

問題なのは、そこの域にまでまったく達してもいないのに、
必要以上のパフォーマンスを提供しようとするヤカラです。

これが実に多いです。

あなたの大切なお客さん、池か沼か川か海か。

さぁ、この4つのうちのどれなのでしょうか。

では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事はありません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1814滴 ~もうポータル会社なんて要らない

ちょっと前にテレビで観て大いに感心したのですが、
大阪で紙芝居だけで食っている人がいます。

たしかに優雅とか派手な生活ではないものの、食うには困らない状態で、
しかも人生を楽しんでいるようにそこには映っていました。

驚愕ですよね。

そのとき思ったことは、法改正で消滅しない業種であれば、
どんな業種であろうと食っていけるということと、

1本の柱の方が強いんじゃないかということです。

法律で守られた業種は、法改正で壊滅する可能性は大です。

逆に、法律の範疇にない業種ならば、
自分がやめない限り延々と続きます。

紙芝居がそうじゃないですか。

レッドデータブック(絶滅危惧種リスト)に掲載されている業種以前に、
それを生業としている人は、佐渡のトキよりも少ないです。

そこらの偉そうなコンサルは、リスクヘッジ(危機回避)として、
1本でも多くの柱を作ろうとあおります。

例えば、3丁目の税理士事務所で言えば、記帳の指導から経営計画策定、
社会保険関係、キャッシュフォロー計画、新規事業相談、生損保代理店等々。

しかし、本来の業務であるところの申告業務がおろそかになりがちです。

これを歯医者、アパレル会社、旅行代理店、飲食店に置き換えて下さい。

なんでもかんでもできる会社など腐るほどあります。そして、
ほとんど腐っています。だから、みんな潰れるんでしょうね。

つまり、何屋さんか分からない。
お金を払うお客さんからすれば本業が見えない。

10本の柱を設けてみたところで、それが故に
かえって本業が薄まってしまえば、元も子もありません。

柱を増やせば増やすほど、人件費も水道光熱費もかさみます。
それによって足(足元は×)をすくわれかねません。

たとえ1本の柱でもシロアリに食われないように細心の注意を払っておけば、
その方がきっと息が長いかも知れません。

────────────────────────────
一┃筆┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

ラーメン屋に入る人は、ラーメンを食べたいから。
不動産屋に入る人は、部屋を探しているから。
歯医者に行く人は、奥の虫歯が痛いから。

そうですよね?1cmでも違ってますかい?

それなのに、それを否定する仕事をしちゃいませんか。

基本的に不況の今、多くの社長は焦っています。

すると、途端に本業以外の柱を設けようとバタバタと動きはじめますが、
景気がいいときにできなかったことが今になってできる訳がありません。

そんなもん、巣食うシロアリが増えるだけじゃ。

10本の柱があったとします。そのうちの1本をシロアリが食うと、
残りの9本もあっと言う間に食い尽くされます。

たった1本でも、食われないように、腐らないように
細心の注意を払っておけば、その方が遥かに堅実だと私は思う。

なんでもかんでもできる会社は、何もできない会社です。

では、また次回、お会いできるのを楽しみにしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事はありません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加