質素な赤鰐の行列と豪華な明神水産の藁焼きたたき

あろうことか今日の気温は37℃だった。このように数字で確認するとさらに暑く感じてしまう僕も人間で本当によかったよ。美容室からの帰り道、この殺人的な炎天下に目立たない行列と遭遇した。

この店は東京や大阪などの遠方からもわざわざ食べに来るというかき氷で超有名な『赤鰐』だった。僕は「かき氷を食べる前に熱中症になるんじゃないの?」と10月の蚊の鳴くような小声で言った。

そのままボーっと歩いて20分で自宅に着いた。すぐにシャワーを浴びると缶ビールを無酸素状態で飲み干した僕は『明神水産』の「藁焼きたたき」を長良川の9月の鵜のように一気に呑み尽くした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする