最初で最後のなまずや第三分店(岐阜県岐阜市)

小雨が降る中、年に一度の健康診断を受けるために小島内科まで出掛けた。

採血。私は吸入シーンを凝視することが出来ず、明後日の方向を眺めていた。

鍛え抜かれた私の肉体は、明らかにヘモグロビン不足に陥っていた。そのとき
一軒の鰻屋の前を通り掛った。私は、そのまま匂いに釣られ、暖簾をくぐった。

おそらく脳に酸素が行き渡っていなかったのであろう特上を注文してしまった。
岐南町のなまずやほど酷くはないが、美味くはなかった。もう行かないだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする