2010年10月31日(日)一覧

百舌鳥の報い

百の舌を持つ鳥と書いてモズ。とにかく、その名のとおり凄まじくやかましい。

「可愛い」とか「自然環境」というレベルをとうに超えていて激しく憤りを覚えた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在・過去を未来に向けてingでブログを軽くリニューアル中

今日まではコンテンツがすっげぇ散乱していたので、丁寧に86から整えようとリニューアルした。残りの14を考えて書き込めば100になるはずだが、その14がとても難しい。意味不明だよね?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

魚菜料理 長濱の長濱旬菜膳(岐阜県岐阜市)

この2日間、ほとんど軟禁状態だったので軽い鬱憤晴らしに食事に出掛けた。

ランチが値打ちだと雑誌で見、車で15分も掛けて魚菜料理の長濱へ行った。

ところが、山掛けや茄子の煮付けしかなかったので700円も高い定食にした。

これがまたしょぼくて主役の天ぷらが貧乏臭い。きっと二度と行かないだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

卯年の来年は、4色(黒・赤・緑・青)で果敢に攻めるぴょん

来年からは手帳に4色ボールペンで書きまくったろうとアマゾンでLAMYを購入した弘道だった。約15年前に半年くらい使っていたことがあるので妙に懐かしい気がした。さぁ、続くでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軟禁日和

今日は物理的に一歩も出掛けなかった。この僕の周りには誰もいなかった。しかし、ランチタイムはいつもどおり訪れた。ガスレンジを使えるようになった僕。今日を無事に乗り越えることができた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビールで流し込んだCoCo壱番屋のロースカツカレー(岐阜県岐阜市)

駅へ行ったついでにガリバーよりも品のいい黄色がよく似合うLOFTに寄った。

LOFTへ行き、その帰りにココイチに入ってしまう確率は、70%を優に超える。

LOFTでは、ロディアを大量に買った。今、このメモに思いつくまま書いている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明朝体の「秋」からゴシック体の「秋」へ

「いい書見台と健康サンダルが欲しい」と呟き、ホームセンターまで出掛けた。

すると、その途中に2~3個の銀杏が落ちていた。鈴木杏樹を思い浮かべた。
それまで私の中では明朝体だった「秋」という文字が、ゴシック体に変わった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

曇りの日はドイツ製のオイルで革ジャンを磨いて

鞄をドイツ製のオイルで入念に磨き込んだ後、26年ものの革ジャンも磨いた。20歳の頃に親父に買ってもらった革ジャンだが今日、初めてオイルで磨いた。あまり着ることもないが大切にしたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一徹の辛ねぎそぼろ味噌らうめん

アクテイブGの2階にラーメン店がOPENした。せっかくなので3時のおやつに食べた僕だった。素人の女性が楽しくやっているような感じだった。おそらくタダでも二度と入ることはないだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

焼き物の町に和の風情を感じた常滑(愛知県常滑市)

急に常滑のレトロな町並みを歩きたくなったので名鉄特急に乗って向かった。

さすが常滑焼で有名なだけあり、そこら中に愉快なオブジェが氾濫していた。

特に招き猫の生産が多いためか、こんなところにまで整然と並べられていた。

どこかで見たような猫も。常滑は、『20世紀少年』のロケ地に使われたらしい。

やきもの散歩道をマップに沿って歩いた。4~5分歩くとだんご茶屋があった。

1本70円のしょうゆ団子だが、飛騨高山のそれと99%変わらない味だった。

常滑を紹介する際に必ずといっていいほど登場する土管坂。実際はしょぼい。

文化財の登窯。火曜サスペンス劇場で陶芸家を演じた前田吟を思い出した。

焼き物の町。タケノコのように巨大なレンガの煙突がそこら中から生えていた。

常滑駅に戻り、構内のそば屋で天丼ときしめんの定食(1200円)を食べた。

セントレアまでたった4分。スカイデッキで飛行機を愉しもうと空港へ向かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加