前略、経絡秘孔だらけの体にて

1ミリ単位のチェックから0.5ミリ単位のそれへと進化し、偏頭痛は10メートル級だ。1分1秒が今日の僕には砂漠の水のように確実に貴重だったのでインスタントの皿うどんを着実に作ったった。

ヒッチコック作品のタイトルバックのように現れた皿うどん。それはキム・ノヴァクのようだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする