2012年01月22日(日)一覧

1月22日は、カレーの日

ここ数日、このようなテレビCMが繰り返し流れていたので案の定、我が家もカレーにした。ちなみに、昨日もカレーだったので嫌でも2日目のカレーとなる。

今日も朝からずっと単調な作業に追われていたので天気予報では快晴となる予定の明日は1cmでも遠くへ行きたい。やはり読点を入れないと読みにくい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遠くの福太郎

飽き性の私が2年近くも毎日欠かさず摂取しているヨーグルトのLG21だが、これが値が張るらしい。とは言え、百数十円で健康が買えるなら安いものだ。

先日、ヨーグルトはNK細胞を活性化させるとテレビの番組で知った。NKとはナチュラルキラーの略称であり、間違っても片平なぎさのイニシャルではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラサバク

時間を見つけては『江戸散歩』のページをめくっている。すると、現代の東京の向こうに江戸が垣間見えるような気がする。東京を江戸として読むと面白い。

このように捉えるようになったのはNHKの『ブラタモリ』の影響かも知れない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冷たい雨の虚ろな午後

内勤を続けていると気が狂いそうになった。そろそろ1cmでも遠くへ行きたい。

だが、私の意に反して午後から物理的に冷たい雨が降った。来週は鬱陶しい雪が降りそうなので当分は仕事だけに没頭していたほうが確実に賢明だろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

bistro Home Bound の特製オムレツライス(岐阜県岐阜市)

春のような快晴だったので「マネー!」と叫びたくなるbistro Home Boundまでランチを愉しむためにひたすら歩いた。途中、加納城の石垣に見蕩れていた。

店内はハマショーのポスターとレコード・ジャケットで溢れていた。当然のようにハマショーの微妙に音程の外れた歌声がBGMで絶え間なく鳴り響いていた。

彼は1952年、私は1964年生まれの一回り違う辰年である。ただ、自分でも私のほうが一回り上に見えてしまうのは極めて遺憾だ。普通に美味しかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ秀吉が第2弾ではないのだろうか?

今日は【日本の100人】の第2弾『徳川家康』の発売日だったので三洋堂で買った。ちなみに第3弾は『豊臣秀吉』でその次は『坂本龍馬』となっている。

創刊号は190円、第2弾以降は580円というのがデアゴスティーニ商法だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

細川ガラシャに思いを馳せながら

昨日から中途半端な食欲しかなかったので、デアゴスティーニから出版された『織田信長』を左手の人差し指と親指で几帳面にめくりながら夕食を愉しんだ。

光秀の三女の細川ガラシャが気になって仕方ないが、気になっても仕方ない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高層階への憧れを抱き続ける高所恐怖症の中年男

散歩方々、岐阜県初のタワーマンションの内覧に行ってきた。とは言っても、築4年の中古物件だったが。二重のセキュリティで辿り着くのに手間取った。

部屋も狭く、所々気になる箇所が多かったので割高感は拭い切れなかった。とは言っても、1cmも購入する気はないので偉そうなことは何も言えないが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蒲郡市竹島水族館(愛知県蒲郡市)2回目

早朝から全身がふやけるほど温泉に浸かった。海辺の温泉だけあり舐めると塩っ辛かった。丸い陶器の湯船の中を水族館のウミガメのように泳ぎ回った。

朝食を取った後、さらに首までどっぷり浸かった。仕舞いには、めまいがした。

豊川稲荷へ行こうと計画していたが、気が変わって竹島水族館を訪れた。

ちょうどアシカショーが始まるところだった。風が最上級に冷たかった。

20年以上も前から顔見知りのビッグマウスキャットフィッシュは、貫禄十分だ。

タカアシガニを片手で持ち上げようと怯えながら試みたが上手くできなかった。

間近で竹島を眺めたが、それどころではないくらい身を切るような寒さだった。

この2日間を総括するとやはり温泉は海より山のほうがいいと改めて感じた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三河湾の幸と塩の温泉で心と腰の戦略的なリハビリ(愛知県蒲郡市)

腰痛が厳しい状態なので海辺の温泉に浸かろうと愛知県蒲郡市にある三谷温泉まで出掛けた。長女がインフルエンザに罹ったため、到着が遅くなった。

手前は青空だが三河湾には陽が沈もうとしていた。右手の小さな島が竹島。

品数は多かったが、可もなく不可もなくというレベルの夕食で満腹にはなった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加