本居宣長旧宅(三重県松阪市)と吉平の天ぷら丼(三重県鳥羽市)

土曜と休日は乗り放題の青空フリーパス(2500円)で松阪城へと向かった。

「曇天でも青空とは是如何に?」と呟きながら快速みえ3号のシートに座った。

途中の高茶屋では踏切に亀が挟まったらしく、10分遅れで松阪に到着した。

松阪城を攻める前に御城番屋敷へ行った。整然としている姿がとても美しい。

係員の説明によれば、末裔たちで会社を作って屋敷の管理をしているようだ。

末裔以外に一般人も住んでいるようで、その家賃は毎月7~8万円とのこと。

次には『古事記伝』の執筆で知られる本居宣長の築320年の旧宅を訪れた。

12歳から亡くなる72歳までこの家で暮らし、私は目の前の本物に感動した。

2階の四畳半の床の間の柱に掛鈴を吊り下げて、執筆活動の息抜きにそれを鳴らして音色を楽しんだ。それゆえ鈴屋(すずのや)と呼ぶ。私も真似をしよう。

鈴屋を後に天守台へと登った。松阪城には天守はないが、石垣が実に凄い。

今では何も残っていないが、ここに天守があったかと思うだけで失禁しそうだ。

本居宣長記念館の受付で公式スタンプを軽く押した。石垣のデザインがいい。

別に目的もなかったが、せっかくの乗り放題なので松阪から鳥羽に向かった。

8曲目のiPodで鳥羽に着いた。15分ほど海を眺めていたら顔が潮臭くなった。

伊勢うどんを食べようと一番街の吉平に入ったが、天ぷら丼の誘惑に負けた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする