新鮮味のある出会いと惰性の馴れ合い

忘年会というわけでもないが、ほぼ8年ぶりに向かって左側の知人と会った僕がいた。一方、右側はこれと言って望んでもいないのにほぼ毎月、会ってあげているのでまったく新鮮味のカケラもない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする