JR日野春駅で吸引した大自然の花粉

朝、目覚めたら凄まじい花粉症の症状が勃発した。とにかく辛くて苦しかった。

無意識のうちに鼻水が垂れる。このような悲惨な状態ではどこへも行けない。

急遽、予定を変更して「無事に帰ること」だけに専念した。目も痒くなってきた。

青春18きっぷで帰るため、すべて各駅停車だった。JR日野春駅で10分ほど電車が止まった。降りて風景を収めたのはOKだが、さらに症状が酷くなった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする