フィレオフィッシュにうってつけの日

『バナナフィッシュにうってつけの日』がJ・D・サリンジャーの小説ということは当然、君たちもご存じだよね。朝から雨だった。オーキッドパーク内のユニクロでパンツを買ったった。その帰りに僕はフィレオフィッシュとフライドポテトを食べた。フィレオフィッシュにうってつけの日だった。