福井城と北ノ庄城と養浩館庭園の福井三昧(福井県福井市)

モーレツに寒いが、青春18きっぷを使って福井方面へ行こうと思い立った。

案の定、寒かった。ただ、北陸本線の車内シートは熱過ぎた。

歩いて5分ほどで福井城へたどり着いた。

見事な石垣だが、残念なことに城内に県庁が鎮座している。

本来は、凄まじく立派な城郭であったことが分かる。

石垣の上から堀を眺めてみた。少し孕んでいる部分もあった。

以前、テレビで見たので是非とも確認したかった井戸だ。

福の井。

そして案の定、今日も人っ子一人いなかった。

福井震災で崩れたままの天守台石垣。その被害の大きさを感じた。

風は冷たかったが、同時に古の心地良さを肌で感じた。

どのような天守が建っていたのかと妄想しまくった。

そして若干、空腹感を覚えた。

天守台から御廊下橋を見下ろした。

御廊下橋は、明治初期までかかっていた木橋をほぼ忠実に復元したものだ。

木の香りが何とも言えずいい。

総ヒノキの橋は屋根のおかげで色褪せることなく、美しい姿を保っている。

おそらくもう訪れることはないだろうからジッと眺めていた。

福井城を後にし、北ノ庄城を目指して歩いた。

貴重な北ノ庄城の堀跡だが、それ以外に何も残っていないのが寂しい。

柴田勝家の男気のようなものを感じ取った気がした。

燃えていなければ他を圧倒するような荘厳な城であっただろうに。

見吉屋で越前おろし三昧を食べた。これだけで満腹になった。

その後、北の庄城址資料館のスタッフから教えてもらった養浩館へ行った。

なかなかの庭園でしばしボーっと眺めていた。

しかし、ここもほぼ貸し切り状態だった。

固定資産税はいくらかかるのだろうか?という純粋な疑問が頭をよぎった。

池の錦鯉も腹が立つくらい優雅に泳いでいる。

一句ひねりたいところだが何も浮かばなかった。

この後、隣接する博物館で福井を堪能した。いい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする