2014年01月31日(金)一覧

山茶林泉のかえで(鳥せせり)でエネルギー充填♪ふぅふぅ

あ~ん♪超一流のビジネスコンサルタントなのにフライデーナイトは名古屋錦のホストクラブで「ドンペリ入りましたぁ~♪ふぅふぅ」と叫ぶNo.5ホストの顔を持つ私がモテない君たちのために小さなヒントを与えよう。これは当然、ビジネスにも役立つものだっぴ。この理論は「サルトルとキムタク」と私は名付けたのだが詳細は別の機会に話そう。簡単に言えば、「人を振り向かすのは外見、人の心にクサビを打つのは言葉、人の心をシャブ漬けにするのは文字」と言う理論だ。文字は「心の指紋」と私は確信している。頭が悪い奴はFBでも一番キレイな画像をプロフィールに使いたがるが、実際に会ったらどうなんだ?その点、私は実際に会うと「思ったよりマシ」に見える程度の画像をわざわざ選んで貼っている。その結果、主婦入れ食い。ウソウソ。「百聞は一見にしかず」は白亜紀かジュラ紀のことわざだ。平成の世は、百回見るより十回聞く、十回聞くより一行の文章だ。だからFBにちったぁ日本語を書けよ。眩しいくらいの快晴だったのでドライブを兼ねて山茶林泉へ食事に出掛けた。牛と豚は食べたことがあったので鳥せせりを注文した。案の定、絶品だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遠い海の向こうから来たDELL

昼頃にDELLが届いた。すでに酔っ払っているので設定は明日にしよう。

XPが消滅するための暫定措置なので慣れてきたらデスクトップを購入する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五星春香の唐揚げとキャベツ炒めセット

Ichimiya Tower~♪(原曲:Tokyo Tower by 角松敏生)。ちなみに、一宮タワーの高さは138(いちみや)メートルだ。語呂合わせの段階で終わってるよね。でさ、角松敏生の『Do You Wanna Dance』の出だしの「黄昏に解き放たれた~」が「解き鼻垂れた~」に聞こえてしまうのは僕だけだろうか。あー、最近は呼吸するのも面倒臭ぇ。50歳を過ぎたら無酸素体質に変えたろかしゃん。ムリムリ。そこでタイタイが経営する五星春香までランチを食べに行ったった。いいかい、マジで。台湾生まれのタイタイだから、料理も超本格的でボリュームも100点満点中126点だ。そう、器から溢れてんだよ。訪れた際に「杉山さんの紹介です」と言ってくれ。何のメリットもないどころか人格を疑われるだろう。きゃは!

値打ちでボリューム満点ということもあり、夜はサラリーマンで賑わうらしい。これで780円は徹底的に安い。田代さんの手作り梅酒も濃厚で絶品だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一日一食主義者には向いていないリトルワールド

午前7時7分、JAFの会報誌をボーっと口を開けて眺めていたらリトルワールドの入館料が半額になるクーポンを発見した。そこで急遽、行くことにした。これを「JAFの思うツボ」と言う。自動車保険にJAFと同じサービスが含まれているので年間4000円のJAF会員をやめればいいのだが、22年間も続けているので退会するのもどうかと躊躇してしまう。これも中途半端にお人好しな日本人の性分に付け込んだ「JAFの角度を変えた思うツボ」と言う。リトルワールドへ向かう道中、ランチに食べるメニューをドイツ館のソーセージ&ビールにしようかインド館のチキンカレー&ナンにしようかトルコ館のドネルケバブにしようかと結婚相手を決めるよりも真剣に考えていたら右折するのを忘れて美濃加茂方面へ直進してしまった。結局、1人を選ぶことなんてできないわ!ってことで3つすべて食べた上にさらに台湾館の小籠包も堪能した僕だった。きっと忘れているだろうからもう一度言うが、私は一日一食主義者だ。ってことで、台湾館で小籠包を食べた後にドイツ館でソーセージとビールを堪能した。

その後、インド館でチキンカレーとナンを食べた。モーレツに美味しかった。

その5分後、トルコ館でドネルケバブを食べた。吐きそうなくらい満腹になった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドテチンは今、何処?

早朝にどて煮を食べる心境が知りたくてわざわざ土鍋で煮込んで食べてみた。案の定、超絶品だった。関東くんだりにはどて煮はないらしいが、ちょっと甘めの赤味噌がやみつきになるのよ。ちなみに味噌おでんの場合は、具が入った鍋の中に味噌を入れて煮込むのではなく、取り出した具に味噌を塗って食べるんだ。ふと思ったんだが、なんで私が朝っぱらから土井勝の3分間クッキングぅ~をやらなきゃいけないんだ。どて煮で思い出したが、中学のとき『はじめ人間ギャートルズ』のドテチンをほうふつさせる1人の女子がいたので、ずっと「ねぇ、ドテチン♪」と呼んでいたら担任の先生から職員室に呼び出しをくらって説教された。私は親しみを込めて呼んでいたのに当人は傷ついていたようだ。こー言ってはなんだが、その程度のことでイチイチ凹んでいたら世の中、渡っていけんだろ。私の幼稚園時代のあだ名は、杉山フースケ18歳だ。今だったらドラマ『明日ママ』以上の大問題だ。でも私はこうして立派に立っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギンダラの夜

丁寧に磨かれたバーカウンターに時間を掛けて頬杖をついたナオミは「きついマティーニを」と言った。バーテンダーは「カクテルの味がわかるのか?」という表情を漆黒の闇に隠しながら小さくうなずいた。「ねぇ、ビタミンをヴァイタミンって言うのやめてくれない?どうせ山田詠美の受け売りでしょ」。ナオミはカウンターの上で腕立て伏せをするタツヤに言った。「ヴァイタミンCを飲んで筋トレすると大胸筋が大きくなるような気がするんだ」。タツヤは笑った。ナオミは「あなたのようにしっかりとした男がどうしてそんなにやさしくなれるの?」と小刻みに震える唇で訊ねた。「男はタフじゃなければ生きていけない。やさしくなければ生きている資格はないんだ。いいかい、タツヤの綴りはタフと同じく『T』から始まるんだ」。するとバーテンダーが2切れの焼き魚を差し出した。「これは?」とナオミが訊ねた。「岡庄のギンダラです。追加注文はネットでググってください。そう、『タフ』というキーワードでね」。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちらし寿司とどて煮とケーキと珈琲

西へドライブして気分転換をはかった。ちらし寿司とどて煮をご馳走になった。

とても美味しかったが、その後にケーキと珈琲漬けにされたので満腹だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筆舌に尽くし難いほど不味いマグロ丼

今夜の私は機嫌がいい。このハッピーを君たちにもチェルシーのようにあげると思ったら大間違いだ。ドブに捨てても他人には絶対にやらん。君たちと話しているとだんだん腹が立ってきた。今日は長女の誕生日だ。そこで効率良く生きる方法について話してあげた。これをプレゼントにすれば原価は0。だが、1億円以上の価値はある。どんな人間でも才能のキャパはみんな同じ。違うのはセンスだ。だから、才能を磨くという表現は間違いだ。磨くべき対象はセンスだけ。そのセンスは生まれ持ったものだから備わっていない人間はしょーがないんだよ。だが、才能という人間の分母はみんな同じだ。問題は、それを吐き出す手段を知っているかどうかの違いなんだよ。いくら溢れんばかりの油田があっても、それを汲み上げる手段やツールがないと結果は0だ。だから、勉強は30歳まで。それ以降は、それまで溜めたものを吐き出せば分相応に生きていける。「人間、死ぬまで勉強」と言うバカは、いつ吐き出すのだろうか。腕時計のベルトを調整してから岐阜タカシマヤの地下でマグロ丼を買った。ところが筆舌に尽くし難いほど不味かった。間違いなく二度と買うことはない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

味楽のネギ焼き(岐阜県岐阜市)

致命的なほどひどかった腰痛を完璧に施術した帰りに味楽へ寄った。

ボリューム満点のネギ焼きを冷えたビールとハイボールで堪能した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お城ナイト

中央青少年会館で岐阜城をテーマにした会合があるというので行ってみた。

純粋に城だけにテーマを絞った内容だったらもっと面白かっただろうと思った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加