地雷也の天むすときゃらぶきを食べながら夢について語ろう

地雷也の天むす最高!娘たちに名古屋の高島屋で買って来てもらったんだ。んだんだ。タカシマヤ友の会カードの残金が10万円もあるんだよ。明治時代なら愛媛県のひとつも買えたよね。で、今朝の投稿を読んだ五月病になりかけの新社会人から「夢がないじゃないですか!」という小生意気なメールが届いた。ふっ、月給20万円以下の小僧がナメた口きくんじゃねぇ。でも、30万円を超えたら何でも言うこと聞くからおごってね。じゃあ天むす食べながらテキトーに話そう。あのね、夢は見るためにあって叶えるためにあるものじゃないの。見えてはいるけど絶えず右手の中指から8cm先にあるため悔しいけど手に届かない理想が夢なんだ。一生懸命に手を伸ばして届くものは目標だ。必死に願って手に入るものは愛人からの贈り物だ。どーでもいいけど天むすに付いているきゃらぶき最高!今まさに、私にとってのキング・オブ・茶色だぜ。給料を得るために働くだけだ。要は、労働の対価として割り切れる奴が正しい社会人だ。