下手にしゃべるとボロがポロッと出る無意識の罪

昨晩のこの僕は大垣駅に近い『京輪鮨』で死ぬほど満腹だった。死なんかったけど。ハハハ、京都で豪遊していたイツメンから「帰りに京輪に寄るけど杉山さんも一緒に食べよ」とお誘いがあったぜ。そりゃそうだよね。僕がいなけりゃ何も始まらないもんね。だって、この僕だよ。この際、鬼門でも青春の門でも構わないので大垣くんだりまで電光石火で向かった僕だった。コロッと話は変わるが、昨日も突然「杉山さん、毎日読んでますよ」とわざわざメッセージを送ってきやがる愚か者がいた。この心理が君たちにわかるかなぁ~、わかんねぇだろうなぁ~ by 松鶴家千とせ風。ま、そいつにはそんな気なんてまったくないのだが、潜在意識の中に「この忙しい中、毎日毎日この私が目を通してやっているんだよ」という陰湿な心理が潜んでいる。それって上から目線でないと絶対に口にしない一言なんだよね。だから、5秒で削除してやったさ。そう、京都へ行かなかったからと「付き合いの悪い奴だなぁ」とイツメンから仲間外れにされなかった僕は強気だ。ハハハ、あなごが絶品だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする