お金のニオイがしているうちに手を打とう

ヒゲ専用トリマーだよ。本当は根こそぎキレイに剃りたい僕だが、一部のマニアが「アゴヒゲを生やしたらデニーズでランチをおごったる」と言うんでその気になった僕だった。でも、このトリマーってデニーズのランチより千円も高いがね。大和田(爆)。以前にも一番高額なフィリップスのトリマーを買ったけど3ヶ月で捨てた。ほら、僕って飽き性のくせに何でもカタチから入るから一番いいのを買っちゃうのよね。だが今回の僕は違う。「車はトヨタ、ビールはキリン、家電は松下」というウルトラハイパー保守派人間ゆえにパナソニック製を買ったった。幸之助、前回は浮気してゴメンね。午前6時、僕はヒゲを剃りながら一人の社長の顔を思い浮かべた。彼の発想が貧困なのは資金繰りが苦しいからだろう。発想と財布の中身は絶えず比例する。たしかに彼には「貧しいニオイ」がした。そう、それは末期症状だ。まだ「お金のニオイがプンプンしている」から「お金のニオイがしない」と言われ始めるまでに画期的な手を打たないと彼のような救い難い状況に陥るだろう♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする