2014年12月11日(木)一覧

奇人変人のいない夜

昨晩は狭い個室で密度の濃い忘年会だった。だが、できれば立って半畳寝て一畳レベルのもっと限りなく狭いスペースを心の底から望んだ僕だった。ほら、ごらん。加代ぴーと泉ちゃんと僕。もう明日でこの世が終幕してもいいと思えるくらいのベストメンバーじゃないか喜多君。いつもならプロパンガスを担いでくるバケモノとか鞄の中に大量の筆ペンを入れて持ち歩いている@『TVジョッキー』に出たら白いギターを5~6本は余裕でもらえそうな奇人変人ばっかなのに。昨夜の私は機嫌が偏差値86レベリー。はい、命がけの巻頭文はここまでです。ま、そー焼き餅を焼くな。どうせなら雑煮は正月に食いやがれ。そんなことより今、ふと思ったんだけど僕のヒゲ面ってどの角度から見てもエキゾチッカーでステキだよね。ほら、僕ってイタリア系フランス目ベルギー科クロアチア属だから。DNAは圧倒的にモンゴリアンだけど。ハハハ、エノモトぉ~。by『教師びんびん物語』のトシちゃん風。さ、熱いコーシーでも飲んできばぶ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットに見るコミュニケーション能力

今回は「ペットに見るコミュニケーション能力」だよ。「ペットを飼っている一人暮らしの女性は婚期を逃す」という都市伝説があるらしいが、島根県安来市のようなド田舎でも都市伝説と言うのだろうか。だから、そんなことはどーでもいいんです。ある企業がアラサー女性を対象に「飼いたい(飼っている)ペット」についてのアンケートを実施した。その結果、彼氏いない歴5年以上の女性が最も多く選んだペットは「鳥、ハムスター、猫」の順だったとか。思うに、手間がかからず世話が楽ちんだからだろう。鳥なんて自分の都合のいいときにだけ「ピーちゃん、可愛いでちゅねぇ~♪」と構っていればOKだし、エサ代もさほどかからない。そう、鳥の名前は昔から「ピーちゃん」と相場は決まっている。ところが一方、選んだ全員が彼氏持ちという究極のペットがいた。それは、「猿」。ちなみに、彼氏がいない女性で猿を選んだ人は0だったらしい。要は、手間のかからないものを好む女性と手間を惜しまない女性の違いだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成りたくない自分を思い描いてみる

昨日のヤフー!ニュースを読んだ僕は、8年前に知り合った生命保険のトップセールスマンを思い出した。彼は「セールスマニュアルには見込み客に話すべきことが書かれてあるが、本当に大切なのは話してはいけないことを絶対に話さないこと。そうすると相手のほうから食いついて来ますよ」と。うん、そうだね!でも、僕は話しちゃまずいことばっか話し続けて半世紀。正確に言うと話すんじゃなくて書くんだけど。そう、実際に僕にお会いしたら気の小っちぇ恥ずかしがり屋さんでびっくらこくぞ、この野郎。そこでだ、昨日のヤフー!ニュースには将棋の羽生四冠の強さの秘訣が掲載してあった。羽生四冠曰く、「こうすれば上手くいくというより、これをやったら上手くいかないということをいかにたくさん知っているかが大切です」と。未だに「夢を描け!」とか「成りたい自分を強く念じろ!」と猿のせんずりのように励んでいる奴が多いが、だからいつまで経っても猿のままなんだよ。超一流の人間は発想の視点が真逆だよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正しい相手の心の傷のつけ方

今回は「正しい相手の心の傷のつけ方」だよ。そうさ、僕は無闇やたらと暴言を吐いたり罵倒しているわけではないんだよ。ちゃんと相手を選び、またその相手のレベルに応じた心の傷のつけ方をしているんだよ。ハハハ、自慢することか?まあいい。まずは僕の罵倒に耐えられるかどうか相手のレベルを「100」か「0」かで判断する。それが51以上(過半数)なら「100」とみなし、49以下だったら「0」とみなす。「0」の奴は冗談が通じないし、暴言に耐え得るだけの体力がないので一切関わらない。そこで「100」の奴に対する「正しい心の傷のつけ方」を伝授しよう。僕は、それを言ったら「相手がどれだけ傷つくかちゃんと分かっている上で言う」ようにしている。それを把握していないで相手を傷つけたり、自分だけ助かろうと思って行うことは卑怯。仮に自分が同じ目に遭っても耐えられる範囲の口撃にとどめておくことが大事。すると、罵倒することによりお互いの心の傷が共鳴して100%仲良くなれるんだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

逆境ではなく順境に打ち勝つ

一昨日、長女が入籍した。杉山姓から出席番号が15くらい早くなった。そこで、昨晩は巨大なおでん鍋を囲みながら85万円以上の価値のある人生訓を語ってやった。それは「順境に打ち勝つ」という素晴らしい内容だ。この世の中、逆境に勝つ奴は腐るほどいる。どうしてだかその理由は分かるよね。そう、逆境に負けたら死んじゃうからだ。後ろが断崖絶壁の東尋坊に立たされたらさすがに頭の悪い奴でも落ちまいと頑張るよね。だから、君たちでも逆境に勝ってきた。負けた奴はあの世に逝ったからここにはいない。逆境とはそーいう状態を言うが、一方の順境とは「物事が都合よく運んでいる」境遇だ。だから、ちょっと成功した者が慢心し、傲慢になって落とし穴にはまるんだよ。これからの人生、落とし穴は無数に現れる。そーいう落とし穴やワナに引っ掛からないように絶えず注意を払い続けることが肝心だ。逆境に強い奴は、逆境になるまで手を打つことができなかった間抜けだ。逆境にならないように順境を生きることだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

限りなく0に近い商品価値

昨日、我が家に生ハムが届いた。誤解しないでほしい。だからと言って君たちに「日頃からお世話になっている杉山さんに御歳暮を贈りなさい」と催促しているわけではないので念のため。ただ、どーしても贈りたいという奇特な熟女&熟々女がいたら僕の個人情報を教えてやるのでメッセージを送ってくれ。この際、うだつの上がらん男でも構わない。そこでだ、宅配業者から手渡されたそれは高島屋の包装紙とタバコの臭いに包まれていた。生ハムが燻製になるところだったよ。贈り物というのは、その物自体だけではなく「手元まで届ける過程」も大事な商品だ。箱の中の商品に影響がないとは言え、相手がタバコの臭いで気分を害した時点で商品価値は限りなく0に近い。当然、お客様相談窓口に電話をかけて腹の底から罵倒してやった。この地域を担当する宅配員だけの問題ではない。逆に私が誰かに贈り物をしたとき、相手にこのような状態で届くと思うとやるせない。全国の宅配員に禁煙を厳命しろと烈火の如くド叱ってやった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異業種交流会は愚の骨頂

朝食はパンの耳を揚げたものだった。だから、僕は新荒田川の鯉じゃないんだから。当然、今朝の私は機嫌が偏差値23レベル。はい、今回は「異業種交流会は愚の骨頂」だよ。数々の異業種交流会の企画運営に携わってきたこの僕がおっしゃるのだから間違いない。さぁ、そこに集まっている連中の顔をよく見るがいい。彼らは「策がない」「打つ手が分からない」から集まっているんだ。稼ぐ方法、儲けの仕組みが分かっている優秀な奴ならそんな会合に出ている暇などない。孫正義やビル・ゲイツが異業種交流会に参加するとは到底思えない。自分で稼ぐ方法が分からない奴が1万人集まったところでそれは烏合の衆と同じだよ。チリはどれだけ積もったところで所詮、チリ。100%そこには「自分より優秀な奴はいない」と思って間違いない。ま、飲み友達を増やす目的ならOKだが、飲み友達にしてもレベルは低い。安い酒と互いの傷を舐め合って終わる宴なんて時間と経費の無駄遣いだ。チリは3m積もったところで所詮、チリ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「連れて歩くならコイツ」「生涯の伴侶ならアイツ」

今回は「人的TPO」のお話だよ。TPOとはTime(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)の略だよね。以前、ある女社長が「Sさんは美人なんだけど男運が悪くてねぇ」と女性社員のことを心配して言った。そこで恋愛コンサルタントも兼ねるこの僕が「Sさんは藤原紀香を目指すからダメなんだよ」と答えてやった。同性から見れば藤原紀香は魅力的だが、異性から見れば都合のいい女に過ぎない。多くの女優と浮名を流した歌舞伎役者の海老蔵がそれを物語っている。結局、結婚相手に選んだのは清楚を絵に描いたような小林麻央じゃん。異性から好かれたければ家庭的風な松嶋菜々子を目指すべきだ。世の美魔女と呼ばれる連中は同性から「キレイ」「ステキ」と言われて喜んでいるが、異性から見れば東山動物園のペンギンにも劣る。叶姉妹が好きな男など温水洋一の毛根の数より少ないだろう。「連れて歩くならコイツ」「生涯の伴侶ならアイツ」と時と場所と場合で振り分けられていないか要チェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一応、命の恩人カテゴリに入るかも知れない

「王様、お久しぶりです」「おぉ!博恵じゃないか。時枝あっちゃんと友達だったのか」「うふ♪だから、どことなく厚かましいでしょ?」「博恵、あなたって花屋は・・・」。象が踏んでも壊れない安藤博恵と5年ぶりに会ってランチを食べた僕だった。あれから早5年か・・・、できればあと30年くらいソッとしておいてほしかったのに。学生時代に僕の鬼門@大垣市で準ミスになった博恵には数々の問題があるものの、僕の命の恩人でもある。5年前、県庁近くにあったクリニックで手術が必要と言われた際に「王様、県病院でも診てもらやぁ」と勧めてくれた。結果、その医者は無用な手術で荒稼ぎして患者から訴訟沙汰になっていることが判明した。今では医師免許も剥奪されている。また、致命的な腰痛を治すべく現在も通っている治療院を紹介してくれたのも博恵だった。博恵、花屋だったら花に専念したらどうなんだ。もし君たちの体に異変が生じたときには博恵の店を訪れたまえ。きっといい病院を紹介してくれるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「できない」を3日間だけなくすこと

この秋に大幅に増床したイオンモール各務原に行った僕がいる。ひとつの文章の中に「に」が3つも挿入できてご満悦♪だから、そんなことはどーでもいいんです。イオンって楽しいよね。そこでだ、名鉄協商で働く友人から「このままだと百貨店はイオンどころかセブンイレブンにさえも負ける」と愚痴をこぼされたときに「え?とっくに負けてんじゃん」と答えて顰蹙を買った僕が困難を打開する発想法を教えてあげた。そのときの報酬は『矢場とん』の不味いトンカツだった。ちなみに、顰蹙は「ひんしゅく」と読んでこの僕でも書けないどころか真っ黒いカタマリにしか見えないから君たちも安心したまえ。「できない」を3日間だけなくすのさ。仕事であれ、日常生活であれ、どんな困難に直面してもクリアする策を強引に考えてノートに書き出す。とにかく紙面上では絶対に決着させる。4日目、その中から「頑張らないとできないこと」を捨てよう。すると3~5%は「頑張らなくてもできそうなこと」が砂金のように輝き出す。これを繰り返せばユニーには間違いなく勝てるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加