2015年10月31日(土)一覧

下記のホリエモンの名言の通り

ねぇねぇ知ってる?昨日だけど、ボーっとネットサ~フィンしてたら「本が売れないのは図書館のせい?」という記事を見つけたの。信じられるかい?説明しよう、大手出版社や安い作家らが「本が売れなくなっちゃうから新刊本の貸し出しを1年間だけ待ってよ」と図書館側に依頼するらしい。ハハハ、バッカじゃねぇの。そんなもん「スーパーの売上が減ったのはコンビニのせい」というのと同じだろ。開いたお口がふさがらねぇよ。そう、この僕は顎関節症だったのさ。ひ、左のアゴが痛いのよ。いいかげん、僕にもっと愛情を注いだらどうなんだ。大昔にこの僕は本を出版なされたが、当時の僕は編集担当者に対し「アマゾンで売る際は『なか見!検索』で全ページがタダで読めるようにしてほしい」とお願いしたものさ。ま、無理だったけど。いい作品は手元に置いておきたくなるもんだ。せっかく図書館がタダで宣伝してくれるというのに派手な帯やキャッチで読者をだましてゴミを売りつけるんじゃねぇ!って君たちも思うよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お前に俺の何が分かるんじゃ!

「こ、こんなに一生懸命に頑張ってさ、成果を上げてるのにさ、誰も認めてくれないのさ」と大泣きのM子さんに、この僕がタダでアドバイシーしてあげる。だから、認められてどうするの?誰かに認められるってことは、そいつと同じレベルってことだよ。昔、この僕が素晴らしいメルマガを発行していたとき「私も杉山さんと同感です!」って毎日のようにメールが届いたさ。でもね、僕は「お前に俺の何が分かるんじゃ!」と思ったものだよ。ハハハ、天才のスゴさはそこらの凡人には絶対に理解できないの。自己中心の自己満足が自己実現の鍵だよ。そこに愚かな他人が付け入るスキはない。ま、強いて言えば、「その成果」ではなく「その人の存在」が認められればOKじゃないの。そもそも第三者の存在自体を否定する奴は生ゴミ同然だ。だから、君が何を凹んでいるのか僕には理解できない。君はもっと努力しなきゃいけない。他人の目を気にして額に汗することを苦労といい、楽しいことを続けられるように励むことを努力という。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無反応のススメ

京都大学の総長も「英語は単なるツールで日本語で思考することが大事。英語が世の中の主流になると日本人のノーベル賞受賞者が激減する。日本語で勝負できないからと英語に取り組むのは愚の骨頂」と言った。以上、ニュースヘッドラインでした。サッサと今回は「無反応のススメ」だよ。特にネット社会の現代では「反応すること」が義務付けられているかのような窮屈さを覚えてならない。例えば、FBでも「せっかく私がタグ付けして投稿してあげたのに、あの人って何もコメントしてくれないわ」と言うバカな奴が多い。基本的に無反応と無視とはまったく違う。静観するのもひとつの手だ。たしかに仕事でも俊敏性を求められるが、瞬時に行うことは「決断」であって「反応」することではない。「決断」は自分の中で行うことで「反応」は外へ意思表示すること。したがって決断さえ早く行えば、反応を急ぐことはない。おそらく世の中のストレスの40%くらいは「早く反応しなければ」というバカげたものじゃなかろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男の子の育て方

今回は楠本プレゼンツ「男の子の育て方」だよ。国家機密レベルだが、我が家には2人の娘と1人の孫と27人の大奥軍団がいる。そりゃもうコレ(親指と人差し指で作る○)がかかってたまりませんがな。そう、僕の周りには物理的にすべて戸籍上の女性ばっかだ。女の子はね、「可愛い可愛い♪」と言って育てればいいの。商業高校をトップで卒業して地元の金融機関に勤めれば勝ちだ。すると楠本隆治は「男の子はどう?」と僕に訊ねた。きっと成績が悪くても大学には行かせるだろうね。子どもの数より大学の数のほうが多いからどっかには入れる。先日のドラフトで大人気だった高橋純平君は我が家と同じ中学校区だが、僕が親だったら進学させる。プロ野球選手は自分が社会人だという自覚は薄い。「学校を出れば社会人」という当たり前のことを理解していないと将来、必ず苦労する。未成年から成人へと移り変わる唯一無二の4年間に7つのテーマを与え、それらを見事にクリアーしたらどこでも通用できる男子になるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界を目指す愚か者

昨日はタカシマヤで開催中の大北海道展でわらび餅と粒あんの入った大判焼きとロイズのクッキーを大量に仕入れてから五星春香でランチを食った僕だった。以上、ご報告まで。今回は「世界を目指す愚か者」だよ。8年前、岐阜市内にある会社のS社長が「これからはグローバル社会だから世界に目を向けないと」と自慢げに言った。「グローバル社会」と「五郎丸やさかい」はちょっち似ている。地元を制することもできん奴が「よその地」を目指すことを正しい日本語で「逃避」という。あのね、ユニクロはジャパンを制したの。それから世界へ行ったの。ジャパンどころか岐阜県、もっと言えば岐阜市も制することができない企業が世界を目指してもパスポートをスタンプラリー帳にするのがせいぜいだ。バブル真っ只中の頃に小銭を稼いだアパレル会社が真っ青に見えた隣の芝生の不動産業に手を出した構図とどこがどう違うのだろうか。その結果、み~んな根こそぎコケたよね。場所を変えるのではなく、方法を変えるのが正解だよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「運命の女神は強き者を助ける」の「強き者」とは?

昨日は、今年の3月からFBの友達になったけど実際には3回しか会ったことのない僕のカタチだけの大親友の古田星人の和食店@まほろばで結衣ちゃんのお食い初めが催された。ま、今回で会うのは4回目なのでもう彼と会うこともないだろう。古田星人、我が家の歴史的な一大イベントの舞台として君の店が見事に選ばれたんだ。本当に君って笠松一の幸せ者だね。ゴメンね、岐阜一までにする力がまだ僕にはなくて。ほらごらん。手作りのアンパンマン&バイキンマン帽子だよ。そして当然だけど味噌汁は赤味噌で塩焼きの鮎は子持ちだよ。7ヶ月ぶりにヒゲを剃ったら寒くてたまらんがね。この席で名実共にバイキン野郎のこの僕は「運命の女神は強き者を助ける」という格言について語った。駅のベンチで寝ている怠け者をわざわざ起こしてまで運命の女神は列車に乗せてはくれない。ちゃんと乗車位置の前で並んでいる者だけをハッピートレインに乗せてくれるのだと。「強き者=絶えず準備が整っている者」。そのことだけは教えてあげたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実録・出向先の愉快な人々

今回は「実録・出向先の愉快な人々」だよ。これを2つの側面から見てみよう。1つ目は親会社から子会社へ左遷された場合。その原因の多くは「仕事ができない」「病気(主にウツ)を患った」「全国転勤を拒否した」のビッグ3に集約される。で、側面の2つ目は最初から子会社に入社した場合。そう、いくら左遷先の子会社とは言え、新卒者にすればそこに入ることも至難の業なんだよね。そこで今回は「右も左も変なのばっかじゃん」とお嘆きの新卒者に向けてのエールだよ。君たちね、人生は上を見たらキリがないんだよ。とにかく見下(くだ)す、見渡す、見極める。また、決して同情も同化もしてはNGだ。ちょっと離れた安全地帯から俯瞰して、彼らはそーいう生き物なんだと割り切ることだ。たしかにハキダメのような場所ではあるが、ある意味、これだけ粒揃いの豪華メンバーもなかなかお目にはかかれない。そー思えば、旭山動物園には負けるかも知れないが、何の策も知恵もない上野動物園よりは間違いなく楽しめる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医者と弁護士と旭化成建材以外に捧げる中途半端のススメ

国宝級の肩凝りで頭がボーっとしていたら「ピコン」と電子音が鳴ってメールが届いた。その件名には「どうせ貧乏でしょ?彼氏になってよ」と書いてあった@ほんの一瞬だが、「ま、それもありかなぁ」と思ってしまった杉山です。最後に行き着く先はそこかもね。スパムメールに新たな希望を見出した今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。さ、今日もテキトーに行きましょか。今回は「中途半端のススメ」だよ。みんなというか特に日本人は一生懸命に頑張ろうとするよね。いいかい、老化防止のDHAにしか興味がない君たちがどれだけ頑張ったところでGDPには1ミリも影響はないんだよ。死ぬ気で頑張らなきゃいけないのは、人の生命と財産に関わる医者と弁護士と旭化成建材だけだ。それどころか、君たちが変に頑張るせいで逆に周りに悪影響やご迷惑をおかけする場合のほうが多いのではないだろうか。何でも闇雲に頑張ればいいってものではない。方向性を見定める力のない奴は中途半端なままがお国のためだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

で、死ぬこと自体は本当に怖いのだろうか?

昨日の僕は近くの公民館で健康診断を受けたった。そう、岐阜市が無料で肺がんと結核の検査をしてくれて大腸がん検査の無料クーポン券まで送ってくれたんだ。岐阜市最高!!でもって、そこで懐かしい同級生に遭遇した僕だった。彼はすっげぇやつれていたねぇ。それまでエリート社員だった彼は47歳の春に出向した。僕、出向は大いに賛成派なのでそれについてはそのうち話そう。「杉山、死にたくなったことあるか?」「ない。誰かを殺しても自分を殺そうとは100%思わん」「お前は幸せだな」「うん、よく言われる」「俺に何かアドバイスしてくれよ」「タダで?僕は死ぬことが怖いとは思わない。だけど痛いのは嫌。で、死ぬことは本当に怖いのだろうか?真の恐怖の対象を考えると『何かを失うことが怖いだけ』に到達する。死ぬ行為自体より何かを失う瞬間が怖いだけ。だから何もない奴に恐怖はあり得ない。お前はもっと大切にするべきものが他にあるのに仕事に依存し過ぎだ。死ぬことが怖いと思ってるうちが華よ」。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第3回『ひろ散歩』@山中城と熱海界隈

皆さん!最近歩いてますかぁ!?散歩っていいですよ!さぁ散歩に出かけましょう!ってことで第3回の『ひろ散歩』だお。大変申し訳ありません。ぺんてる筆ペン(中字)を持って行くのを忘れたので文化財級の絵を描けませんでしたがね。ゴメンね、また次回ね。そこで僕が訪れたのは静岡県三島市の山中城と第二の故郷の熱海だよ。ちなみに「ママ~、ずゆりめんばぁ~♪」という出だしが懐かしい映画『人間の証明』のテーマを歌ったのはジョー山中。さらにちなみに、僕の第二の故郷は全国各地に37ヶ所もある。あのさ、僕が中学生のときに国語の授業で川柳のコンテストがあったんだよ。そこで僕は「両の手を 伸ばせど届かぬ 初島の ため息遠く 冬夜の熱海」という句をひねった。案の定、人気投票はダントツの1位だったんだけど先生が「恋愛ものはあかん」と言って落選した。僕は山口百恵のマイクの如くペンを置くとキャンディーズのように「フツーの男の子で一生を終えたる」と泣いた。中学の教師って若い才能の芽を摘む天才だね。絶対に忘れねぇ。そんなことより、さぁ歩こう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加