2015年11月30日(月)一覧

ザ・魚寅

「ねぇ、昨夜のオリオン座だけど見た?」助手席の彼女は小さく笑みを浮かべながら横顔でつぶやいた。「いや、僕は鳥目なんだ。おまけに頸椎ヘルニアで首が上がらなんだよ」僕はアクセルを強く踏み込んだ。2分後、関ICから東海北陸自動車道を北に向かった。しばらく走ると右手には紅葉の山々が、左手にはもっと紅葉の山々が現れた。そのとき僕たちは徹夜踊りが唯一の自慢@郡上八幡の扉を開いたのだった。ってことで、気晴らしにドライビーに出掛けた僕だった。でもね、僕って飽き性だから車の運転も片道1時間半がやっとなの。「あー、運転どころか呼吸するのも面倒臭ぇ」と大胆な独り言をつぶやいていたら一軒の鰻屋を発見した。そこは日本生命ビルを左折したメインストリートを3分の2か5分の3くらい進んだ辺りの右手にたたずむ魚寅だった。「邪魔するよ」とのれんをくぐる僕。「だったらお帰りください」と三代目。「こ、この僕だよ!」「どの僕よ?」ってことで、すっげぇ美味しい鰻を堪能した僕だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

友だちの友だちにろくな友だちはいない法則

ここ2週間ほど筆舌に尽くし難いくらい肩凝りが激しい杉山です。個人的には筆舌よりも悶絶のほうが大好物。バカ。そこで君たちに質問だが、モーレツに激しい肩凝りのせいで歯茎から血が出たことはないだろうか。僕は一度もない。それどころか、そーいう特殊な特技を持った連中とは関わり合いたくない。今回は「友だちの友だちの話」だよ。FBのようなSNSが安い世間に氾濫すると「えッ!君ってK君の友だちだったの?僕も彼とは20年来の付き合いなんだよ」とか言って1分前までは赤の他人だった奴がさも親しげに近づいてくることがある。ハハハ、君たちにも身に覚えがあるよね。しかしだ、それまで0%だった関係が一気に50%を超えることは絶対にあり得ない。それどころか、むしろ「友だちの友だち」にろくな奴はいない。君たちが「この人はK君の古い友だちだから」と勝手にK君を連帯保証人にしているに過ぎない。当然、当のK君にはそんなつもりなどカケラもない。友だちの友だちは、真っ赤な他人だよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝、ご無事に目が覚めただけで大成功!

さぁ、今回は昨日のテレコンの続きだよ。生意気にもそいつはこの僕に対して「あなたの人生の目標は何ですか?」と聞き返してきた。君ね、その上から目線で放った「あなた」という言葉だが、小坂明子の歌じゃないんだから「杉山さん」と呼べよ、この野郎。ま、今回だけは許す。この僕の人生の目標は14年前から「毎日、生きる」だ。それ以上でもそれ以下でもない。もっと言えば「日々淡々と生きる」。それゆえに「朝、目が覚めれば大成功!!」だぜ。この僕のことが大嫌いな3792人の諸君!今日もご無事にお目覚め遊ばせちゃってゴメンね。ハハハ♪ハウエバー(しかし)、この僕は病的な飽き性なんでときどき生きること自体が面倒臭くなるの。そのため、楽しい時間とか悲しい出来事とかツラい口内炎などというイベントをトッピングしてごまかすのさ。そう、「楽しい」とか「悲しい」とか「ツラい」などという感情は生きていく上でのトッピングにしか過ぎず、そのときの気分に応じてふりかければいいだけのこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なりたい自分 ~お前はすでにお前になっている

「どーしても!」と懇願されたので、超破格の報酬で約5年ぶりにテレコン(テレフォン・コンサルティング)をやったった。その際に相談者は「なりたい自分が分からない」と言った。そんなもん鏡を見ればいいがね。この僕には「なりたい自分」の意味がまったく分からない。なりたいもなにもこの僕は杉山弘道として岐阜県は美濃市でご生誕してから半世紀以上もずっとそれを貫き通していて、今後も杉山弘道以外になるつもりもなければそれ以外になれるとも思っちゃいない。だから、そいつの言う「なりたい自分」の意味がまったく分からない。杉山様検定試験3級レベルの設問3に「生まれ変わったら杉山様は何になる?」というのがあるが、それと同じレベルの問い掛けなのだろうか。ちなみに、その答えは「太平洋を悠々と泳ぐジンベエザメ」が正解で、単なる「ジンベエザメ」では減点対象となる。「やりたい仕事」だったら分かる気もするが、なりたいもなにもお前はすでにお前になっている。じゃあ、この続きは明日ね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我欲の線引き

「世界遺産」と聞くより「国宝」と聞いたほうが重みを感じるのはカレイの目の位置より右寄りの思考を愛する保守派のこの僕だけだろうか。さ、股関節の調子が今ひとつなんで5分で書き上げるね。今回は「我欲の線引き」というウルトラC難度の話だお。この僕の知り合いのクリーニング店の社長は、すっげぇ儲かっているのにプリウスに乗っている。あ、今、大垣のあっちゃんのことだと思ったでしょ。君ってイチイチ高木ブー!彼の店はそんなに儲かってないの(ToT) 話を戻そう。クリーニング店って究極のエリア商売だろ。それなのに我欲に負けてベンツに乗ったらご近所の客が「私の洗濯代で買った車よ」って絶対にそー噂するんだ。「そんなんじゃ買えねぇよ」という常識が奴らには通用しない。だから、何気に小賢いクリーニング店の社長はまずクラウン以上には乗らない。ところが逆に「7年前のアルトに乗っている内科医」を見たらどう思う?「予防接種のワクチンも7年物かしら?」って奴らは絶対にそー噂するんだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたと私の反りが合わないその理由2

今日も僕、生きてる!ハハハ~♪ってことで、昨日のお約束どおり今回は「あなたと私の反りが合わないその理由2」をお届けしよう。昨日は「次元が違う」「カテゴリが違う」「フィールドがちゃう」という3つの要因をタダで教えてあげたよね。いいかげん、この僕にお金を払ってもバチは当たらないんだよ。仮に上記の3つをクリアーしたとしよう。それなのに「な~んかあいつとはペースが合わないなぁ」という場合があったとしたら、それは「逆算型」と「順算型」の違いだろう。前者は「目標から逆算する発想」、後者は「現状から目標まで積み上げて行く発想」だ。具体的に言うと、君と僕が「12月1日の午後3時に名古屋駅の金の時計前で会う」と約束したとしよう。この僕は12月1日から逆算して、それまでにやるべきことをザッと拾い出して考える。ところが君はと言えば、11月25日の今日からやれることをやろうと頑張る。だから、当日になってバタバタと慌てて15分も遅刻するハメになるんだよ、この野郎。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたと私の反りが合わないその理由1

今回は「あなたと私の反りが合わないその理由1」だよ。ってことは、明日は「あなたと私の反りが合わないその理由2」の予定だよ。それまでこの僕が生きていればの話だが。これまでにこの僕は、相手と上手く意思の疎通が図れない原因を「周波数が合わない」や「日本語が通じない」という21世紀に残したい経営用語ベスト5348位に入る名言をおっしゃったが、さらに別の角度から分析した原因を今回もタダでおっしゃってあげる。それは3つあり、重い順に「次元が違う」「カテゴリが違う」「フィールドがちゃう」となる。こっちは三次元の金宝町3丁目にいるのにあっちは四次元の神田町2丁目にいたら話すことすらできん。こっちは哺乳類に属しているのにあっちのカテゴリは魚類だったら川や海でしか会えん。それにできれば僕は淡水がいい。こっちはナゴヤドームにいるのにあっちはド田舎の岡本球場にいたらキャッチボールをするにも直線距離にして30キロの大遠投となる。どれも決して不可能ではないが無理だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学歴社会を否定することのできる権利

「ねぇねぇ香水、セドラに変えたんやよね」と向かって右側の気持ち悪いほうが言うので「だ」と最短の言葉で返すと「嗅がしてよ」と鼻を近づけて来たからさらに気持ち悪い。粉々に砕いた大量のセデスを鼻の穴から流し込んだろか。ってことで、昨日は泉ちゃんと上記の気持ち悪い以下同文女とご一緒に山本屋本店の味噌煮込みうどぅんを食ったった。その45分前、ボーっと口を開けながら暖かい早春の真っ昼間に多く出没する危なそうな連中のようにニタァ~と締りのない顔で歩いていたら野村證券の前で同級生と遭遇した。「おぉ!ダーリン(※1)、久しぶり」「だな」と2番目に短い言葉で返した。(昔話が続くので中略)「この辺りは店が閉まって塾ばっか建つよ。学歴社会っておかしいよな」「え?お前って京産(※2)だろ?」「だよ」「学生時代にろくに勉強もしなかった奴に学歴社会を否定する権利は1ミリもないぞ。俺、名城だから絶対に否定できないんだ」。それを主張することができるのは東大法学部卒だけよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

徹底的にやることやってから愛を語りなさい

昨晩、今さらながら『スティーブ・ジョブズ最後の言葉』に超感動した!というT君からメールが届いた。T君は「やっぱ愛が一番だね」としみじみ語り、ご丁寧にその全文まで送ってくれた。『スティーブ・ジョブズ最後の言葉』を簡略すると次のとおりだ。「私はビジネスの世界で成功の頂点に君臨した。しかし仕事以外では喜びが少ない人生だった。十分な富を積み上げた後は、富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い。終わりを知らない富の追求は人を歪ませてしまう。物質的な物はなくなってもまた見つけられる。だが、一つだけなくなってしまっては再度見つけられない物がある。人生だよ。命だよ。あなたの家族のために愛情を大切にしてください。自分を丁寧に扱ってあげてください。他の人を大切にしてください」。だからさ、スティーブはさ、ちゃんと「私はビジネスの世界で成功の頂点に君臨した」とか「十分な富を積み上げた後は」とか言ってんじゃん。T君もそこまで徹底的にやることやってから愛を語れ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便乗する人々

還暦を過ぎたある会社の社長が「この年になると誰も叱ってくれないから新たな気付きがまったくない」と嘆いていた@この年どころか藍川中学時代に「僕を叱ったらバチが当たると思います」と先生に言ったことがある杉山です。叱られたり嫌な思いをしないと手に入らないものなら純金でも要らない。僕って必要以上に褒められて伸びる新しいタイプの哺乳類なの。さぁ、今回は「便乗する人々」だよ。例えば、スポーツ選手や芸能人などの著名人が感動的なことを言ったとしよう。すると必ずと言っていいほど「同感です!私も常々思っていたことだから、共有の思いをシェアします」ってな類の厄介な人種があっちこっちから現れる。君ね、簡単に「同感」と言うけどね、たまたまいい話を聞いて「あ、それいい!」と思っただけじゃん。たしかに辞書には「同感=同じように感ずること」と書いてあるが、この僕は「同感=同じ価値観」だと確信している。それに常々思っていたことなら、とっくの昔に自分の言葉で語っているだろ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加