2016年06月29日(水)一覧

一生勉強&死ぬまで修行@寿命が300年あったらね

僕、お尻が軽い人って嫌いなの。でも、必要以上に肉付きのいい物理的にお尻が重い人はもっと嫌いだけど(大和田爆)。先週の金曜日、次女と岐阜駅構内の三省堂へ立ち読みに行ったら中年のサラリーマンが「一流の勉強法」と書かれたプレジデントを読んでいた。すると次女が「まだ勉強するんだね。みんな大変だね」と小声で言った。「学生の仕事は勉強しかないとパパが言うのはね、人生の選択肢を増やすためなんだよ。でもね、いい年こいたおっさんが勉強するのは頭が悪いからだよ」とそこそこの音量でパパは答えた。「しーっ!聞こえるって」「うん、聞こえるように言ってるの。一生勉強、死ぬまで修行と言う奴はよっぽどのヒマ人かすくいようのないバカ野郎だから勉強するんだよ。まともな大人だったら働いてるもん。あと20年も生きないのに何やってんだろうね」。その後、父と娘は隣のスタバでなんちゃらチーノを飲んだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンダードッグ(負け犬)効果とは

さ、今回は「正しい負け犬教育法」だよ。参院選挙が近づいてきたが、確実に当選すると思われる候補者でも絶対に「最後の最後まで分かりません。よろしくお願いします!」と慎重なのはこれがあるためなんだ。例えば、君がキュウリを店頭で売りさばくとしよう。「○○県産のとっても美味しいキュウリです」と力説するより「発注単位を一桁間違えて仕入れちゃいました。今日中に売り切らないと店長に殺されます!」と頭を下げたほうが確実に売れる。これを「アンダードッグ(負け犬)効果」と言うんだ。要は、同情を買うやり方さ。これで前述の選挙の話とリンクするよね。「どうせAさんは当選確実だから、可哀想なBさんに入れてあげよう。ま、僕の一票なんか大したことないしね」と何万人が思ったらどうなる?特に慈悲深い日本人は不利な状況にある奴に手を差し伸べる。これを子どもの教育に活かすんだ。父親を見て「あーいう立派な人間になりたい」よりも「あーなっては身の破滅」と思わせた方がインパクトは無敵!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グラスの底に顔があったら噴き出すじゃないか!

ハハハ、昨日は江戸の端っこの方だったけど今日の僕はちょっと違うよ。そうだよ、ド真ん中だよ、この野郎。YDK杉山。そう、やればできる子の杉山君。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次回はマムシと熊がいない時季を狙って攻めたい八王子城

6月14日午後1時27分、僕のスマホが鳴った。この半年間でいつもの5人以外からは掛かったことのないスマホに見覚えのない番号の着信があった。それは「杉山さん、私はあなたから多くのことを学ばせていただきました。お礼がしたいので十六銀行本店に来ていただけませんか」という初老の男性の声だった。その35分後、僕は十六銀行の本店でその男性から30万円の小切手を手渡された。だから、そんな夢を見た。寝苦しい夜って僕を詩人に変えるのね。ある老舗旅館が時代の流れに合ったスーパー銭湯も経営しようとしたら常連客たちから一斉に非難を浴びた。常連客たちにすれば江戸時代から続く有名な和菓子屋がシュークリームを売るようにでも思えたのだろう。だが、客、中でも常連客はすっげぇ「てめぇ勝手な生き物」なんだよ。奴らの言うことを鵜呑みにしていたら確実に潰れる。自分の快適さを求めるのではなく、その旅館が心地良く(順調な経営)なるよう陰で支え、それを心地良いと思うのが本当の客だろが。

ってな感じにムダに熱く力説したこの僕は、今から江戸の端っこの方に向かいます。ちゃお!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


あなたは何人?

はい、今回は「あなたは何人?」だお。有罪となった清原だが、薬物に手を染めた理由を「野球しか知らないから引退後が不安だった」と語った。これでいかにPL学園と西武が大罪を犯したかがよく分かるよね。野球さえやっていればいいと授業中は爆睡させていた学校、昨日まで高校生の小僧を好き放題にさせた西武が無能だからこんな結果になった。桑田のようにすでにスーパー高校生なのに朝練の後もマジメに授業を受けてノートをとるまともな人間は1万人に1人だろう。当時から「野球人である前に社会人」と言い続ける野村克也監督が清原の上司だったら今頃、彼は・・・。最初についた甘やかし放題の監督はどこのどいつだったっけ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加