2016年09月28日(水)一覧

仲の良い友人と縁が切れるその理由

カレーを食うときに「ルーを手前にするのが正解か?いやいやライスだろ、ううん右だ左だ」といつも悩んでいる杉山です。ちなみに、ルーとライスをかき混ぜて食うなどという愚行は、例えそれが鈴木杏樹でも許せません。はい、モーレツにデブな君たちでも一気に食欲が失せる巻頭文はここまでよ。今回は「仲の良い友人と縁が切れるその理由」だお。先日、藍川中学時代の同級生から「親友の○○がリストラされたんで、うちの会社に入れようと思うんだけど、どう思う?」と相談された。ハハハ、安易で分かりやすい男だぜ。君はこの僕の同級生ランキングで最低ランクのGに格下げだ。それまでは「○○の優しい性格がいい」「一緒にいるだけでホッとできる」という感じで相手のいい部分しか見えていなかった。だから「○○は親友だ」と錯覚したんだよ。そう、そんなものは錯覚にしか過ぎない。その証拠に、一緒に仕事を始めると「○○の優柔不断な性格が嫌い」「一緒にいるだけでイラつく」と、いい部分が真逆に変化する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日も今日も明日も「今日だけ頑張ろう」と思えばいいの

できないことに挑戦する勇気より、できることを日々淡々とこなす作業のほうが圧倒的に上だろ。そんな当たり前のことも分からずに、よく今までご無事に生きてこれたもんだと感心するぜ。そうだよ、スマホ(ガラケーは除く)片手のお前のことだよ。はい、今日もモーレツにご機嫌な巻頭文はここまでです。それがビジネスの世界であれプライベートの時間であれ、「勝った」「負けた」とイチイチ一喜一憂する君たちってつくづく安っぽい哺乳類だね。この僕と言えば、中学3年の頃から「朝、目覚めただけで勝ったも同然」と本気で信じているから遡って18996日間、無敗さ。そう、勘の良い奇特なあなたならもうお分かりだけど頭が悪い危篤なあなたは気付いていない。先週はこの僕の誕生日だ。心のない僕が心の底から言おう、「おめでとう」という言葉だけなら要らない。君たちはまだ見ぬ将来や明日に向かって頑張ろうとするから嫌気が差すんだよ。今日だけ頑張ればいいの。明日も「今日だけ頑張ろう」と思えばいいの。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申し訳ない程度の松阪城

詳細は後日ね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤木城と城ではない鬼ヶ城

この僕の誕生日だというのにいつもの細野あっちゃんと2人で一泊の旅に出た。ザッと画像だけ貼るので詳細は後日ね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木哲太ではない遠方の客人と鰻を食べて熱田神宮で参拝した一日

君たちは鈴木哲太を知ってるかい。この僕の大学の後輩という画期的な事実だけで「杉山センパイ、友達になってください」と執拗に迫ってくるけど1円も払ってくれんから無視してる(大和田爆)。哲太君さ、網中教授の憲法の授業で教えてもらわなかったのかい?世の中、お金だよ。そこで今回は「鈴木哲太が税理士試験に受からないその理由」だお。税理士試験とは数種の税法科目の中から5つ合格すればOKという、きょうびでは珍しい既得権の権化のような試験だ。おそらく哲太は休日や会社帰りに大原簿記やTACという専門学校に通っているだろう。そこで「今年はココが出る」とか「試験会場はエアコンが効きすぎるから上着が必要だよ」という他の受験生からのアドバイスを「なるほど♪」と目を輝かせながら聞いているに違いない。でもね、そいつらって受験回数が2桁近い「落ちるベテラン」だろ。落ちるベテランから得るものなんて忍耐力だけじゃん。試験を取り巻く環境に詳しい連中との交流ほどムダなものはない。

名鉄百貨店本店の9階にあるまるや本店でリッチ・リッチャー・リッチェストのひつまぶしを堪能した。その後、熱田神宮で参拝するとアスナル金山で軽く一杯飲んですっげぇいい気分になったった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



「商道徳」は弱者のたわ言

おはようございます。今回は超ビジネスチックな内容なので杉山弘道君に代って僕、断突太郎がお届けします寿司は富山の扇一が超絶品!おっといけねぇ、弘道が出ちまったぜ。今回のテーマは「そこの君、いったい誰の何を気にしているのですか?」でございます。原価80円のTシャツに1万円の値札を付けることは1ミリも悪いことではありません。世の中に利息制限法はあっても利益制限法は存在しません。「暴利だ!」と罵られても、それを言うのは1万円だろうが80円だろうがまったく買う気のない人です。買う人は、きっとそうは申しません。買わない人の意見を気にして買う人を逃すことほど愚かです。「教祖様の念が入っているから」と何百万円もする掛け軸を買う信者はたくさんいます。利益(りえき)ではなく、ご利益(りやく)と思えば、1円でも多く取ってあげることが功徳につながると思いませんか。そうです、人間は考え方ひとつでどうにでも行動が変えられるのです。人間性や性格は絶対に変わりませんが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

快速みえで大好きな鳥羽へGO!

途中下車して二見浦を散策するつもりが「やっぱや~めた♪」という感じでそのまま快速みえ3号の終点@鳥羽まで行った。鳥羽一番街の天びん屋で海鮮丼を食べたが、以前と同じく今ひとつだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加