あの吉野ヶ里、この吉野ヶ里、その吉野ヶ里

イメージ的には最も遠いと感じていた吉野ヶ里を快晴の下、訪れた。城うんぬんではなく何気に感慨深い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする