2017年03月31日(金)一覧

アンリ・シャルパンティエのWチーズケーキを見て思う

JR名古屋タカシマヤの地下で買ってきたアンリ・シャルパンティエのWチーズケーキを食べた。この学校給食で供されたハチミツのチューブの形状が懐かしい。黄金に輝くWチーズケーキを見るたびに「これが田中貴金属の純金積み立てでたまった金塊だったら・・・」と思う僕がいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文化のみちで大正ロマンをご満喫

雑誌『ノジュール』で目にしてから行きたくてたまらない衝動にかられた文化のみちを満喫した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレスフリーの生き方

さ、今回は「ストレスフリーの生き方」だお。そもそもストレスとは心に異物が付着して発生するものなのよ。だから、バシッと削りまくれ!この野郎。ポイントは、身の回りで使用するものは軽さを優先すること。身も心も重くなると絶対にツライし長続きしない。だから、ぜい肉を取る。友人を切る。思い出を捨てる。使っていない資格も更新しない。さらにニオイで選ぶ。音で選ぶ。不快な着信音を変える。デザインで選ぶ。重量、嗅覚、聴覚、視覚の順番で快適を追求しまくる。とにかく削る。削った後に残ったものが本当に必要なものっちゅうこっちゃがな。で、本当に必要なものだけに囲まれて過ごす人生ほど心地良いものはない。100円ショップで買ったものは3回使ったら捨てる。身の回りに置くものは常に快適で最高のものしか置かない。友人も日用品も「いいものを末永く」がモットーさ。「縁を切った人と偶然、町で会ったら・・・」と心配する君、それはバロー領下店の宝くじ売り場で5億円が当たる確率より低い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サクッと彦根城

飽きるために2時間以上の運転が何気に苦痛なこの僕だが、サクッと彦根までドライブを楽しんだ。そろそろ免許でも返上したろかしゃん。やはり彦根城。いいですねぇ~・城下町は金曜日の折り込みチラシのようで安っぽくて嫌いだが当然、彦根城の縄張りは大好物だ。この後、お隣の長浜界隈までサクッと足を伸ばした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱり「ご飯とキャベツのお代わりください」とは言えない

先月のことイオンモール木曽川店、通称キリオ内にある『和幸』で「とんかつエビフライ定食」を食べた僕は「ご飯とキャベツのお代わりください」と言えなかった。そこでイオンモール各務原店、通称ミッパラ内にある『和幸』で「ひれかつ鍋御飯」を食べた僕は案の定、言えなかった。それ以前に満腹で五臓六腑に水すら入る隙もなかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自信と過信

世の中にスマホが普及して最も儲かった業界は半導体などの精密機器メーカーではなく、町のメガネ店。この際「真夜中にスマホを楽しもう!」というキャッチコピーで世界中にド近眼を増殖させたらどうなんだ。そんなビジネスチックな会話を同級生と楽しんでいた昨日の夜。「成功する人ってどんな奴?運がいい奴か?」「それプラス自信がある奴だ」「Aみたいな奴?」「あいつは自信じゃなくて余裕があるんだよ。これから形にするのが自信で形になったものが余裕だよ」「ほう、じゃあBだな。あいつは自信満々だもんな」「いいや、あいつは確実にコケる」「ん?なんで?」「周りの人間が“自信満々だね”と見て分かる奴のそれは自信じゃなくて過信だ」「そうか?」「んだ。何の根拠もないのに自信に満ち溢れているから、それが周囲に悟られるんだんだ。本当に自信のある奴はね、はた目には分からない」ってな感じで玉宮界隈の居酒屋で偉そうに語っていたら吐き気を催した僕だった。自信って寡黙の中でしか育たないの。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下呂温泉 ~現在進行形のクチーナ・オルセッティーナ

最後のパストールのお湯にも存分に浸かったらお肌がトゥるットッるになったのは気のせいだろうか脂のせいだろうか。だから、そんなことはどーでもいいんです。そこで、下呂を訪れたときは10回に7回の割合でお世話になっているクチーナ・オルセッティーナのランチを満喫した僕たちだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下呂温泉 ~最後のパストール

下呂温泉の高台にあるホテルパストールがこの3月末日で幕を閉じる。随分とお世話になったものだ。そこで、温泉に浸かって思い出に浸るため杉山家総出で訪れた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人脈うんぬんとチヤホヤされていたのはバブル全盛期

芥見幼稚園ひよこ2組で「ひろみちく~ん」と長谷部先生に呼ばれていた当時から自宅の裏で迷子になって大泣きしていたくらいの方向オンチのこの僕だから、そのうちグーグルマップがないと岐阜駅にも行けなくなるかもしれない@もし君が親切な岐阜市民ならば、そこらで徘徊しているこの僕を見つけた際にはそのまま放置プレイを楽しまないでね♪と懇願するひろみちく~んです。「あ、それ知ってる」「うん、彼は友達だよ。FBで」と自慢する間抜けって多いよね。でもね、「知っている」や「つながっている」がスゴイと思われたのはバブル全盛期なんだよね。その時代って知識を得るにも人脈を構築するにも大量のお金と膨大な時間が掛かったんだよ。それが今ではネットでググればにわか知識は得られるし、1クリックで誰とでもつながることは可能だし。まぁ、今がいい時代というよりつくづく安っぽい世の中になったものだと嘆く僕がいる。ってことで、たとえそれが知っていることであっても、古くからの友人だとしても

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、気に入っている高速バス旅 ~越中八尾編

前々からすっげぇ興味があった富山市ガラス美術館を満喫した。その後、さらに興味のあった越中八尾を訪れた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加