2017年07月27日(木)一覧

ラッキー×ハッピー=城めぐり in 福山城

時間の都合上、鞆の浦はちょっと無理なのでまた次回の楽しみにとっておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラッキー×ハッピー=城めぐり in 途中下車の姫路

健康診断の結果、すぐに心臓の精密検査を受けるようにと脅されたため2万円も支払って県病院で心電図や血液検査や心臓に造影剤を投与しながら大掛かりなCT検査を受診した@昨日、結果を聞きに行ったら「まったく正常ですよ」と言われた弘道君です。「でも、たまに息苦しいんです」「心臓は無関係です」「ひょっとしたら不特定多数から理不尽に恨まれたり憎まれたりしているのでその呪いでしょうか?」「・・・」。ゴメンね、変に長生きしそうで。ハハハ、君たちの呪いなど2万円程度のものだぎゃ。どうせなら200万円くらい呪ってみやがれ、この野郎。で、病院の待合室にはいろんな人がいるね。そのとき大昔に見たテレビ番組を思い出した僕だった。「あなたにとっての大金は?」という質問に「200万円」と街角の主婦は答えた。するとスタジオの横山やっさんは「それ、ワシの一年間の床屋代やがな」と笑っていた。現世には幸せも不幸もない。200万円を拾ってハッピーと思う奴はいない。それはラッキーだ。だから、そんな小難しい話はどーでもいいんです。そんなこんなで福山城へ向かった僕は、姫路で途中下車すると粒あんがぎっしりの熱々のたい焼きを頬張った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さすがにピラニアよりは2センチ以上、美味だった

ある程度の時間的余裕があり、さほどやるべきこともないときはアクア・トトに行くことをおすすめする僕がいる。ま、君たちが年間パスポーターだったらの話だが。そこで、アロワナガーデンでハンバーグセットを食べた。5年前にここで「ピラニアのから揚げ 甘酢あんかけ」を食べたが、さすがにそれよりはずっとマシだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鰻を食って元気な背後霊たち

お願いだ、ピン札の1万円を2枚あげるから真冬の静電気のようにこの僕にまとわりつくのは二度とやめていただけないだろうか。

この花束はこの僕からのプレゼンツだ。もう一度言おう、この花束はこの僕からのプレゼンツだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

絶滅危惧駅舎を訪ねる旅(第2回) ~JR飛騨小坂駅

「ステキ!」と叫ぶくらいこの僕にだけ大好評の「絶滅危惧駅舎を訪ねる旅」の第2回は下呂温泉のちょっと上のJR飛騨小坂駅。その前に下呂で途中下車してあんなことこんなことを楽しんだ。ま、お食事だけだけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全肯定で相手を真人間にする仕組み

美容と健康にいいからと楽天のタイムセールで買ったクルミ&アーモンドがてんこ盛りのナッツを一気に400グラムも平らげた結果、おでこの中央から目の奥にかけてカーッと熱くなり鼻血が止まらなくなった経験は誰にでもあるだろう。マジでビビったぜ。今回は「全肯定で相手を真人間にする仕組み」だお。「全否定の神様の権化」のように思われているこの僕だが、実は全肯定を姑息に操るのが得意で、これは君たちくんだりでも簡単に使えるんだ。例えば、詐欺師の亭主を持つ妻が「ほんと助かるわ。この不景気でもパパがたくさん稼いでくれて、この子も人様からだましとったお金で塾に通うことができるわ。ほんとだまされる人って愚かね。パパ、もっともっと稼いでね」と面と向かって言われて「よっしゃ!やったるで!」というバカはそうはいない。人間、全否定されると意固地になって変わろうとしないが、全肯定されるとハッ!と我に返って正気に戻る。そーやって今まで何百人の社長を都合よく転がしてきた僕だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ザ・鯛!

義理の弟が鯛を持って来てくれた。まぁ、僕にではないが。今月は義父の誕生日や娘の誕生日や孫の誕生日が金曜日の洋菓子店のショーケースの中にあるミルフィーユのように折り重なったので、そのどれかのお祝いか、はたまたすべてひっくるめたお祝いで持って来てくれたのだろう。それにしても本当に温厚でやさしい義弟だぜ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

逆に「飽食の今の時代によくこれでやっていけるものだ」と感心させられた

大学病院からの帰りにマーサ21内にある『四六時中』に寄った。大学病院ではこの僕の性格は治療できないそうだ。ハハハ、軽い冗談だがね。そんなことより圧倒的に不味かった。「今は鹿児島県産の鰻がおすすめです」と尋ねてもいないのに妙齢の女性店員が教えてくれたので、気が小っちぇ僕は言われるままに「はい。では、それでお願いします」と丁重に返した。だが、やはり圧倒的に不味く、かつショボかった。キリンの瓶ビールはよく冷えて美味かった。断言できるが、二度と利用することはない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱソイラテはアイスよりホットがいい

県病院で心電図や血液検査をしたが、まったくノープロブレムだった。ハハハ、だってこの僕だよ。とは言いながらも言葉にできないほどの安堵につつまれたこの僕は、アスティ岐阜店で軽く音を立てながら初体験@ソイラテのアイスをすすっていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

偏差値51レベルの美濃里ちゃん

今のこの僕に足らないのは戦士の休息だ。と、自分で自分を日本語で言い聞かせた僕はあまりにステキ過ぎた。ってことで、軽い気分転換には最適だろうとスーパー銭湯の美濃里へ孫を連れて行った。食事処のメニューは豊富だが、味はフツー。でもって今どき間仕切りのない分煙で完全禁煙じゃないなんてすっげぇまともな神経を有するこの僕にはまったく信じられなかった。ま、2年に1回くらい訪れれば十分だろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加