鰻を食って元気な背後霊たち

お願いだ、ピン札の1万円を2枚あげるから真冬の静電気のようにこの僕にまとわりつくのは二度とやめていただけないだろうか。

この花束はこの僕からのプレゼンツだ。もう一度言おう、この花束はこの僕からのプレゼンツだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする