2017年08月30日(水)一覧

なんでオレオレ詐欺なんかに引っ掛かる奴がいるんだ?

お盆休みに帰省していたK君と話していた際に「なんでオレオレ詐欺なんかに引っ掛かる奴がいるんだ?」という話になったので「お前は相変わらず頭が悪くてショボい奴だな。どれくらいショボいかというとビートルズの再来と騒がれたものの『マイ・シャローナ』の一曲だけで消えて行ったザ・ナックと同じくらいだ」と言いながら考える時間を稼いでいた僕だった。整いました。オレオレ詐欺に関わらず「電気代を安くするご案内」電話もそうだが、物理的に相手が見えないから引っ掛かるんだよね。しかし当然、面と向かって「オレオレ」と言われたら「お前、誰?」となるし「あんた、中部電力のなんなのさ?」ってなるよね。日常生活では80%以上を視覚に頼っている。グルメ気取りでウンチクを語ったところで目を閉じて飲み食いしたら味が分かんないじゃん。下手すると赤ワインか白ワインかも曖昧じゃん。スマホいじったり、ゲームやったりと、そのほとんどを視覚に頼ってばっかだから、いざとなったら足すくわれるの。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豚肉を食べてベビーリングを鳥肉いや、取りに行く

舞子が『田中屋豚肉店』で「とんかつ定食」をご馳走してくれた。with 生ビール。その帰りにGフェスタまで莉子ちゃんのベビーリングをもらいに行った。もらうと言っても買ったんだけど。いい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エゴとエコのその違い

和歌山駅へ向かうJRの中で永ちゃんの『時間よ止まれ』をiPodで聴きながら不二家歌謡ベストテンの司会者だったロイ・ジェームスを思い出した@彼が日本国籍を取得した際の名前が祐道(ひろみち)だったので何気に親近感を覚える弘道です。そこらのおっさんの皮脂が付着した車窓を見つめながら「祐道、ミサイルが飛んでくるかもしれない今をどう生きればいいのかな?」とこの僕がつぶやくと「弘道、一寸先が読めない時代だからこそ他力だよ。自分一人では所詮一人前。ところが他人は1億人もいる。それを使わない手はないだろ。自分が助かればいいと思うことは、自分さえ助かればいいと思うこととは全然違うよね。それぞれが『自分が助かればいい』と思えば、みんな助かる知恵が生まれる。それぞれが『自分さえ助かればいい』と思えば壊滅する、かもしれない。『自分さえ』は0に等しい。1億×0=0。『自分が』は一人前なので1億×1=1億のパワーがある。ゆえに自分一人で悩むことなく他人に任せればいい」と

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

和歌山城と秀吉が愛した羊羹

横からの定番のショットもいいが、下から見上げる和歌山城もいい。いい城は、どの角度から眺めても一枚の絵になる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

貴志駅と紀三井寺とめはり寿司とアメトーク(アイス芸人)

「青春18きっぷで和歌山まで行くの?」と驚かれるが、和歌山なんてすぐお隣じゃん。真夏に小田原まで日帰りで行ったときには噴き出した汗が止まらずに電車内で困った僕だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この時季、毎年恒例のももだまを買いにちょっくら美濃まで

この場合の「このじき」は「この時期」ではなく「この時季」は合うだろう。だから、そんなことはどーでもいいんです。結衣ちゃんを連れてアベイユSまで行ったら絶対に何か食べさせるじゃんね。だから、そーいうことだ。今回もサービスしてもらって恐縮でございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豊田市美術館と七州城と不朽園とマ・メゾンと

奈良美智と遭遇するために豊田市まで出掛けたが、お盆休みも終わった平日だっちゅうのに凄まじい混雑ぶりだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンパンマンとばいきんまんからの熱きメッセージ

アンパンマンのレジで一人遊びを楽しんでいたこの僕が「はい、50円のおつりです」とつぶやいたら「額に汗して稼いだ1万円もワンクリックで稼いだ1万円も1万円。それによって福澤諭吉先生の顔の色は変わらない。仕事は違法でなければいい。が、合法と胸を張れる仕事なら尚いい。そっち系の仕事をしている連中を否定はしないが肯定もしない。楽して稼ぐことを否定はしないが肯定もしない。ただ、楽して稼ぐ連中は額に汗して稼ぐ連中に対してコンプレックスは抱きなさい。それがまともな人間のまともな感覚っちゅうもんやがな。楽して稼ぐことばっか考えている奴が『永遠の0』を観て号泣する姿もウソ臭いんだよ。ネット社会になると楽して稼ぐ有象無象が増殖し続けるが、クロネコさんが額に汗して運んでくれないと何ひとつ手に入らないだろ。いくら稼いだかよりも何をして稼いだかが肝心で、生きている間に何をしたかではなく、何をしようとしたかが大切さ」とアンパンマンとばいきんまんが僕に熱く語り掛けた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼下にはアピタ小牧店がある小牧山城

正月、ゴールデンウィーク、お盆という悪しき大型連休のある時期は、決まって細野あっちゃんから「どうせヒマでしょ。どっか行かへん?」とお誘いがある。放っておけばいいのに、それにイチイチ応えてしまう僕がいる。ってことで、今回は近場の小牧山城を攻めたった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

杉原千畝を訪ねて八百津へGO!

杉山弘道と杉原千畝は「杉」しか似ていない。しかし、そんなことで凹むこの僕ではなかった。そこで、彼の業績を今一度、目の当たりにしたいと八百津へ向かった僕だった。その前にムダに行列ができる『うな好』でどじょうの唐揚げと鰻丼を食べた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加