2017年09月29日(金)一覧

味噌煮込みうどん with カキフライ

もうそんな時季なのねぇ。この場合の「じき」も「時期」ではなく「時季」が望ましい。ましてや「磁気」であるはずもない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【砂漠に水】ブログを復活すべく只今、整理整頓&整備 with 製作中

大義名分と大鶴義丹は1ヒット1ブローでちょっち似ている。アゴが外れるくらい大きなあくびをした際に「ゴールドラッシュ!」と叫んで永ちゃんのマネをしたことは誰にでもあるだろう。山尾志桜里議員の会見を眺めながら、政治家の資質うんぬんは置いといて、人として「脇が甘い」と「脇が臭い」のどっちが致命的なんだ?と考えていた僕だった。はい、巻頭文はここまでです。前回の続きだが、言いたいことがあれば他人の目や評価を気にするSNSではなく、ブログではっきりと自己主張すればいい。そーすれば「今日は東京へ出張です」とか作り笑顔とともにアップされた「友だちとランチちう」などという1円にもならん話題を知ることもない。著名人でもないド素人の日常生活や食生活になど1ミリも興味はない。ましてやその作り笑顔には不快感は覚えてもミミズの脳ミソほどの価値もない。ってことで、11年以上続けたブログを3年前から休憩していたこの僕が、そろそろ再開して虚構の世界から脱出する予定は確定で現在進行中!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

杉山城と呼んでもいいくらい大好きな犬山城

快晴の午前9時から午後5時までは近くの城めぐりに限る。ってことで、次女と結衣ちゃんを連れて犬山城をあっちゃこっちゃから攻めたった。食事は城下町にある昭和横丁でジャンクフードと居酒屋料理の中間から若干、前者よりの品々をゆっくり食べた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

嗚呼、関ヶ原へいざ出陣!

大学生時代の4年間に1000本以上の映画を映画館で観まくったこの僕だが、最近では「もうDVDで観たほうが楽だよね」派に変わりつつあるというか、その派閥の副会長を務められるくらいまでに怠惰な野郎になっちまいやがった。

ショボい。あまりにショボい。限りなく水平線に近い地平線のようなフラットじゃないですか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

揚輝荘と聴松閣と虫ちゃんとマ・メゾンと

ある雑誌(おそらく『ノジュール』だけど)で揚輝荘の存在を知り、どうしても当時の空気に触れてみたくなって訪れた想像以上にメルヘンチッカーのこの僕だった。と、その日がたまたま100年記念だったらしく、左足から入館するや否やボランティアスタッフの方から両口屋是清のどら焼きをいただいてしまった。ありがとうございます。ここが名古屋の迎賓館として使われていたというのは大いに納得で、やはり当時の建物は荘厳&豪華 with あまりに絢爛過ぎた。特に地下が嗚咽するくらい秀逸だった。また日泰寺など覚王山界隈をぷらぷら散策した際には是非とも訪れたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インスタ映えはショウジョウバエと以下同文(爆)

さすがに「メルマガを仕事に利用したい」という社長は減ったが、その代りに「SNSを活用したい」という社長はすっげぇ多い。M社長も「FBやインスタでどーのこーの」と言ってきたが「若者のFB離れは顕著で不倫目的のご老人ばっからしいです。ネット上の巣鴨状態で、本当は目玉焼きの乗った焼きそばを食べたいのにインスタ映えするパスタを注文したり、借金までして服を買って見栄を張りまくるご老人ばっかだから相手にしても商売にはつながらないと思いますよ」と的確なアドバイスをしたった僕だった。どうやら「リア充代行サービス」という「ウソをお手伝いする」仕事まであるらしいじゃないか。アホ臭さ。そこでひとつ君たちにいいことを教えてあげよう。同じ見栄を張るにも2種類あってね。自身の「生き方・考え方」で見栄を張る場合の対象は異性。自身の「見た目・私生活」で見栄を張る場合の対象は同性。つまり、借金までして服を買って3500円のランチに出掛けるババアの見栄の対象は絶えずババア。はい、ってことで、インスタ映えする画像を求めて百年公園へ出掛けたこの僕だが、いかんせん恐竜の骨ではちょっちツライ(大和田爆)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

万が一のときのための保管画像

せっかくのこの僕の誕生日なのに無機質な保管画像。車庫の上のベランダを補強した。その際にむき出しになった内側の画像を保管しておく。このような管理をしておくと、たいていの場合、万が一は発生しない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この僕のお誕生日をお祝いできる喜びを与えてあげたった僕はあまりにステキだった

乾燥した真冬の朝の静電気のようにこの僕にまとわりついているタイタイと山内真菜美に強引に誘われて敵陣の五星春香に行ったった。僕一人では何をされるのか分からないのでザ・杉山ファミリーで攻め込んだ。するとサプライズの誕生日ケーキが。君たちは、この僕のご生誕記念日をお祝いできる喜びを味わえて本当にハッピー&ラッキー野郎だ。では、また来年よろしくね。それまでは1ミリも近寄らないでくれたまえ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

泊まるには近過ぎて縁遠い滋賀県 ~関宿編

ジジイの朝は無駄に早い。ってことで、今日は4時半に目覚めた僕だった。まぁ、いつもこんな時間だけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

泊まるには近過ぎて縁遠い滋賀県 ~水口城編

アイキャントスリープアットナイトアイトス&ターンリッスンフォーザテッレフォ~ン!おはようございます、ボビー・ブラウンの『Every Little Step』でお目覚めのこの僕は滋賀県甲賀市に一泊する予定は確定で向かっている真っ最中。 余裕で日帰りできるのにどうして泊まるのかって?ハハハ、47都道府県を完全制覇するためだがね。その地を通過するだけではNGで最低でも一泊しないとカウントしない、それが私のルールです。あと2県で完全制覇なんだけど、どことどこか分かるかな?これは杉山様検定試験準2級問題レベルだお。大した仕事もしていないのに君たちにこのような時間がないのはなぜだろう?ハハハ、ムダな連中とたわむれているからだがね。この僕は客人と会っていても興味のない話になると「それ、まだ続きます?」と正しい日本語でお聞きする。その結果、浮いた30分、40分をつなぎ合わせるだけで2日分くらいになるんだよベイベー。面と向かってマルクスの資本論を聞かされた日にはグーで顔面を殴られるのと同じくらい痛くて辛いぜ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加