或る中年サラリーマンの流儀@将来の糧より明日の米編

いらっしゃいませ。悪名高きバーチャル戦闘カフェ@デトマソパンテーラへようこそ。お客は君だ、マスターは僕だ。仕入れ先はバローで西友なんぞもってのほかだ。当店ではモーニングサービスなど行っていないが、どうしてもと懇願された場合に限り一日中、3500円(税別)でサンドウイッチを提供している。俗に言うぼったくりってやつだ。このオーダーを厨房に通す際には「Bひとつ♪」と言っている。午前10時7分。そのとき50歳前後の2人のサラリーマンが入って来て右奥の席に座った。手前の太った男が「これ受講してみよっかな。将来の糧(かて)にもなるし」と言ってユーキャンの広告をテーブルの左端に広げた。すると奥に座った今どきピンドットのネクタイをした男が「俺は2月3日の起業セミナーに参加するよ」と言ってサンドウイッチを一口かじった。お前たち、将来の糧より明日の米だろ。生まれて半世紀も経っているのに食える保証もない資格を目指したり、あおられるだけのセミナーに参加する愚か者にハッピーは100%訪れない以前に手遅れで時効だ。成功者は講座を提供する者、セミナーの壇上で語る者。この世の中、頭の悪い奴ほどよく学び、運の悪い奴ほどよく群れる。35歳を過ぎたら日々、換金することだけを考えろ。その対象となる商品は自分の能力と腕力、自分の知識と知恵、他人の人脈、実家の田畑、そして最後の最後は自分の臓器。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする