アンチ「一日一生」のススメ

一日は一生を短縮したものであり、一生は一日の積み重ねでしかない。ゆえに、一日を大切に生きることが一生を大切に生きることにつながる。本当にそっか?カッコよく言えばそうかもしれないが、それを強引に拡大解釈&類推適用すると「今日が良けりゃ人生安泰!」と勘違いしてしまうし、そう捉えることができてしまう時点でジ・エンドだ。例えば「今、何やってるの?」と聞くと公務員とかフツーのサラリーマンとか答える奴ばっかだが、1人くらい異常なサラリーマンと答えてみやがれ、この野郎。「何やってるの?」は「何をして稼いでるの?」ではなく「日々をどう過ごしてるの?」という意味だろ。仕事なんかマルチや違法行為以外なら何でもええ。一日一生だと今日を一生懸命に生きてりゃ将来きっといい人生になるっぽい感じだが、んなこたあない。今日が最高でも15年後に最悪な終幕を迎えた奴など明治牛乳が腐るほど知っている。まずは全体を俯瞰して「80年の人生のうちの一日だから、その80年分の1が辛かろうが苦しかろうが関係ないがね。80歳になったときザッと振り返ってそれなりにいい人生だったと言えればいい」と思って日々を生きている僕がいる。なので今、この僕に不利な事柄が襲い掛かっても晩秋の弱った蚊に刺されたほどにも感じやしない。だからと言って、どうぞウエルカムと言っているわけではないので念のため。ちなみに、僕の寿命は124歳だけど。しょうゆ団子が無性に食いたくなった僕だが、旧中山道沿いのいつものだんごやが定休日だったので不本意ながらそこらのコンビニでも扱っているみたらし団子に妥協せざるを得ないという不利な事柄と杉の山からの贈り物@花粉が襲い掛かって来ていい感じに楽しめた一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする