寸止めできない奴(しゃべり出したら「かっぱえびせん状態」の人々)

世間の皆様方はいったい毎日、何を食っているのだろう。この僕には食いたいものがまったくない。とは言え、I can’t live without 甘いもん。そんなこんなで家族会議の結果、今日の夕食は岩のり君、君に決めた!ってことで、今日一日の養分は確実に岩のりだけだった。ハハハ、究極の流動食だね。本当だお。栄養的には愛知県犬山市を流れる木曽川沿いの土手に生えたツクシが吸収する2月下旬の内気な養分みたいなものだろうか。例えば「この岩のりってバローのPB商品じゃん。ちゃんとしたメーカーのはなかったの?」と質問したとしよう。すると1~10まで呆れるくらい丁寧に説明する奴がいる。このような人間には3つのタイプがある。要点をまとめる力がないA型、相手がどこまで分かっているかを察することができないB型、その両方のC型。どれだけ懇切丁寧に話してくれても面と向かって1~10までくどくどと力説されると言い訳にしか聞こえないんだよね。誤解しないでほしい、全国レベルで身内を非難しているわけではないんだ。あくまでも「例えば」の話なんだよ。はい、気を取り直して「この人はここまでは分かっているだろうから残りの部分を補てんするように説明しよう」という粋な配慮ができない奴を「寸止めできない奴」とこの僕だけはそう呼んでいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする