デフォルトは「楽しい」状態:その不安、起きねぇよ

英語の授業中にフツーに教科書を読んだだけなのに池田先生から「おいおい、杉山。俺を怒るな」と注意されたくらいデフォルト(基本的な状態)が怒っているように見える杉山です。ハハハ、何気に爆笑だよね。デフォルトが怒っているように見えるビッグ3と言えば高倉健、三船敏郎、杉山弘道。はいはい、すびばせんねぇ。人間、誰でもデフォルトは「楽しい」状態なのだろう。しかし、それをあえて自分で阻害するからつまらなくなるんだよ。そんな君たちに朝から晩まで怒っているこの僕がステキなお話をプレゼンツしてあげゆ。「不安の80%以上は実際には起きない」という調査結果が存在することはご存じだよね。たとえ不安が現実に起きたとしても70%以上の人は自力で解決し、解決できなかったのは3%にすぎない。例えば「明日はセントレアから飛行機で稚内に行くんだけど太田川駅で人身事故が起きてセントレアまでたどり着けなかったらどうしよう?」とかね。ハハハ、名鉄バスによる振り替え輸送があるし、そもそもセントレアから稚内空港への直行便は出てねぇよ。満員電車から降りたら隣のおじさんのズラが自分の頭に乗っていないだろうか。後姿が美しい女性をナンパしてフランス人だったらどうしようか。真夏の正午、昼寝をしている最中にお口に新種の蛾が入って来ないだろうか。これらの不安に限っては100%起きないだろう。でもね、君たちの不安は隣のおじさんのズラや後姿が美しいフランス人や新種の蛾と同じレベルなんだよ。起きねぇんだよ。イチイチ万が一、それらが起きたとしても必ず自力で解決できるんだよ。しかも解決できない3%は「隕石が自宅に落ちて来た」レベルの誰にも対策できっこない事象なの。でもって、この調査結果は明るいだけが唯一の取り柄のアメリカ人が対象ゆえに心配性の巣窟のジャパンで同様の調査を行えば不安が現実に起きる確率は限りなく0に近いだろう。起きない不安に怯えることほどバカバカしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする