2018年『青春18きっぷ@春の陣』の総移動距離は1566.7km

昨日で2018年『青春18きっぷ@春の陣』は終わった。当然のことだが、余すことなくちゃんと使い切ったった。ってことで、景品でもらったカシオの電卓を叩きましたところ●下呂・飛騨萩原駅(3720円)●姫路駅(8860円)●島田駅(6610円)●近江高島・堅田駅(4620円)●京都駅(3880円)で合計27690円となり、ここから購入金額である11850円を引くと15840円のプラスとなった。だが、これは昨年の冬の陣と比較すると5720円も少ない額だ。人生や仕事では一切、反省をしないこの僕だが青春18きっぷに関してだけは1人で濃厚な反省会を井村屋先生のぜいざいを食いながら催したった。結果、不調の原因は花粉だろう。そう、春は花粉が最大の敵なんだよね。僕の場合、クシャミではなく咳が止まらないんだ。そのため近場でチマチマと徘徊せざるを得なかった。ゆえに移動距離も冬の陣より300kmほど短く終わった。おそらく夏は「この暑さのせいで」と文句を垂れることはほぼ間違いない。では、その夏の陣までごきげんよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする