3匹のゴキブリと数百匹のヘラクレスオオカブト!さぁ、あなたはどっち?

マックスバリュで買って来たお値打ちな刺身・オン・ザ・ライスで海鮮丼を楽しんでいる真っ最中に妙齢の女性からLINEが届いた。簡単に説明すると「FBやインスタなどをやっていたけど昨年、息子が一流大学に入ってから周りの目が冷たくなったのでSNSのアカウントをすべて破棄します」というものだった。もう面倒臭いなぁ、だったらLINEのアカウントも一緒に破棄しておくれよ。そもそもそんな大した大学でもないと思うんだけど・・・、あなたが勝手にそう思い込んでいるだけじゃないのか?ぷ。例えば、FBで3人から罵倒されたとするじゃん。でもね、言う奴は何をしても何もしなくても言うんだよ。ところが、その他大勢は「あなたの教育方法はとても参考になるわ」と思っているかもしれないよ。厄介なのはヤッカミや不平不満などの悪いことは外に向かってすっげぇエネルギーで発散されるが「あなたのファンです!」「いつもありがとう♪」などという良いことやうれしいことはわざわざ面と向かって誰も言ってくれないんだよね。だから、あなたはたった3匹のゴキブリのために数百匹のヘラクレスオオカブトを放棄しようとしてんだよ。でもね正直、SNSは気持ち悪い奴の巣窟なんでアカウントを破棄するのは大正解。この僕が言いたかったことはリアルな世界での正しい生き方だよ。日常レベルで「あなたのことが大嫌い」と罵られているこの僕だけど、その際に僕は「他人に意識されるほど僕ってグレイトなんだ」と感心している。いいかい、マジで。世の中には多くの成功者がいるが、彼らは誰からも何も言われなかったわけではなく、それどころかモーレツな仕打ちを受けながら今日に至ったことは想像に難くない。そこらの主婦のそれなど比較にならないくらいのね。そして、そんなことなどまったく気にも留めていなかったからこそ成功した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする