理想の生き方は高木ブー!

僕がひろみち君だった頃、毎週土曜日の夜は『8時だョ!全員集合』と『Gメン75』を見ることで大人への階段を踏み外すところだった。ダメだこりゃ。次、いってみよー!はい、一昨年くらいから「ドリフのメンバーの中でも高木ブー(85歳)の生き方がいいね」と思うようになった僕がいる。基本的にちゃんと生きている。いかりや長介と荒井注は逝っちゃったし、加藤茶と仲本工事はまるでルーレットを回す人生ゲームの如く離婚と再婚を繰り返し、志村けんは第一線で活躍しているもののどう見ても何かを患っている顔で孤独を紛らわすかのように毎晩、後輩と一緒に朝まで飲んでいる。で、ブーはと言えば、すでに妻は亡くなったが、その妻ただ一人と添い遂げた。今では三世代同居でまったりと暮らしている。ウクレレが大好きでハワイにしょっちゅう行けば、カメハメハ大王の直系子孫からハワイアンネームまで授かっている。ドリフの打ち合わせ中でも爆睡し、自分のエビフライ弁当が誰かに食われたときには泣いて怒ったブー。何もしない、何もできない男と揶揄されながらも一番ハッピーな人生ではなかろうか。よく「今が幸せならいい」というが、その「今」はバリバリと現役で活躍中の「今」ではなく、最後の最期の今際の際(臨終)の「今」がいい。理想は高木ブー!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする