何ものにも依存しない生き方こそ、柵(しがらみ)のない究極の解放感

コント山口君と竹田君の2人は元気だろうか。一方、ジャニーズの山口君は憔悴しきっているよね。後者の山口君は病院から仕事場に向かうほど肝臓の数値が高かったそうじゃないか。今回の事件でもアルコールに依存したことが大きな要因のひとつらしいし。いけませんねぇ。アルコールやタバコ、ギャンブル、友人知人他人、あっち系の薬などに限らず何かに依存すること自体がいけませんねぇ。この僕はと言えば、依存する対象が皆無。これだけ甘いもんをこよなく愛す僕だが、7秒後からでもやめることはまったく平気だ。甘いもん、一人旅、熱い珈琲、城めぐり等々。すべて2秒後からでもやめることはできる。今は別にやめる理由も必要もないだけ。逆に言えば、これほど執着するものがないと生きることへの関心も薄れていくようで、それが何気に本気で怖い。そのため【1分でも長く生きることが仕事でそれ以外は全部趣味】と自分に言い聞かせている僕がいる。そこで、お昼過ぎに「リンガーハットで皿うどんかちゃんぽんかチャーハンのどれかひとつを食ったろ」と出掛けると、なぜだか『マサラマスター岐阜駅前店』で「ポークカレー」をすすっていた。僕、執着しないんで。ハハハ、大好きなナンではなくサフランライスを選択したこの僕の勇気ある行動を評価してほしい。ちなみに、サフランライスとターメリックライスはまったく違う。「どこが違うの?」「ググれ」。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする