調子という波に乗れるうちが華

中日ドベゴンズの松坂大輔が4241日ぶりに勝利投手となった。それを持ち上げるかの如く美談を書きまくる安いマスコミたち。だが、これが逆に連敗が続いていたらコテンパンに叩かれただろう。誰が良い何が悪いってわけじゃない。これが世の中の仕組みなんだ。だからこそ、乗れる今のうちに調子という波に乗ろうじゃないか。銚子の波は千葉県にしか発生しないけど、その気になれば調子の波は世界中どこにでも起きるだろう。いいときは思いっ切り調子こきまくればいいんだよ。だって、いいときなんだから。それをしても「いいとき」なんだよ。悪いときは凹んでいるような見え透いた演技をすればいいだけじゃん。ってことで「私がいないと仕事が回らないの♪」などと調子こいてる次女と仕事帰りに岐阜駅で待ち合わせてわざわざ『五星春香』に行ってやったのにとても飲食店とは思えないようなすっげぇ大型連休に突入していた。ったく、イチイチ使えない店だぜ。仕方ないので岐阜駅に戻って『リンガーハット』で皿うどんや餃子やチャーハンなどを思う存分、食わせたった。

しかし、それでも満足していないっぽかったので隣の『おらが蕎麦』で串揚げなどを食わせたった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする