安物買い&新し物好きの銭失い

納豆とおでんと明太子を発泡酒で押し流しながら「もう15年近くも使っていることだし、そろそろ洗濯機を買い替えますか」とつぶやいた僕がいた。不本意ながら我が家の中で唯一の東芝製品だし。スマホや家電、車などとにかく新製品が出たりフルモデルチェンジとなったら速攻で飛びつく人種がこの僕には考えられない。でもね、そーいう連中の存在意義&存在価値はすごいんだよ。だってさ、初期不良やバグと呼ばれる不具合を見つけてくれるとてもありがたい存在だから。ところで時間ってどのように進んでいるのだろうか。真っ直ぐ水平に進むんじゃなくて我が家にあるセイコーの時計と同じく円に沿って丸く進んでいるような気がする。ちなみに、車はトヨタ、ビールはキリン、家電はパナソニックというくらい保守ゆえに時計はセイコーと決めている。例えば、最先端の人間を時計の1時だとしよう。するとね、ふと後ろを振り返ると最後尾の12時が迫ってんじゃん。「あ、これはいかん!あんな古臭い奴がすぐ後ろじゃん」と焦ってさらに最新鋭の物を手に入れようとするんだ。しかも最初に買った新し物好きの1時君なのに自分の前には2時君、3時さん・・・がいるんだよ。だって、時計って右回りだから。たとえ左回りにしたところで自分の目の前には最後尾の12時君がいるし。だから、この僕は絶えず中庸の6時がいい。ちょっち難解でもちゃんとついて来てほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 飯田ヨシ子 より:

    スペンサーさん。人生100年時代だから80歳12時は過ぎちゃうんだよ。夜中の2時ごろまで計画を伸ばさなきゃ・・・。ウッフッフ、私は今、10時半かな。

    • 砂漠王 より:

      さすがスーザン。でもね、120歳にするとちょうどキリがいいんだよ。僕たちだけ120歳にしよう。ってことで、僕はまだ5時ちょっと過ぎ♪